カーポート

パキッ!バキバキ!カーポート・テラスの屋根材の音鳴りが煩い

パキッ!バキバキ!カーポート・テラスの屋根材の音鳴りが煩い

屋根がバギバキ鳴ってビックリしてる人

「この前取り付けたカーポートが昼間にバギバキ音が鳴ってる。ほっておいたら壊れたりしない?大丈夫?怖い!ほんとに壊れたりしないの?大丈夫なの?なんなの?」

←安心してください、仕様です。

スマホでも簡単入力、すぐわかる/
>>見積相談・資料請求する
※何度でも見積は無料でもらえます

パキッ!バキバキ!カーポート・テラスの屋根材の音鳴りが煩い

パキッ!バキバキ!カーポート・テラスの屋根材の音鳴りが煩い

どうも、はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

本業は現役エクステリア商社マンをしています。

そのため、外構・エクステリア商品、商慣習などには詳しいです。

YouTubeでも情報配信しており、100万回近く再生されている動画もあり、トータルの再生数は510万回を超え、チャンネル登録者数は約3万人になりました。(ありがとうござます!)

このブログでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報を秘訣やコストカット術などを、無料で配信しています

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物であるにもかかわらず、こういったプランや商品選定のノウハウは、ほとんど書籍では販売されてません。

なので、このブログの情報でお庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てるはずです!

私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。

結論から言うと、カーポートの「音鳴り」について解説します。

特に夏場の昼間に、静かに家にいると外でバキバキ音がすることがあります。

犯人はお庭に設置しているカーポートやテラスのポリカーボネート製の屋根材です。

耐候性・透明度・加工性に非常に優れているポリカーボネートはエクステリアの屋根材として広く普及してます。

その屋根が鳴ってしまう構造と理由をご紹介します。理由がわかれば安心・納得できるハズです。

カーポート・テラスの屋根の音鳴りは、故障でも破損でもない

カーポート・テラスの屋根の音鳴りは、故障でも破損でもない

今回の記事の主張は、「音鳴りは故障でも破損でも、施工不良でもない」という事です。

カーポートやテラスの屋根材は実は固定されておらずゴムとゴムで挟み込むような構造をしています。

なので、思いっきり叩いたり、上に乗ったりすると抜けます。(真似しないで下さい。)

いろんな意図があってそういう構造をしてます。

台風などの強風を受けた時に、本体や外壁の破損被害を最小限にするためパネルが抜けて本体の破損を防ぐため

火災などで消火活動の際、ポンプ車の放水水圧で屋根が外れ、消火活動にできるだけ支障をきたさないようするため

ポリカーボネートの素材上、熱収縮を起こし、その膨張・収縮に対して柔軟に対応するため

などです。

そのため、固定せずゴムで留めているので音鳴りの原因になります。

今日は3つ目の理由について詳しく説明します。

熱収縮で屋根材のポリカーボネートが伸び縮みして音が鳴ってる

高いところにあるので触ったりしませんが、屋根材は直射日光を全面に受けて真夏では手で触れないレベルで熱くなってます。

知ってました?

それほど熱くなる屋根材は熱により膨張してしまいます。いわゆる熱収縮を起こします。

ゴムパッキンで留めている屋根材は膨張を続け、ゴムと摩擦でズレたタイミングでパキパキっと音がします。

エクステリアの設計・強度上では全く問題はありませんのでご安心下さい。

逆に冷えたときも同じような現象が起こるので、音鳴りは陽が当たるタイミングと当たらなく鳴った朝と夕方に多い傾向です。

小さな屋根は鳴りにくい、折板やアルミ屋根は鳴らない

屋根材の音鳴りは熱収縮が原因です。

なので具体例としては、屋根が小さいものであれば大きなものに比べて起こしにくい構造になります。

また、スチール製の折板屋根やアルミ製の屋根の商品は音鳴りの心配はありません。

音鳴りにできる対策は?

音鳴りにできる対策は?

正直、ポリカーボネート製である以上は対応は難しいです。

じゃぁ、今音が鳴っているカーポートはどうしたらいいの?

という反論が聴こえて来そうですが、強度的には問題ありませんので、放置が正解です。

どうしても、お隣さんから音鳴りのクレームがあった場合

お隣さんから音鳴りのクレーム。

・・・。

どうしても、屋根材抑え材などで鳴りにくくすることは可能です。

台風に強いカーポート/台風に向いているカーポート まとめ
台風に強いカーポート/台風に向いているカーポート まとめ台風に強いカーポートを探している人 「車のために、毎日の乗り降りのために車の屋根は欲しんだけど、どうしても台風が心配。毎年、ウチの...

設置後はなかなか難しいのですが、濃い色ほど鳴りやすい傾向なので明るい色を選ぶと軽減できます。

このような形でエクステリアに関する情報をツイッターでも発信してます

エクステリアを検討中の方はへ、ぜひ検討中の間だけでもフォローを頂けると有益な情報が耳に入りますよ!

台風対策方法やお得にエクステリアを買う方法など幅広く配信します。

 

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ