保険適用

台風で駐車場の屋根が飛んでしまった/車にキズが付いた【補修は保険で対応できる】

台風で駐車場の屋根が飛んでしまった/車にキズが付いた【補修は保険で対応できる】

駐車場の屋根材が台風でなくなってしまって、修繕費が心配な人

「台風が過ぎて朝起きてみてみたら、カーポートの屋根の透明な板が飛んで何枚かなくなってしまってる。しかも、車も傷がついているっぽい。。。自分のところの屋根が当たって傷が入ったのか、他から飛んできたもので傷が入ったのかはわからないけど、どうしよう。。。補修するにも結構お金がかかりそう。」

←カーポートの補修は火災保険で、車は車両保険で補償されるカモ。

私は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マンです。

私はガレージや車庫・カーポートをエクステリア専門店に商品を卸す商社で働いています。

この業界に入り10年経ちました。長年エクステリアを実務で台風一過後の被害や、震災後の復興などの経験をしてきました。

普段は商品を卸すのがメインですが、台風などの広域にわたる被害・緊急事態や繁忙期には現場での採寸・打ち合わせを実施することも多々あります。

先日、こんなツイートもしました。

【台風が来る前に知っておくべき保険の知識】

正しく保険適用のため3ポイント
✅カーポート・駐車場の屋根材の修繕は火災保険特約で無償修理が可能
✅火災保険から見て、カーポートは建物扱い
✅屋根材の修理だけではなくて、全部取り替えがおすすめ

保険会社によりますが、知っておいて損ナシ✨

記憶に新しい2018年に猛威を振るった台風21号から「カーポートの補修って保険適用できるのですか?」という質問をよくいただくので、私が調べられる範囲で調べた内容をお伝えします。

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...

台風で飛んで行った駐車場の屋根材の修繕は火災保険特約で無償修理

台風で飛んで行った駐車場の屋根材の修繕は火災保険特約で無償修理

お車とカーポートの被害に遭われて大変かと思います。

車の補修にかかる費用やカーポートの屋根材の張り直しにかかる費用も読めない状態だと不安ですよね。

そこで、ぜひ知っていただきたいのが破損してしまったカーポートも、傷がついてしまった車両も保険適用で、実質費用負担なしで修理ができる場合があります。

火災保険の中に、特約として建物破損の補修費用が出る

多くの火災保険では、火災だけではなく台風などの自然災害に対しての補償制度が併設されていることがあります。

車については車両保険特約で、補修費が補填される場合があります。

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...

保険の内容によっては、自然災害が補償対象ではない場合もありますので、今一度保険証券を確認いただくことをお勧めします。

わからなければ、担当の方に早めに連絡を、だいたいこういった自然災害の場合は問い合わせが殺到し、初動が遅れるとその後の対応も遅くなってしまうケースが経験上多いです。

火災保険から見て、カーポートは建物扱い

車の屋根であるカーポートは、火災保険からの見れば建物と同じ扱いの事が多いです。

こちらの認識は保険会社さんによって異なるケースがありますが、建物が破損したということでカーポートの補修費も保険適用を受けられることが多いです。

屋根材の修理だけではなくて、全部取り替えがおすすめ

私は、屋根材の修理だけではなくて、全部取り替えがおすすめします。

まだ新設して間もない場合は、台風で飛んで行った部分のみの補修でOKかもしれません。

すが、設置してある程度年数が経過している場合は、ぜひ取り替えを検討してみてください。

保険を適用できなかったことを想定して、補修と全取り替えの2パターン

保険を適用できなかったことを想定して、補修と全取り替えの2パターン

もちろん、全額保険で賄えれば良いのですが、そうでないときもあります。

そのためには時間を無駄にしないために、補修用の見積もりと全取り換えの見積もりの2パターンを打ち合わせ時に要求するとスムーズです。

保険会社によっては補修する場合も、全部新設する場合も免責金額(保険適用をするときの定額負担金)は同じであることが多いです。

もし可能であれば、車の屋根の補修は、適用できたことを想定して全部新品に変えるパターンと、台風で破損してしまった必要箇所だけを補修する2パターンがあるとスムーズです。

保険会社さんによっては対応の可否が分かれる

保険会社さんにより判断が異なるため、適用できるかできないかは判断は難しいです。ケースバイケースでダメもとでも相談してみることに価値があります。

行動すれば10万円そこそこの費用負担が減りますが、知らずに工事してしまうともったいないことになるかもしれません。

正規に火災保険料をお支払いしているのであれば、補償されるものは補償してもらうよう申請は全力でやりましょう!

保険適用にはまず見積が必要

お住まいの市区町村を入力するだけで、カーポート・フェンスなど補修が必要なエクステリア商品相談も可能です。

火災保険適用は業界では常にある案件なので業者さんは申請などや対応に慣れていることが多いです。

保険適用するためにエクステリア見積もりは、早め早めに専門業者さんにアドバイスを受けることが必要と思います。

特に、台風や地震などの広範囲の被害発生する事案については先手必勝です。動いた者勝ちなので、お早めに。

さらに、保険申請を自分でするのは不安という方は保険金申請のプロ集団に相談するということもできます。

災害時などにスムーズに保険金申請ができるよう、もれなく申請するコーディネーターの役割をする専門業者さんもいます。

以下のブログで、詳しく紹介していますので合わせてチェックしておくと損しないですよ!

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...
家調(イエチョウ)公式サイト

台風・雪・雨・落雷・ヒョウこういった自然災害は突発性の事故と同じで、交通事故と同じで保険料が適用できます。

「屋根・外壁の損傷で火災保険が下りるわけがない」と意識もしない方がほとんどです。

一般の方は知らないだけなんです!

そういったこともいろいろと申請のコツや補修の相談など、御用聞きの推奨先として「家調(イエチョウ)」というサービスを私は推奨します。

>>ホームサポートの家調【いえちょう】火災・地震保険申請のプロサポート

さまざまな損害保険適用・保険適用・保険相談を専門に行っているプロチームです。

保険金の受取完了まで徹底的にサポートしてもらえます。

築年数が古いから、経年劣化とあきらめないでください。

「突発性の事故」か「経年劣化」の判断が難しい部分で、プロの力が発揮される部分になります。

調査することで約8割の家で保険がおり、保険金額は被害箇所の合計で平均100万円~200万円おります。

クリック・タップで公式サイトへ

>>家調(イエチョウ)公式サイトへ

 

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...