ウッドデッキ

カーポートの屋上を子どもが裸足で遊べるウッドデッキスペースにしたい

カーポートの屋上を子どもが裸足で遊べるウッドデッキスペースにしたい

「屋上を子どもが裸足で遊べるウッドデッキスペースにしたい!」と思っている人おおいですよね

先日、こんなツイートを見つけました。

旦那が突然屋上カーポートいいんじゃないかとか言い出した
我が家、庭がないからさー庭、今思えばあった方が良かったなと(庭に洗濯物干せるし)
それを言ったら、カーポート発言
その発想なかったわー

→屋上デッキカーポートは専用商品で実現できます

ざっくり3行でまとめると

  1. 独立式のカーポートバルコニーは200万円以上
  2. バルコニーを転用すれば50万円前後と予算が1/3以下に
  3. だが、設置場所やサイズが限定。選択肢として考慮すべし

私は普段エクステリア商品の問屋業をしています

私は普段エクステリア商品の問屋業をしています

どうも、庭ファン(@spring_bd)と申します。

拾い物のぼやき/つぶやきですが、土地がもったいないのでカーポートの上をどうにか活用したいと思っている人多いと思います。

そこで今日はカーポートの上を有効活用できるバルコニーカーポートの変化球Verをご紹介します。

参考に、カーポートの屋上がバルコニーになった商品はこちらで紹介しました。

2台用グランフローアの価格は?(写真はイメージです)
バルコニーカーポートは「グランフローア」に決まり!【三協アルミ社】駐車スペースの上をバルコニーかウッドデッキにして、スペースの有効活用をしたい人 「ウチの敷地は狭くて変形地。しかも、傾斜地にあるか...
バルコニータイプのカーポートは普通の工事店では対応は難しい
敷地を有効活用、上がウッドデッキになったカーポート【バルコニー】敷地を有効活用したいと考えている人 「家を建てたけど、お庭がほとんど無くて、駐輪場スペースがほとんどを占めてる。カーポートの上がバ...

ですが、予算感として

  • 1台用のバルコニー付きカーポートで約200万円以上
  • 2台用のバルコニー付きカーポートで約230万円以上

は、想定しておいた方が良いレベルの工事内容です。

その土地の地価によるかもしれませんが、ッゲゲ!と思う人多いと思います。

通常のウッドデッキの柱を長くして実現できたらいいと思う人いるかもしれませんが、普通のウッドデッキはバルコニーにはできないんですね。

ウッドデッキを駐車場の屋根に転用できない理由

ウッドデッキを駐車場に転用できない理由

なぜならウッドデッキの裏側はこんなに柱が多い

さらに、ウッドデッキの床と床の間には数ミリ隙間があります。

さらに、ウッドデッキの床と床の間には数ミリ隙間があります。

なので、屋根としては機能せず雨水はダダモレです。実は、あまりよろしくないのでおすすめの回答をご用意しました。

実は、バルコニーの床板をウッドデッキに変更したら最高

バルコニーの床板をウッドデッキに変更したら最高

それは、バルコニーです。

バルコニーのオプションで床板をウッドデッキと同じ人工木にグレードアップすれば、フェンス付きのウッドデッキに大変身!

カーポートサイズのバルコニーを選んでオプションで人工木のウッドデッキ床板をチェンジ。これには、圧倒的コストメリットがあり、先述の独立タイプの1/3~1/5の予算で実現可能です。

床板を人工木にすれば、ウッドデッキの完成床板を人工木にすれば、ウッドデッキの完成

バルコニーとして上に人が乗る構造をしているので、強度面も全く問題なく屋上の出来上がりです。

エクステリア業者さんでも提案としてよく使いますね。

ウッドデッキカーポートにコスト的にベストな回答

ウッドデッキカーポートにコスト的にベストな回答

カーポートの上をウッドデッキにするためのベストな回答になるのですが、万能では無いです。諸条件があります。

ただし、条件がある(デメリット)

  • 壁に固定する必要があるので駐車場の位置が課題になる
  • 掃き出し窓が無い場合は、ぶち抜いて窓を作る必要がある

ただし、通常の(メリット)

  • 圧倒的コストメリット、独立タイプの1/4~1/6で実現可能

コスト面では圧倒的有利ですが、その分デメリットもあります。

階段やステップなどを別付けすることで昇降口を設けたり、家側の窓のリフォームも必要になるケースがあるのでトータルで予算を検討する必要があります。

家側の窓のリフォームも必要になるケースがある家側の窓のリフォームも必要になるケースがある

これもお家によって、敷地条件(地価)によって、その人の生活動線によって正解が変わるので、コレ!っという答えがなかなか難しいですね。

私からは「選択肢」としてのプランは紹介できますが、最適解かどうかについては一度プロの専門家に見てもらって提案してもらうのがベストかと思います。

専門家に見てもらって提案してもらうのがベスト

だいたいどこの業者さんも初回は、無料で相談に乗ってもらえ見積もりをもらえるので手始めに見てもらうのも良いと思います。

商品のことがわからない素人がウンウンうなっても答えがでないことも多いので。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ