ウッドデッキ

ウッドデッキの中古・展示品処はお得ではない。【中古は格安ウッドデッキ?】

さらに、ウッドデッキの床と床の間には数ミリ隙間があります。

ウッドデッキを出来るだけ安く買いたい人

「人工木が耐久性が高く良いって聞いたんだけど、実際、値段を見ると高いと思っちゃった。中古や展示品のウッドデッキで安く手に入れられる方法はないでしょうか?」

←実は、中古のウッドデッキはあまりお得ではないかも。その理由とお得な購入方法をお伝えします!

私はエクステリア商社で営業マンをしてます

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

また、YouTubeでも外構について情報を発信しています。テキストだけでは伝えきれない微妙なニュアンスなどを動画で説明していますので合わせてご覧ください。

ありがたいことにたくさんの方に見ていただき外構・お庭という専門ジャンルで、チャンネル登録者数は2.2万人を超えました!

私の詳しい経歴・自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

普段からウッドデッキの卸売り販売をしているので、言ってしまえば「原価」を知っている立場の人間になります。

ですのでどうやって購入したらお得なのか、割安商品なども熟知しています。

今日は、格安ウッドデッキを購入する方法論として、「中古格安ウッドデッキ・展示品処の格安ウッドデッキをお得かどうかについて」、私の私見と業界構造を交えてご紹介します。

\ウッドデッキの優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

ウッドデッキの展示品処分はあまりお得ではない。

今回の主張は、中古のウッドデッキはお得ではないということです。

中古住宅や中古車のように一見お得のように見える中古品ですが、エクステリア商品すべてのものと適応できるわけではありません。

 

理由は、解体と再組み立てのコストが追加で発生する点にあります。

中古住宅や中古車等はそのまま契約持ち帰り住むことができます。

ですが、中古ウッドデッキや、展示品ウッドデッキは、解体と再組み立てのコストが追加で発生する点にあります。

 

具体例として、似たような商材で椅子やテーブル家具など

テーブルや家具はが中古市場として成立している前例があります。

こちらは完成品で商品となり、引き渡しは輸送だけで完結します。

中古で流通することにより仕入れコスト削減などで安く販売することができビジネスとして成り立つのです。残念ながらエクステリア商品のウッドデッキはそうはならないみたいです。

 

連結されたウッドデッキは、ギリギリいけるかも。

設置工事が要らないウッドデッキの中古・展示品はアリ

ですがが、タイルタイプ/パネルタイプのウッドデッキや、連結して設置するタイプのものはまた話が変わります。

(工事が必要なウッドデッキに比べて)簡単に解体・輸送ができるので、ビジネスとしても成り立つようです。

 

工事や解体作業が不要なため外してそのまま移設って言うことができるので、安く買うことができます。

組立済取り付けが必要なウッドデッキは中古品はなかなか格安に買う事は難しいです。

中古と言わず、ウッドデッキをお得に買うには?

ウッドデッキを中古と言わずお得に買う方法は、

「エクステリアやウッドデッキを専門としている業者さんに依頼する」

というのが庭ファンの中の人の主張です。

ハウスメーカーさん家工務店に頼むと、その下請けの取り付け担当業者さんに依頼する形となり別途そこでも仲介手数料が発生します。

仲介手数料を発生させないためにも、工事をされている業者さんに直接頼むことが中古と言わずウッドデッキを安く買う方法になります。

じゃぁどうやって業者探しすればいいの?

>>見積相談・資料請求する

ネットで「ウッドデッキ格安」「ウッドデッキ工事」などと検索すると多数のネットショップも出てきますし、地元のエクステリア・ウッドデッキ専業でされている業者さんも見つかります。

直接店舗に出向きお話を聞く、フリーダイヤルで相談してみるとウッドデッキを中古と言わず安く手に入れる良いの方法の一つです。

 

工事費を無料にする方法、それはDIY!

さらにウッドデッキを安くする方法、それはDIY。自分で工事することです。

 

自分で工事するともちろんですが工事費はかかりません。無料です。

ウッドデッキを作るために工具を買い揃えるとなるとまたコストがかかりますが、既に午後お持ちの場合であったりまた日曜大工が好きな方にはオススメです。

最も安くウッドデッキの材料を手に入れる入れられるところをネットなどから探すだけでオッケーです。

【本ページのまとめ】

  • 1.ウッドデッキの展示品処分はあまりお得ではない。
  • 2.連結されたウッドデッキはまた違う
  • 3.中古と言わず、ウッドデッキをお得に買うには?
  • 4.工事費を無料にする方法、それはDIY!
外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ