ウッドデッキ

人工木と天然木は、ウッドデッキはどっちのほうが良いのか?【耐久性重視/風合い重視】

ウッドデッキを付けるなら良いものをつけたいと考えてる人

「天然木と人工木のウッドデッキはどちらの方が良いのだろう?ネットで検索すると『10年も持たずに腐ってしまった』『毎年の塗装メンテナンスが大変』などの口コミをよく目にして、人工木のほうがよいの?メリット・デメリットを全部教えてほしい!」

←人工木と天然木のメリットとデメリットを一挙に公開します。

ウッドデッキを検討している人により良いお買い物にしてもらうためにそれぞれの要素分解して解説します。

見たい場所へジャンプ

私は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マンです

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

「人工木と天然木は、ウッドデッキはどっちのほうが良いのか?」という永久のクエッションに対して【耐久性重視/風合い重視】なのか私なりの見解を交えてご紹介します!

\ウッドデッキの優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

天然木/人工木のウッドデッキのメンテナンスについて

ウッドデッキの魅力はその木目や木の質感です。ほとんどが木材で構成されています。

最低でも、1年に一回は防腐剤を塗る・再塗装をするなどのメンテナンスは不可欠になります。

どうしても、しっかりメンテナンスをしても、日光や風雨に晒されたままですし、地面からの湿気や虫害などでどうしても腐食してしまいます。

そんな天然木もウッドデッキのメンテナンスに関してのお悩みを解決してくれた救世主が「人工木ウッドデッキ」(または樹脂木と呼ばれる)ウッドデッキ素材です。

人工木ウッドデッキ素材とは?

製造工程はメーカーによって若干の違いはありますが、おおよその人工木と呼ばれている素材はプラスチック系の樹脂素材と天然木を粉末にした木粉を混ぜ、専用の機械で高温&高圧力で生成された工業製品のことを指します。

ウッドデッキの中に樹脂が配合されているので、メンテナンスしなくても高耐久かつ、腐食することがありません。さらに、プラスチック食べる虫はいないので、虫害の心配もありません。

最近は人工木ウッドデッキ価格が下がってきた。

現在では、取り付ける人も増え、製造量&流通量も増えてきて一般住宅用のウッドデッキは人工木が主流になってきました。

昔は天然木のほうが安かったのですが、大量生産・大量販売により、人工木の製造コストが下がり、人工木ウッドデッキほうが安い逆転現象が起こってきてしまいました。

市民権を得た人工木が闊歩し、天然木のウッドデッキはあまり見る機会が徐々に、無くなってきました。

天然木ウッドデッキの根強い人気の秘密

それでも天然木には天然の魅力があり、根強い人気があります。

表現力が徐々に向上してきたとは言え、天然物には勝てない、人工木には再現できない香りや質感、本物ならではの風合いが特徴です。

耐久力も高い樹種もあり、メンテナンスフリーの天然木ウッドデッキも販売されています。

 

じゃぁ、天然木と人工木はどちらがいいの?

と、話が二転三転してしまいますが、私個人的な見解となりますが・・・

結論は、天然木よりも断然人工木です!

理由については、それぞれに良いところと注意点があります。

メリットとデメリットについては、後ほど詳しく&詳しく、説明いたします。実際にサンプルをお取り寄せいただいたり、商業施設などにはウッドデッキがあることが多いので実際に見てみたり、質感の好みや生活スタイルに合わせて種類を選択するとウッドデッキ選びに間違いが少なくなります。

ウッドデッキの設置費用・お庭リフォームにかかる工事価格の相場は?ウッドデッキの予算を調べている人 「ウッドデッキっていくらかかるの?今持っている見積も高いか安いか、わからない。妥当な価格帯が知り...
見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...

そもそも、人工木・樹脂木と呼ばれるのもってどんなもの?

実際の展示品写真(エクステリアフェア)実際の展示品写真(エクステリアフェア)

人工木は再生木・樹脂木など、様々な名称で呼ばれています。言い方は違いますが差しているものは同じです。現在、エクステリア商品を製造するLIXIL社、YKKAP社、三協アルミ社の主要ウッドデッキは人工木素材の物がほとんどです。

ちなみにデータとして直近で確認ができる2017年度の出荷統計では、88.6%(212.8億円)を人工木ウッドデッキが占め、11.4%(27.4億円)は天然木が選ばれています。

業界シェアがウッドデッキ商品選定の意思決定にはなりませんが、日本のお庭事情のスタンダードを知っておくことは良いことかと思います。

※数値は、週刊エクステリア 2018.9/30 1589号(6)参照

人工木の最大の特長は、その耐久性と安定性です。

「人工木」というのは天然の木材と違い、木粉とプラスチック樹脂をミックスし。高温・高圧でトコロテンのように押し出した材料です。

可能な限り天然木の質感に近づけつつ、工業製品としてウッドデッキを仕上げた結果です。

完全な木材というわけではないため、虫が食べないのでシロアリに強く、湿気を吸わないので木材特有の「腐る」ということもかなり抑えられます。

人工木ウッドデッキは、安全・安心の素材です。

さらには人工木には、防腐処理やシロアリ対策などで薬剤を塗ったりする必要がありません。

樹脂素材もペットボトルの蓋や食品容器などに使われる樹脂と同じなので有害な物質は含みません。

ウッドデッキの上で遊んでいて、小さなお子様やペットなどが万が一、人工木ウッドデッキを舐めたりしてしまっても危険性は低くなっています。

人工木ウッドデッキは、変色・退色も少ないのも特徴

人工木は日に当たることでの極端な変色・退色も少ないのも特徴です。

ウッドデッキも木粉から製造されているので、トゲやささくれなどでないので「安心・安全・長持ち」という点が改善され、天然木を使ったウッドデッキなどの代わりに、人工木を使ったウッドデッキが増えてきています。

また素材自体の吸水率が低いので、天然木に比べて反りが起こりにくいものとなります。材料の安定性が高く設置後の狂いも少ない事が特徴です。

人工木ウッドデッキの考慮しておくべきデメリット

「人工木」もメリットばかりではありません。弱点もいくつか存在します。

 「太陽光を吸収・熱保持しやすい」

「工業製品がゆえに、色むらなどが無く、均一。味気ない」

です。

 「太陽光を吸収・熱保持しやすい」

製造時にプラスチックを混ぜ込んでいるため夏の直射日光差を浴び続けた場合には、熱くなり素足では歩くことができないこたがあります。

春先や秋口は大丈夫ですが、真夏のウッドデッキは要注意です。

「工業製品がゆえに、色むらなどが無く、均一。味気ない」

工業製品がゆえに安定した質感・色になります。ウッドデッキの無個性に感じたり、味気や面白みに欠けるという意見もあります。

最近では木目を生かした、再現した人工木ウッドデッキもあるようです。見た目やデザインにこだわる方には是非検討いただきたい一品です。

天気の良い日を一日使って塗装のメンテナンスは結構重労働

天気の良い日を一日使って塗装のメンテナンスは結構重労働です。

毎年土曜日・日曜日を使う必要のないメンテナンスフリーのウッドデッキはいかがでしょうか。

これからの時間的なコストを意外と人口目ウッドデッキも魅力的な値段も見えてくるのではないでしょうか?

台風対策にも人工木材が見直されています。

他にも敷地境界や目隠しに使うフェンスや門袖などにもこの「人工木」が使用されることがあります。

腐食などで危険な状態になった天然木のフェンスや天然木のウッドデッキをリフォームする人も増えています。

台風対策のために、耐久力の高い人工木使ったものに買い替えるという動きが多いように感じます。

人工木に買い替えた人の感想は?

人工木のウッドデッキに買い替えた人の感想をネットで検索すると良かったポイントが多数紹介されています。

「今あるウッドデッキが腐ってしまった。これからも何度も買い換えるのはゴメンだ。耐久力のあるウッドデッキにしたい。」

「歳も歳なので、毎年の再塗装やメンテナンスが大変。次のメンテナンスを目安に耐久力のあるウッドデッキ取り替えよう」

という感想が多いようです。

「人工木」は天然木材とは異なり大量生産が可能なため、比較的安定していつでも購入できるのも魅力のポイントです。天然木の場合、樹種により環境保全の輸入規制が発生することもあります。

【推奨】百聞は一見にしかず、実菅確認はぜひサンプル取り寄せを!

人工木にまだよくわからない、耐久力に関して懐疑的な人は、ぜひサンプル取り寄せを推奨します。

人工木ウッドデッキの正面の硬さや手触り、質感など百聞は一見にしかず。

〇:人工木ウッドデッキのメリットまとめ

1.圧倒的な耐久力でいつまでも美しいウッドデッキ

2.シロアリに強く害虫を寄せ付けない、湿気に強いウッドデッキ

3.ささくれが無い・反りが起こりにくいので安定したウッドデッキ

4.カラーバリエーションが豊富で家に合わせやすいウッドデッキ

×:人工木ウッドデッキのデメリットまとめ

1.熱を吸収しやすく、冷めにくい「熱保有をしやすい」人工木ウッドデッキ

2.工業製品ながら、統一色になりやすく味気ないウッドデッキに見えるかも

木目のデザイン美しい人工木ウッドデッキ LIXIL 樹ら楽ステージ

人工木というと表面が熱くなりやすい、単一色で味気がないと思われる節がありますが、最大手の建材メーカーのLIXILさんから販売されている樹ら楽ステージはそんな二つの課題も解決してくれています。

特殊な素材を使うことで表面を熱くならないよう、熱保有も軽減・解消してくれます。さらに表面を凹凸の特殊加工により木材特有の色むら・揺らぎを表現しています。

人工木なのでこちらは毎年のように必要な塗装の手間もいらないメンテナンスフリーなウッドデッキです。

さてさて、人工木ばかりのお話でしたが、次は天然木のウッドデッキです。

天然木のウッドデッキの魅力

天然には天然でしか表現できない、味わえない天然木のメリットがあります。

天然木は木の風合いを直接感じられるため、自然の中での調和・見た目という点では天然木が圧倒的に有利です。断熱性能に優れた天然木のウッドデッキは「冬暖かく、夏はそれほど熱くならない」といったメリットがあります。

エクステリアメーカーが作るウッドデッキに比べ、自由度や加工性が高くものもあり、敷地への形に合わせて自由な設計ができるというのも魅力の一つです。

手軽に安く、天然木ウッドデッキは市販品で作れる

天然木は価格という点においても、ホームセンターなどで販売されているので、材料や塗料は安くしかも、簡単に手に入るので価格ではエクステリアメーカーの樹脂木より安くなることの方が多いように感じられます。

一般的なホームセンターに置かれている木材は柔らかく加工がしやすい樹種です。

ホワイトウッドデッキやソフトウッドと呼ばれる木材で、安価で加工がしやすい代わりに耐久性については少し劣ります。

「ソフトウッド」は耐久性という点で不安が残ります。

耐久性という点に不安が残りますので、床下からの湿気やシロアリなどに弱く、腐食もしやすい素材です。

ですので、ソフトウッドで作ったウッドデッキは、毎年の塗装・定期的なメンテナンスが必要です。ですが、毎年、定期的なメンテナンスを行っていたとしても、最終的には4~5年でボロボロになってしまうことが多いのです。

天然木ウッドデッキのソフトウッドとハードウッド

ソフトウッドの反対語にあたる、ハードウッドという天然木があります。

ウリンやシダーウッドなど、東南アジアで桟橋や港でも使われる天然木です。ハードウッドはかなりの耐久性を誇ります。

物によっては工業製品の人工木のウッドデッキを凌駕する耐久性。誇るものもあります。そういった超ハードウッドはメンテナンスなども不要なものもあり、元々の木の風合いが生かせるため天然木でウッドデッキを購入するならソフトウッドよりハードウッドが断然おススメです。

え?ということは、天然木のハードウッドでウッドデッキを作るのが正解?

「天然木の質感を生かしながら、耐久力が高いウッドデッキ」というとハードウッドでウッドデッキを作ることが正解にそうですが、ハードウッドは人工木にくらべても、価格も高くなる傾向になります。

ハードウッドは鉄のような硬さを誇る木材で木材をカットするにも専用の刃や技術が必要な内容になります。

天然木のハードウッドは年々規制があり、入手困難に

ハードウッドの天然木は環境保全の観点から輸入規制・伐採規制などがあり、年々入手が困難になりつつあります。

流通も限られてきていますので、どのエクステリア屋さん・ハウスメーカーさんもハードウッドの天然木を扱えるわけではありません。

また、数年後、一部だけ補修しようとしても同じ樹種が手に入らないケースもあります。

ハードウッドも天然木です。腐食や虫害はゼロではありません。

なかには人工木よりつよいハードウッドを謳い文句に販売されているものもあります。

木質が虫を寄せ付けにくい香りを出す樹種であったり、鉄のように固い天然木のウッドデッキの場合は、耐用年数も長くなることもあります。ですが、天然木である以上、湿気や虫害を100%防ぐのは難しいです。

天然木ウッドデッキは経年変化を楽しめる素材

天然木ウッドデッキは経年変化を楽しめる素材です。

気長にゆっくりと付き合いながらメンテナンスを楽しめる方には、ぜひお薦めしたいウッドデッキです。

〇:天然木ウッドデッキのメリットまとめ

1.木の風合いを感じられる

2.表面が熱くなりにくい

3.加工性がいい(ソフトウッドの場合)

4.比較的価格が安い(ソフトウッドの場合)

×:天然木ウッドデッキのデメリットまとめ

1.耐久性が低い

2.シロアリに弱い

3.メンテナンスが大変

4.ハードウッドは価格が高い

 

ウッドデッキの設置費用・お庭リフォームにかかる工事価格の相場は?ウッドデッキの予算を調べている人 「ウッドデッキっていくらかかるの?今持っている見積も高いか安いか、わからない。妥当な価格帯が知り...
見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...

人工木ウッドデッキと天然木ウッドデッキはどちらがいい?

それぞれ人工木にも天然木にもいいところがあります。結論は好み!になりますが、好きかどうかは実際にウッドデッキを踏みしめてみるとわかります。

高速のサービスエリアや近くの商業施設の床がウッドデッキになっていることがあるはずです。

触ってみて、踏みしめてみて、気に入った素材があれば購入先を決めてサンプルを取り寄せて確認するのが間違いありません。

安い買い物ではないので、最適な素材を選ぶことに妥協しないことが失敗しないウッドデッキ選びの一番だと思います。

あなたの外構・エクステリアの業者さんを探すお手伝い!

今から、外構・エクステリア業者さんを探そうとしているあなたに。

朗報です!

そんな方は、ぜひ簡単に無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。

ぜひ後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に複数業者に依頼をしましょう。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え。。。でも、個人情報の流出とか、怖くないの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です!安心してください!

すべて、プライバシーマークや厳しい審査をクリアした優良企業ばかりです。

それに、どこの業者さんに依頼するかは自分で決めることができますよ。

>>サンプルで見てみる(埼玉県熊谷市の例)

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探しだして毎回住所を入力するよりはるかにラクチン!

入力は必要最小限の項目だけでたった3分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、一番重要である商品の検討やプランの検討に時間を使えるようになるので、正しく検討ができるようになりますよ。

成功するリフォームに近づき、失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、いきなり電話がかかってくるのが嫌。どこのだれかわからないのは不安なの

庭ファン
庭ファン
確かに、急に電話がかかってくると不安ですよね!

要望・内容のところに、「電話ではなく、メールで相談希望」と入力すれば、最初のアクションはメールで連絡があります。(コピペしてもらってOKです)

事前に要望を出すことで、その不安は解消できますね。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは「価格が安くなることが多い」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
チラシを見ると購入した商品よりも5%も安かった!知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
複数業者さんに見積もりを取ることで初めてわかることもありますよ!

カーポートやフェンスなどは商品価格が高くなり、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

エクステリア商品は、耐用年数が長く10年~20年と使える商品です。

1時間~2時間の打ち合わせで、このさき10年~20年使う商品が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

せっかくこういった、情報収集をしているあなたにはぜひリフォームを正しく・お得に実施していただきたいと切に願っています。

タウンライフリフォームは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。

登録されている業者さんは約300社以上と、正直私から見て非常に多いと思います。

イチオシしたいポイントとしては、タウンライフリフォームの利用は無料なんです。

そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみが表示される仕組みになっているので、いわば、タウンライフリフォームによってえりすぐられている状態です。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

だから、私は、タウンライフリフォームさんをオススメしてます。

業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

さらにいまなら、毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえますね!

しかもタウンライフリフォームに相談すれば相談したい会社1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで(外構業者さんには内緒で)紹介してもらえます

一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、利用しない手はないですね。

庭ファン
庭ファン
じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

気になる方は、ぜひ、↓↓↓のリンクから見てみてください。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

【手順紹介】かんたん3ステップで探せる!個人情報の入力は不要です

>>タウンライフリフォーム公式サイト

↑にアクセスして、市区町村までの住所を入力して、住まいのタイプ(たぶん、戸建てですよね)チェックします。※この時点では個人情報の入力は不要です

希望する工事内容のところの「外構・エクステリア」だけにチェックを入れます。

そのあと、個人情報を入力箇所があるのですがスルーして、そのさらに下にスクロールして出てくる優良専門業者さんリストを確認してください

 

そうすると、こんな感じでリストが見れます。 

 

いかがですか?

大手ハウスメーカーさんも入っていて、安心感がありますね!

もしまだ業者さんに相談していないという場合は、予算もどれぐらいかかるか知りたいという方は、現地の採寸・現地確認を無料でしてもらえるので、気軽に相談してみてください。

>満足できる優良業者を探す【外構の利用者満足No.1

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ