ウッドデッキ

ウッドデッキに階段は必須オプション【階段・ステップ】

ウッドデッキの登り降りが大変だと思っている人

「ウッドデッキに階段があれば良かった。価格優先で考えたけど、階段が欲しい。でも、メーカーの純正オプションは高すぎる。何かいい物、代替品ないのかな?」

←ウッドデッキの階段の代わりになるもので良いものあります。

ウッドデッキの登り降りに便利な階段・ステップを格安に設置する方法

私は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マン

私はウッドデッキを含むエクステリア商品を専門に工事している業者さんに商品を卸す商社で 働いています。

ウッドデッキは耐久性や見た目から人工木ウッドデッキを購入される人がおおいですが、オプションは高くて控える・諦める方も経験上多いです。

代替が効くのであればメーカーさんの純正オプションにこだわる必要はありません。

そこでウッドデッキ階段の代替品になるもの・安く付けられるエクステリア商品をご紹介します。

ウッドデッキの設置費用・お庭リフォームにかかる工事価格の相場は?ウッドデッキの予算を調べている人 「ウッドデッキっていくらかかるの?今持っている見積も高いか安いか、わからない。妥当な価格帯が知り...

そもそも、ウッドデッキの階段・ステップの種類

ステップって何に使うの?ウッドデッキのステップってなにがあるの?必要なの?

いくつか種類がある昇降用の階段について各エクステリアメーカーが設定しているオプション商品をご紹介します。

 

ウッドデッキ階段の種類【階段】

ウッドデッキとおなじ樹種を使った階段タイプです。

ウッドデッキの高さが高い場合も複数段を設けることで登り降りがしやすい階段になります。

目安として地面とウッドデッキ面が50cmを超える場合は、階段タイプがオススメです。

一段の階段の高さが20cmを超えると登り降りがキツイと人は感じはじめます。

 

ウッドデッキ階段の種類【段床】

ウッドデッキの階段の種類に、段床(だんしょう)があります。

写真のように、幅広い階段と思ってもらって良いと思います。

階段の踏面・床面積が広いので安全で安心の階段になります。

段が大きいのでその分設置費用も高くなります。

ですが、ウッドデッキの印象も大きく変わり、お庭の主役になれるオプションのひとつです。

こちらも階段の1段の高さが20cmを超えないようにすると登り降りがしやすいウッドデッキになります。

 

ちなみに建築基準法によると、一般住宅の場合の階段寸法は蹴上23cm以下、踏面15cm以上、と規定があります。

ウッドデッキは日常使用するものでもなく、屋内の建築物ではありませんので建築基準法の階段制限を受けませんが、ひとつの目安の根拠としてご紹介します。

 

ウッドデッキ階段の種類【ステップ】

最後にウッドデッキの階段オプションとして利用されるステップについてご紹介です。

言わば小さなウッドデッキを階段のように設置するイメージです。

こちらは2段・3段と付けると価格も高額になる傾向にあるので、設置する場合は、配慮が必要です。

階段は1方向にのびますが、ステップの場合は、横方向に設置できるのでお庭の形状や生活動線に応じて階段に方向を決めるのが吉です。

 

メーカーのウッドデッキ階段オプションは高額

ウッドデッキの階段を3種類紹介しましたが、メーカーさんの純正オプションは意外と高額になってます。

ここだけの話、エクステリアメーカーさんも本体が決まればフェンスや階段などのオプションはおのずと自社製品を選ばざるを得ない状態になるので、オプションは高めの設定になっています。

車の車内マットやバイザーなどのメーカー純正オプションも同じですね。

階段安くするには、キットを買って置くと吉です。

ウッドデッキの階段は別売りの商品を設置するのもありです。

ウッドデッキ階段を安く設置する裏技

ウッドデッキ階段を安く設置する案1(予算1万円~)

メーカーさんのオプションにはありませんが、収納もできるウッドデッキ階段オプションがあります。

設置工事が不要なので、ウッドデッキ工事が終わってからあとから階段を置くのもアリです。

工事が不要なので、ウッドデッキ階段の工事のために業者さんを呼ぶ必要もありません。

その分工事費用も削減が出来て一石二鳥です。楽天などの通販でも販売されているので下記リンクからぜひ見てみてください。

 

ハウスステップ Rタイプ 収納庫1コ付き レッドブラウン(RB)

新品価格
¥31,185から
(2019/2/21 21:49時点)

 

城東テクノ ハウスステップRタイプCUB-R60S-RB【smtb-s】

価格:38,736円
(2019/2/21 21:50時点)
感想(0件)

ウッドデッキ階段を安く設置する案2.(予算千円~)

排水溝用のブロックをひっくり返して踏み台に

見た目は少し気になるかもしれませんが、ホームセンターなどでも安価に販売されています。

重量もあるのでそのままでも、土の場合は少し埋めてあげるだけで高さ調整+安定化が図れます。

裏口など見えにくい部分には最適な土台方法になるかもしれません。

購入先を紹介しようと思いましたが、商品は600円ぐらいで送料が1600円ぐらいかかるネットショップが多かったです。

ご自宅の近くのホームセンターさんで購入してもらった方が、安くて割れ欠けがなくてよさそうです。

段数の選択は、ウッドデッキ面の高さ1段あたりの高さが20cmぐらいを目安に許容範囲は最大25cmまでだと思います。

今、ウッドデッキがあって動線や使い勝手を良くしたいと思いっている方は是非、追加で階段を追加する手段も検討してみてください。

>>見積相談・依頼をする

このページのまとめ

  • 1.そもそも、ウッドデッキの階段・ステップの種類
  • 1.1.ウッドデッキ階段の種類【階段】
  • 1.2.ウッドデッキ階段の種類【段床】
  • 1.3.ウッドデッキ階段の種類【ステップ】
  • 2.メーカーのウッドデッキ階段オプションは高額
  • 3.ウッドデッキ階段を安く設置する裏技
  • 3.1.ウッドデッキ階段を安く設置する案1(予算1万円~)
  • 3.2.ウッドデッキ階段を安く設置する案2.(予算千円~)
外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ