カーポート

カーポートの柱を長くしたら施工費も高くなった、なんで!?

理由が無ければ、ハイロング・ロング28柱は不要

カーポートの柱を高くしたら施工費が劇的に高くなって納得できない人

「カーポートの柱を一番高いやつにしたら、工事費が劇的に高くなった。同じ商品なのになんで急に高くなるの?納得いかない!だれか説明してー!」

←高い場所は危険なんで一人で作業できないんですね。だから、補助員をつけるために高くなります

私はエクステリア商社で働く営業マンです

私は外構・エクステリアを専門されている工事業者さんにウッドデッキを含めたエクステリア商品を卸す商社で働いています。

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

また、YouTubeでも外構について情報を発信しています。テキストだけでは伝えきれない微妙なニュアンスなどを動画で説明していますので合わせてご覧ください。

ありがたいことにたくさんの方に見ていただき外構・お庭という専門ジャンルで、チャンネル登録者数は2.2万人を超えました!

私の詳しい経歴・自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

今日は、「カーポートの柱を長くしたら施工費高くなった」についてご紹介したいと思います。

柱を長くしたら施工費も高くなった、なんで!?

柱を長くしたら施工費が高くなった、なんで!?

カーポートの柱を一番高いものにすると下記の工事項目が追加されることがあります。

  • 高所作業費
  • ロング28柱加算

カーポートの一番低いところで2.8mになるので、屋根の先っぽは3.5mに達することもあります。

3mの高さって結構怖いですよ?

万が一、作業中に転落してしまったら大変です。

打ち所が悪ければ骨折してしまったり、最悪の場合、死に至ることもあります。

なので安全に作業するために必要な脚立や補助員をつけるためにかかる費用が計上されます。

脚立もカナリ大きいものが必要になるので、それの運搬も大荷物です。

リクシルの場合は、ロング28柱。YKKAPの場合は、ハイロング柱などと表記されてます。

法律的にも高所作業は制限がある

法律的にも高所作業は制限がある

労働安全衛生法で2m以上を超える場所でも作業は、安全対策義務があります。

労働安全衛生規則 第一節 墜落等による危険の防止(作業床の設置等)

第518条

事業者は、高さが二メートル以上の箇所(作業床の端、開口部等を除く。)で作業を行なう 場合において墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、足場を組み立てる等の 方法により作業床を設けなければならない。

手を伸ばして届く範囲で完結する高さであれば大丈夫ですが、3mを超えると脚立では届きません。

なので仮設足場を組んで作業しないとダメです。

仮設足場を組むための作業時間や撤去時間も工賃に含まれる形となり、結果的に工事費が急に高くなることが良くあります。

理由が無ければ、ハイロング・ロング28柱は不要

理由が無ければ、ハイロング・ロング28柱は不要

必要以上の高さはメリットがないので窓にかかったり、階段があるなど理由が無ければ28柱高さを選ばない方がいいですね。

私は、ロング28柱は一般用途ではないと思っている人です。

カーポートの柱高さってどうやって選べばいいの?【体験に基づく高さ決め】
カーポートの柱高さってどうやって選べばいいの?【体験に基づく高さ決め】カーポートの柱高さに悩んでいる人 「カーポートには柱高さがいくつかあるみたい。標準柱とロング柱とかかくはちょっとしか変わらない。別...
カーポートの仕上がり高さを気にしない業者さんはアウト!
カーポートは縦にも横にも連結できる【縦連棟は柱高さに注意】縦二台用のカーポートを検討中の人 「うちは縦に二台車を止めるタイプの駐車場になっている。カーポートをつけようと思っているのだけど、...

現場&現場により工事費用は変動します。

現場現場により作業内容が異なるので、ハツリ工事や残土ガラの処分など発生した場合は工事費は変動します。

ですが見積もりは無料で実施されているので予算の把握のためにも一度専門業者さんに相談してみてはいかがでしょうか?

まだ工事する業者さんが知り合いにいない場合や、今から探すという場合・・・

技術を持った、安心できる業者さんを見分けられる自信ありますか?

もし、即答で「はい!」と答えられない場合は、全国の優良業者ばかりをあつめたタウンライフリフォームが便利です。

国家基準をクリアした厳選したお庭の工事から屋上の工事まで専門の業者さんを紹介してもらえます。

しかも、なんと紹介料は無料です。

スマホでも簡単入力、すぐわかる/
>>見積相談・資料請求する
※何度でも見積は無料でもらえます

自分で業者さんを探すとなるとかなりの労力がかかりますし、しかもその業者さんが技術を持って、安心できるかどうかはわかりません。

タウンライフリフォームでは、第三者が厳しい審査を行い、国家資格を持った認定工事店のみが300社以上登録されています。

あなたのお住まいの地域の業者さんも必ずいらっしゃいますので検索だけでもしてみてはいかがでしょうか。

お見積もりまではもちろん無料で実施いただけますので、不安という場合は、そこでキャンセルすれば問題ありません。

ぜひ一度、優良業者さんを探す場合はタウンライフリフォームをご利用ください。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ