ブロック・石材

知っておきたいブロック塀の基本知識7選!おしゃれに魅せる方法もある!【外構】

お庭に必ずあるブロック塀。

  • 境界フェンスの基礎
  • 門柱

こういった場所によく使われています。

そのブロック塀ってまぁまぁな値段するんですよね~。

お庭に必ずあるブロック塀

新築外構で敷地の周りにブロック塀を積んだ場合、外構費用の40~50%をブロックが占めます。

この記事では、ブロック塀の7つの基礎知識について紹介します。

ブロック塀について7つの基礎知識

元・エクステリア商社営業マン、外構の専門家です

はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

元・外構エクステリア商社の営業マン。日本全国のありとあらゆる外構・エクステリア商品を集め、プロの業者向けに販売している年商100億を超える会社の商社マンでした。

その後、2020年2月よりYouTubeでも情報配信しており、143万回以上再生されている動画もあり、トータルの再生数は1,000万回を超え、チャンネル登録者数は4.8万人超になりました。

このページでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報やコストカットの秘訣などを、無料で配信しています

また、外構プランや商品選定のノウハウを惜しみなく詰め込んだ書籍も出版しました。

≫著書をamazonで読んでみる

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物です。

絶対に、失敗・後悔してほしくないという私の思いが伝わることを願いながら、お庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てると嬉しいです。

より私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。

1.ブロック塀には法的な基準がある

1.ブロック塀には法的な基準がある

堅い話にはなりますが、建築基準法でブロック塀には規制があります。

高さや、鉄筋の本数など、細かく決められているのです。

建築基準法第4節2 第62条 8の図解を参照にするとわかりやすいですよ。

さらに、国交省から、ブロック塀のチェックポイントが紹介されています。

国交省から、ブロック塀のチェックポイントが紹介されています
  1. 塀は高すぎないか
  2. 塀の厚さは十分か
  3. 控え壁はあるか(塀の高さが1.2m超の場合)
  4. 基礎があるか
  5. 塀は健全か
  6. 塀に鉄筋は入っているか

ブロック塀は、地盤から高さ2.2m以下でなければなりません。

ブロックの個数で言うと11段以下!

DIYで工事をするなら

DIYで工事をするなら

こちらはブロックメーカーの中でも老舗のエスピックさんの基準図です。

DIYで工事をする方には、ブロックメーカーが発布している基準図を見ることをオススメ!

多くはメーカーカタログ巻末の「技術資料」という欄に記載されています。

ブロック塀の基準は必ず守ってくださいね!

DIYをする場合には、参考にしてみてくださいね!

2.ブロック塀工事をプロに任せた時の相場価格

ブロック塀工事をプロに任せた時の相場価格

高さ約1m(5段)×横幅10mの工事をプロにお任せした場合の価格は18.7万円~

  • 基礎を作るための掘削:4,000円~/1m
  • 掘削した土の残土処理:1,200円~/1m
  • ベースとなる基礎コンクリ:4,500円~/1m
  • ブロック積み工事:9,000円~/1平米

リブブロックと呼ばれるオシャレな化粧ブロックを使うと、ブロック積み工事費は12,500円~/1平米に上がります。

掘削費用や残土処理費用は、どのブロックを使っても価格は変わりません。

プロにお任せすると、DIYよりも費用は掛かりますが、安全かつ確実に設置してくれます。

\まずは、フェンス工事の優良業社を探す
≫資料請求・プロに相談する(無料)
※見積は何度でも無料です

3.DIYでブロック塀工事をした時の価格

DIYでブロック塀工事をした時の価格

DIYでブロック塀工事をした場合の価格は、5万円前後

  • 基礎を作るための掘削:0円~/1m
  • 掘削した土の残土処理:0円~/1m
  • ベースとなる基礎コンクリ:2,000円~/1m
  • ブロック積み工事:3,000円~/1平米

プロに任せた時よりも安い理由は、労力と材料費のみで施工できるからです。

ただ、人力でDIYするのはかなりきつい!

まず、基礎を作るのに40~50cmを10mにわたって掘り込まなければなりません。

残土を処理をする労力や、基礎にかかる材料費もかかります。

施工するためには、これらも必要。

  • 建築基準法の勉強
  • ブロック塀に関する知識
  • 施工の責任

こう考えると、プロの業者にお任せするのが良いかもしれません。

万が一倒壊がおこり、お隣さんに迷惑をかけてしまうことにならないためにも、DIYをする際には十分ご検討ください!

DIYでブロック塀工事をするのはコストカットになる!ただし、かなり大変!

\まずは、フェンス工事の優良業社を探す
≫資料請求・プロに相談する(無料)
※見積は何度でも無料です

4.ブロック塀補修には補助金が出る

ブロック補修には補助金が出る

ブロック補修には補助金が出ます。

そのきっかけになったのが2018年の大阪北部地震。

小学校のプールの目隠しになっていたブロックが倒壊し、事故がおきました。

これをきっかけに全国でブロックの総点検が行われ、危険なブロックの更新作業が進んでいます。

最近は、ブロックの交換も増えてきました!

最近は、ブロックの交換も増えてきました!

ブロックは、車が当たって割れや欠けが出ることがあります。

こういった端部の割れ、欠けは問題ありません。

ただし、ブロックのヒビは要注意!

髪の毛程度の細いヒビは表面上のヒビなので構造上問題ありません。

ですが、爪楊枝が入るぐらいの2mm以上のヒビは専門家に点検してもらうことをオススメします

ヒビを、塗料などでごまかすことは危険です。

見た目上はヒビを塞ぐことができていても、構造上はアウト。

ヒビがある場合はブロック塀の更新、撤去をしなければなりません。

ブロック塀の補修には、補助金が出ることがあります!

大阪府高槻市では、1平米当たり13,000円の補助金が出ます。

地方自治体によって金額や補償範囲は変わるので、市区町村の建設指導課でご確認ください。

5.ブロック塀のメリット、デメリット

5.ブロック塀のメリット、デメリット

ブロック塀は最強の塀です。

ブロック塀の優れているところはこちら。

  1. 耐風性
  2. 防音性
  3. 耐火性
  4. 目隠し性能
  5. 経済性
ブロック塀こそ最強の塀である【耐風×目隠し×防音×耐火】
ブロック塀こそ最強の塀である【耐風×目隠し×防音×耐火】お庭・外構の商品を卸し販売する商社働く営業マンです 普段は、アルミ素材のエクステリア商品を販売しているのですが、ブロックも卸し...

ブロック塀のメリット1:耐風性

メリット1:耐風性

耐風圧強度については46m/s以上を誇ります。

詳しくは、こちらの記事をご参照ください。

正しく施工したブロック塀の耐風圧強度は、Vo46m/s以上ある【というのが私の結論】
【ブロック塀の耐風圧強度は、Vo46m/s以上】というのが私の結論ブロック塀の耐風圧強度について調べている人 「最近、災害が多くてコンクリートブロック塀の強度とか気になる。工業製品ならメーカーに問...

ブロック塀のメリット2:防音性

メリット2:防音性

コンクリートは遮音材として認められています。

戸建て住宅に防音フェンスを設置するのは価格も高く難しいですが、アルミフェンス等に比べるとブロック塀は遮音性能に優れています。

ブロック塀のメリット3:耐火性

メリット3:耐火性

ブロックの耐火性のは、国交省から認められています。

天然木やアルミフェンスに比べると、火災時も有用性あり。

ブロック塀のメリット4:目隠し性能

メリット4:目隠し性能

ブロックの向こう側が見えるという方…いませんよね。

ブロック塀のメリット5:経済性

メリット5:経済性

安い物であれば、ブロック1個100円~。

手に入りやすく、手軽に工事をしやすいのもポイント!

ブロック塀のデメリット

ブロック塀のデメリット

非常に優れているブロック塀ですが、デメリットもあります。

  1. 見た目
  2. 高さ制限

見た目から感じる重厚感や古めかしさを毛嫌いする方もいらっしゃいます。

また、高さ制限もネック。

ブロック塀の高さ制限もデメリット

ブロック塀の高さは最大2.2m。

控え壁も邪魔になりやすく、コストが上がる原因に。

6.ブロック塀をおしゃれに魅せるポイント

6.ブロック塀をおしゃれに魅せるポイント

日本では、おしゃれなブロックがたくさん販売されています。

おしゃれなブロックは、業者さんしかしらない独自の流通ルートで販売されています。

おしゃれなブロックは、業者さんしかしらない独自の流通ルートで販売されています

ホームセンター、ネット等で探しても見つかりません。

というのも、こういった理由があるからです。

  • 段ボールに入れて配達できない
  • 梱包材の費用も高い
  • 重くて割れやすい
  • 送料が高い

とはいえ、おしゃれなブロックは欲しい!

そんなあなたは、最寄りのメーカー倉庫や、営業所に取りに行くことができます。

おしゃれなブロック塀は最寄りのメーカー倉庫や、営業所に取りに行くことができる

もしくは、ホームセンターで取り寄せ注文しましょう!

ブロックは地産地消が強く、なかなか遠方に運ぶこともできません。

エリアによって、注文できる商品が変わってくることもあります。

エスビックさんは実は超老舗ブロックメーカー:業界では有名でも世間からの認知度は低いコンクリートブロックに「エスビック」っていう名前が入っていて調べてる人 「「外構工事の見積書をもらって項目や図面を確認していくると...

7.ブロックとフェンスの高さの上限

7.ブロックとフェンスの高さの上限

ブロック塀+フェンスの高さは、安全を考慮して最大2.2m。

建築基準法で記載されているわけではありませんが、業界としてブロックの高さ以上に物を設置するのは安全性の保障が出来ないというのが理由です。

どうしても、2.2m以上の目隠しが欲しい場合は、フェンスだけで2.2m以上設置することが可能。

私がオススメするフェンスはこちらを参考にしてくださいね!

損しない・失敗しない!おすすめ外構フェンスはコレを選べ!打ち合わせ続きで外構フェンス選びに疲れてしまった人 「あれも!これも!決めないといけない!わからないことも多い!とりあえず、まぁプ...

グランドアートウォール

グランドアートウォール
  • 目隠しが欲しい
  • でもフェンスはいや!

という方には、グランドアートウォールはいかがでしょうか。

最大の高さ3mで、控え壁もありません。

中は発泡素材を使用しており、軽量。

地震などでも倒れませんが、万が一倒壊があっても軽いので安心ですよ。

ブロック塀の基本知識7選!【まとめ】

ブロック塀の基本知識7選!【まとめ】

ブロック塀の法的な基準は図解で見るとわかりやすいです。

DIYをする際には、よく読んで施工してくださいね。

また、ブロック塀の補修には補助金が出ることがあります。

万が一のことが起こらないためにも、安全第一で施工しましょう!

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫資料請求・プロに相談する(無料)
※見積は何度でも無料です。

タダで効率的に、見積もり金額を下げるテクニック

外構・エクステリア商品は人生でも購入することも、普段意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないですよね。

そんなあなたに最強のテクニックをご紹介します。(乱用厳禁です。

実は、テクニックは簡単です。


≫ほしい商品/したい工事が決まっている場合

「「○○(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」
「「○○(工事名)の過去実績はありますか?」」


≫ほしい商品/したい工事が決まってない場合

「「○○(カーポートなど)で一番安くできる商品は、いくらぐらいで、何%OFFですか?」」
「「○○(工事個所・手法など)の普段対応されていますか?」」


と、業者さんに問い合わせてください。

この質問が≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と思っています。

いやらしい話、メーカーさんから出荷された商品はどこで買っても品質は同じです。

ですが、不思議と業者さんによって、同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

そして、工事内容については、外構と一口に言っても、土間工事が得意・ブロック積みが得意・タイルが得意などなど、外構業者さんの中でも得意・不得意が分かれています。

ワリと、複雑な業界構造・商慣習があり、このような状態になっています。

意外と複雑なんです。外構って。。。

そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒だという方は、無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

≫リショップナビ公式サイトを見る

一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではないですよね。

だからこそ後悔しないように、価格を安くするだけではなく、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼を私は強くオススメしています。

複数業者さんに相談すると、何度も打ち合わせするのは確かに面倒です。

ですが、そのたびに見聞きすること、プロと会話をすることで知らず知らずに経験値が手に入り、多角的に検討ができるようになり、実は、リフォームの失敗する可能性がドンドン低くなります。

庭ファン
庭ファン
情報をしっかり調べているあなたなら大丈夫です!安心してください!

先ほど紹介したリショップナビさんは業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

定期的に見直しが図られているので、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

サイトを見ていただけるとわかると思いますが、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

それに、専門コンシェルジュがついて、優良業者さんを紹介してもらえます

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけでたった1分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要である商品の検討&プランの検討に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになりますよ。

そうすることで成功に近づき、リフォームで失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、まだリフォームするかどうかも決めてないのに、相談していいの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です。安心してください、実際見積もりがないと判断ができないですし、見積り依頼したら注文しないといけないわけではないですよ。

不安があるなら、コンシェルジュに、「注文できるかどうか、まだわからなくて・・・」と言ってもらえれば大丈夫です。懇切丁寧に相談に乗ってもらえます。

また事前に要望を出すことで、その工事を得意な業者さんを紹介してもらえます。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「価格が安くなることが多い」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え?!チラシを見ると買った商品よりも5%も安い・・・知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートやフェンスなどは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

割と、ちょっと行動するだけでウン万円が安くなることがあります。

実際、Twitterや掲示板で相談いただく方のほとんどは、見積もり精査をすることでお得に工事できてるんですよね。

少しの手間、打ち合わせの時間を取るだけで、数万円安くなります。

残業代で稼ぐよりかは圧倒的に効率が良い訳で…。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

※参考に4メートル幅の目隠しフェンスを設置するお見積りで、私も間に入って交渉をして、16.2万円の見積もりを11.0万円まで、5万円強も下げることもできた事例もあります。

業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

庭ファン
庭ファン
じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風な形でコンシェルジュに相談ができるので非常に良心的な会社だと思います。

これからも長い生活を送る住まい・環境をより快適なものにするために、優良業者さんと出会うことは不可欠です。

≫リショップナビ公式サイトを見る

しかも、いまなら≫リショップナビさんに最大で30,000円分のamazonギフト券がもれなくもらえるキャンペーン中です。

無料で使えるサービスを利用して、お得に工事して、さらにamazonギフト券がもらえるのはお得すぎますね!

≪無料≫失敗しないため「庭ファン」がフォローします

最後に、期間限定&庭ファン限定のお得情報の告知をさせていただきます!

※このサイト経由で、リショップナビさんに申し込んでいただいた方限定です。

私は、メーカー・工事業者の原価を知っている立場にいます。

そんな私が、あなたの外構・エクステリアリフォームのお手伝いをします!

Twitterやメールでお問合せいただいた方のプランを一緒に考えたり、商品選定のアドバイスや相場価格チェック、価格交渉のポイントなど、過去たくさんの値引き交渉をお手伝いしています。

そこで!

このサイト経由で、≫リショップナビさんに見積もり依頼を申し込んでいただいた方に限り、≪無料で外構プランや価格交渉・相場チェック≫のフォローアップをします!

特にお金を頂いたりもしません。匿名でも、まったく問題ありません。

ぜひ、浮いた予算で家の中の家電製品をグレードを上げたり、また予算を変えずにプランや商品のグレードをアップさせることもできますよ!

ただ、あまりにもたくさん依頼があると私も手が回らなくなるので・・・毎月先着30名様限定にさせていただいています。

※毎日たくさん申し込みがあるので、検討中の方は急いでいただきたいです。

また依頼数が大変多く、翌月以降も実施できるか確約ができませんので(スミマセン…。)、検討をされている方はお早めに!

≫無料でフォローサービスを受けつつ、優良業者さんを探す!

※無料のフォローアップはこのサイト経由で、リショップナビさんに申し込んでいただいた方限定です。

最後までご覧いただきまして有難うございました!

外構・エクステリアを検討される方必見ですよ!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリア

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

では、ないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

さらに、リショップナビに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、≫リショップナビさんは専門のコンシェルジュがついて、要望に合わせた最適な優良業者さんを紹介してもらえます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

≫リショップナビ公式ページを見る

≫外構を安くするためのテクニック7選を見る