外構工事

平地・南向き道路・大窓リビング・最高の立地!だけど、外構が良くないと台無し

せっかく最高の立地の場所をゲットしたけど南道路で外構の目隠しフェンスで困っている人

「「めっちゃ良い条件の土地を見つけて建築までこぎつけた!さて、ここから家のまわりの検討をしないといけないんだけど、南道路からの視線が気になるから目隠ししたい!しかも、道路から見えるお庭だから、おしゃれにしておきたい。でも、目隠ししたいけど、フェンスで視界を遮るのも困るんだよね。わがままを叶えるフェンスはありませんか?」」

←ありますよ、前面南側道路に適した外構目隠しフェンスを紹介します!

私は、エクステリア商品の卸売をしている業社で働く営業マンです

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

さて、昨日こんなツイートをしました。

 

家づくりっていろいろとハードルが高い条件とかあるのですが、その一つとして南側のお庭のお家です。

いわゆる好条件の土地、なんですがその分プランのレベルも上がります。

今日は、「南道路で外構の目隠しフェンスで困っている人」に向けて、ポイントを紹介します。

平地・南向き道路・大窓リビング・最高の立地!だけど、外構が良くないと台無し

平地・南向き道路・大窓リビング・最高の立地!だけど、外構が良くないと台無し平地・南向き道路・大窓リビング・最高の立地!だけど、外構が良くないと台無し

平地で南向きの道路に向かって大きい窓のリビングの間取りが取れる家は、いわゆる最高の立地だと世間では言われてますよね。

日当たりもよく開放感もあり非常に快適な住空間になると思います。

しかし、それだけではではなく、外構が良くないと台無しになってしまいます。

大きな窓で日当たりが良いということは、外からも見えやすいということになります。

逆に囲ってしまうと目隠しフェンスなどで囲ってしまうと圧迫感が出てしまったり、せっかくの大きい窓のリビングがの魅力が失われてしまったりと非常に難しい外構になります。

南向き道路の外構では、目隠しフェンスのセンスが超問われる

南向き道路の外構では、目隠しフェンスのセンスが超問われる南向き道路の外構では、目隠しフェンスのセンスが超問われる

南向き道路の外構プランでは、目隠しフェンスの商品チョイス&センスが非常に問われる内容になります。

なぜなら

  • 南道路からの視線が気になるから目隠ししたい
  • 道路から見えるお庭だから、おしゃれにしたい
  • 目隠ししたいけど、フェンスで視界を遮るのも困る

すべての要件を満たしていることが条件です。

残念ながら、どれかを一つでも欠けていくと建物本体の魅力を半減させてしまったり、使い勝手の悪いお庭・くつろぎずらいリビングになってしまいます。

なので、前面道路が南にある、お庭が南向きの場合は外構プランを考える時にはよくよく考える必要があります。

おしゃれに道路から目隠しして、外構的に映えるフェンスの具体例

そこで!

「道路から目隠しをして、かつ開放的で、見栄えの良いデザインのおしゃれフェンス」

を紹介します。

というのも、こういったリビング前や正面のファサードゾーンに向けた商品が、エクステリアメーカーさんから販売されています。

デザイン性や目隠し性などすべての要件を満たしたフェンスがあります。

三協アルミ エルファード

三協アルミ エルファード三協アルミ エルファード

https://alumi.st-grp.co.jp/products/gate/gardenscreen/elfard_w/

LIXIL プログコートフェンス

LIXIL プログコートフェンスLIXIL プログコートフェンス

https://www.lixil.co.jp/lineup/gate_fence/screen/

YKKAP ルシアススクリーン

YKKAP ルシアススクリーンYKKAP ルシアススクリーン

https://www.ykkap.co.jp/products/ex/item/series/lucias/lineup/fence/screenfence.html

意外と、縦格子は目隠し効果が高く道路からの視界はカットできる

意外と、縦格子は目隠し効果が高く道路からの視界はカットできる意外と、縦格子は目隠し効果が高く道路からの視界はカットできる

それぞれ格子が深いフェンスになっており、思った以上に目隠し効果が高いフェンスデザインです。

それぞれ格子と格子の間の間隔が絶妙なピッチになってたり、止め金具やビスが見えないようなデザインになっています。

さらに、柱がうまく隠れるようなデザインをしているので外構を美しくすることができるフェンスです。

立地条件は、最高でも、道路から目隠ししたいけど、採光が気になるし…

ハウスメーカーの外壁保証・住宅保証が足かせになってテラスを付けられない

また目隠しだけではなく、南向きの窓というのは家の中でも光を取り入れる機能を持った窓が多いハズです。

これも同じく、目隠しをしてしまうと同時に光を遮ってしまって、せっかくの窓に影が出来てしまい、家の中が暗くなってしまうということも考えられます。

めちゃくちゃハードルが上がるんですが、その辺りも考慮しながら商品のチョイス&プランニングをしないといけないのです。

ほんとに、南向き道路に面したお庭リビングのいわゆる主庭・お庭のプランというのは本当に大事なんですね。

せっかくの南向きの土地をフェンスで囲って暗くしまうのはもったいない

なのでせっかく、南向きの良土地を手に入れたのであれば、フェンスで囲ってしまったりするなんてもったいない。

できればその開放感がある南側のお庭からたっぷりと光を取り入れて、家全体を明るくして、かつ道路に面してるので外からの視線を目隠しして、さらに外構としておしゃれにしたいですよね!

まぁ、そんなワガママを言っても大丈夫です。

そういった難しい要件や希望を叶えるデザインのフェンスをメーカーさんはちゃんと開発してくれているので、ちょっとご紹介したいと思います

光を通しながら適度に目隠して外構映えができるフェンス

具体例として光を通しながら適度に目隠しして、南向きの庭向けのフェンスです。
フェンスというよりもスクリーンという名前がついているのですが、機能的なおんじですね。

三協アルミ M.グローリア

三協アルミ M.グローリア三協アルミ M.グローリア

https://alumi.st-grp.co.jp/products/gate/gardenscreen/mgrowrior/index.html

LIXIL Gスクリーン

LIXIL GスクリーンLIXIL Gスクリーン

https://www.lixil.co.jp/lineup/gate_fence/plusg/variation/screen/

 

LALAスクリーン、Gスクリーンは、それぞれデザインや組み合わせが選べます。

さらに、自由に選べるのでカタログの写真通りでなくてもOKです。

例えば一段高くするであったりパネルをの場所を変更するなどのオーダーが可能です。

どれもこれも高いけど、満足度の高い商品フェンスです

今回、紹介したフェンススクリーンは正直フェンスの部類の中でも高額の部類になります(買って欲しいですけどね!

ただ単に目隠ししたいだけであれば、今回紹介したのですスクリーンの半額ぐらいで対応が可能です。

ですが南向きに面したお庭だけでも、このおしゃれなフェンスを採用すると外構や家全体のデザインが美しく見えたり、お隣さんと違うポイントで攻めるのも私はいいと思います。

すべて、このフェンスで取り揃えようとするとものすごい金額になってしまいます。
「リビングの窓の前だけ」「目隠しのところだけ」のフェンスを採用すればそこまで全体の外構予算からすると大きくアップはしないと思います。

少し上がってしまった分、裏庭などの外構を少し削るなどで全体の調整をとれば、十分採用できるはずです。

自慢のお庭にするため、機能的なお庭ににするため、目隠しできるお庭にするため、是非こういったプランも検討も中に入れていただけると幸いです。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ