エクステリア

お問い合わせに回答する2019年9月【コンクリートと新築外構】

お問い合わせ頂いた件について答える回【2019/8】

今月も、9月に実際に来た問合せ内容とその回答実例を公開します!

流石に業界人なので、回答には自信がありますが、違う・間違えてることがあればお知らせください。

「植え込みをコンクリートにしたい」という問い合わせ

お世話になります。

概算の見積をお願いしたく、連絡しました。

玄関先にある一坪程度の植え込みを、コンクリート舗装にしたいのですが、どの程度の費用が掛かるのでしょうか。住まいは練馬区です。お手数ではございますが、何卒宜しくお願い致します。

というお問い合わせです。

ミニマリストの影響?なのか、時代の流れなのか、植栽のメンテナンスが面倒になって、コンクリート舗装にする方が増えています。

特に共働きの世代に多く、子育てや日常の生活が忙しくてお庭の手入れなどをしている暇がないと土をどんどん減らしていく、駐輪スペースを確保するなど対応するケースが多いですね。

また加齢により木々のメンテナンスが難しくなったことで花壇スペースを減らすなどの小規模な「減築」の相談も多くなりました。

私はエクステリア建材・商品の卸売りをしているので直接工事することはありませんが、だいたいの工事手間や費用については検討がつきます。

小規模な1坪程度(約3.3平米)のコンクリート化工事の予算は約6万円~7万円ぐらいが相場です。

加えて「植え込み」とあるので、生えている植栽の伐採・撤去する作業費用と伐採した木材の処分費が加算されます。

下草ばかりであれば残土やガラと一緒に処分もできるかもしれませんが、ツツジなどの木量が多い植栽種であれば処分費がちょっと高くなります。

ですが、まぁー1坪に生えることができる植物の量も品種も限られるのでだいたい1万円弱、高くても2万円前後で納まることがほとんどだと検討がつきます。

さらに練馬区という都心部は作業車両を置いておくスペースにも限りがあります。

作業車両を路駐しないためにコインパーキングの駐車場費用が加算されたり、残土・植栽の処分費用が全国相場よりも高いことが想定されます。

文面からだと、おおよそトータルの予算として10万円を見ていただけると良いと思います。

以上のことを踏まえて以下の通り回答しました。

「「

お問合せありがとうございます。

植え込みのコンクリート化工事について、項目としては植栽の撤去作業とコンクリートの打設作業で構成する工事になる見込みです。

「植え込み」については、植栽の量により伐採費・処分費が異なりますが1万円弱から立木がある場合は2万円前後になる見込みです。

次に、コンクリート舗装にかかる費用は、1平米あたり1万円前後が相場です。

ですが、5平米以下の小規模となると若干割高になる場合があります。

1坪(約3.3平米)と仮定した場合、約6万円~7万円がコンクリート工事一式の相場価格と考えます。

そのほか工事車両の駐車料金などの諸経費が発生することもありますが、トータルで10万円ぐらいの予算を考えて頂けると大丈夫かと思います。

お写真などをいただければより詳しい確認・アドバイスができるかと思いますので差支えのない範囲でご提供いただけると幸いです。

」」

ちょっとした工事ですが、コンクリートは一度設置してしまえば20年・30年と使える工事なので長い目で見ればおすすめです。

※逆に一度設置してしまうと取り壊しが大変なので、その点も事前に考えておいてくださいね。

その他、10万円の予算でできる工事内容も下記ブログで紹介しています。

予算は10万円。賢くお庭のリフォームするポイントは?【低コスト×高満足】
予算は10万円。賢くお庭のリフォームするポイントは?【低コスト×高満足】普段の生活でちょっとした困りごとがある人 「ちょっとしたことなんだけど、雨が降ると洗濯物を家の中で干さないといけなくなったり、勝手...

高齢で草むしりなどがツライ場合、コンクリート化や草むしりを外注することも視野に知れておくと良いかもしれません。

遠方のご両親には一度「外注草むしり」を使ったことありますが、コンクリート化が一番良いですね。

「高齢で草むしりがつらい」「両親にさせたくない」よし、ならば土間コンだ
「高齢で草むしりがつらい」「両親にさせたくない」よし、ならば土間コンだやっぱり、みなさんお庭の草むしりに苦労されているそうです。 https://twitter.com/nukatanodororo/st...

ハウスメーカーに依頼するのか自分たちで業者さんを探して依頼するのか

さてさて、次のお問い合わせです。

ハウスメーカーに依頼するのか自分たちで業者さんを探して依頼するのかお悩みの方からお問い合わせです。

外構の購入経験が無いので、皆さん不安に思うポイントですね

現在、新築一戸建ての契約を済ませ外構の打ち合わせをしているところです。カーポートをつけたいと考えているのですが、このまま流れでハウスメーカーに依頼するのか自分たちで業者さんを探して依頼するのか悩んでおります。ハウスメーカーに依頼した場合、結局施工は業者に依頼しているからハウスメーカーの利益も乗っかり高くなるとも聞きました。金銭面についてもですが、工事に関しての手戻り?(ハウスメーカーだと外構工事の際にカーポート用の支柱を既に施工する等)などで違いもあるのでしょうか。

まってました!と言わんばかりの質問ですね。

「「ハウスメーカーに依頼した場合、結局施工は業者に依頼しているからハウスメーカーの利益も乗っかり高くなるとも聞きました。」」

おっしゃる通りです。

業界の構造としてそうなってしまいます。

その当たりの解説は以下の記事でしてますので、まさに今打ち合わせ中という方はご覧ください。きっとコストカットの手助けになります。

ハウスメーカーの外構工事が高額になる理由
なんでハウスメーカーの外構工事が高いのか?【業界の構造】ハウスメーカーの外構の見積もりを手にした人 「え??300万円?なにこれ、桁の間違い?駐車場を作って、フェンスを立てるだけなのにこ...

以上のことを踏まえて以下の通り回答しました。

「「

お問合せ有り難うございます。

おっしゃる通り、ハウスメーカーさんに相談・依頼すれば良い外構が手に入ることは間違いありませんが、金銭面はある程度目をつぶる必要があります。

まだ外構をどこに相談・注文するか検討する時間がある場合は、早めに相見積もりを取ることを強くお勧めします。

これから内装の打ち合わせが始まり加速度的に決めないといけない量が増え、忙しくなります。

そうなってしまうと、、、外構まで余裕・思考が回らないので、そのままハウスメーカーさんで決めてしまうことになります。(内装のグレードを変えるより、金額は外構の方が高く付きますよ)

外構の相見積もりは早い方が有利です。

相談だけは無料で対応してもらえるので、余裕がある今のタイミングでの依頼をおすすめします。

また、「工事に関しての手戻り」の詳細にまで考慮されているとのこと。金額面では自分で探す外構業者さんの方が圧倒的に有利なので、今から探すことをおすすめします。

」」

今から人生で最も大きなお買い物ですね。失敗しないように、営業負けしないように、こちら側も理論武装が必要です。

私から小ネタですが、さらに、カーポートの施工費を削減するためのコツをご提供させていただきます。

さらに、カーポートの施工費を削減するためのコツ

もし、土間コンクリート工事とカーポート業者さんが別になる場合は、工事に関しての手戻りを少なくする方法があります。

カーポートの柱を立てるための穴あけ工事(ハツリ工事)を土間を打つタイミングで事前い空けてもらうことです。

業界用語で「箱抜き(ハコヌキ)」と呼びます。

土間コンクリートを駐車場に打つ際に、あらかじめカーポートの柱位置のみコンクリートを打たず土の状態にしておくことです。

そうするとカーポートを立てる時に、穴あけ工事(ハツリ工事)が不要になり工事手間費用を削減できます。

1穴あたり3,000円ぐらいが相場の作業費になりますが、1台用のカーポート場合は6,000円(柱2本分)、2台用のカーポートの場合は12,000円(柱4本分)の費用削減に相当します。

打ち合わせのコツ次第で1万円も浮きますよ!

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ