フェンス

今あるフェンスの高さを延長したいという人【目隠しフェンス】

今あるフェンスの高さを延長したいという人【目隠しフェンス】

今あるフェンスの高さを延長したいという人

「今あるフェンスの柱を利用して、もっと背の高い目隠しフェンスを付けられますか?いまあるフェンスがあるので、もったいないし、せっかくそれを壊さずにそのまま使いたい。」

←残念ながら、フェンスを支える柱の強度の観点から推奨ができません。

普段は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マンをしています

どうも、庭ファン(@spring_bd)と申します。

私はフェンスやフェンス用のブロック・スクリーンなどのエクステリア専門店に商品を卸す商社で10年以上の実務経験があります。

プロに商品を卸すプロとして商品の提案や、設計なども携わり現場にも経験し、メーカーの商品開発も一部携わったことがあり、商品についてカナリ詳しいと思います。

今日は、「既存のフェンスを利用して高さを延長してほしい」という要望に対して、基本プランとしてよく提案する多段支柱・ロング柱を使ったフェンスの設置方法のご紹介です。

\フェンス・外柵工事の優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

今あるフェンスの高さを延長したいという人

既存メッシュフェンスに柱を延長して目隠しフェンス既存メッシュフェンスに柱を延長して目隠しフェンス

今あるフェンスの柱に継ぎ足して高さを長くしたいという要望をよくいただきます。

特に建売住宅を購入した場合は、メッシュフェンスで囲われていることが多くあります。

理由は、建築費用を抑えるため安いのフェンスで仕上げる必要があるためです。

例えば、隣家の窓がある部分だけども、玄関前の部分的にでも目隠しは欲しいですよね。

今、フェンスがあるから高さを延長してくれれば大丈夫

「台風なんて心配しなくて、高さを延長してくれれば大丈夫だよ」「台風なんて心配しなくて、高さを延長してくれれば大丈夫だよ」

「今、フェンスがあるから高さを延長してくれれば大丈夫だよ」とよく言われたり、思うこともあるのですが、それはちょっとできないオーダーですね。

残念ではありますが、今あるメッシュフェンスなどのフェンスの柱を利用してその上に目隠しのフェンスを取り付けるという工事は不可能です。

フェンスの強度的に難しく、倒壊の危険が伴うからです。

フェンスの柱は、高さに応じた強度で設計されています。

  • 60cmフェンスには、60cm用の柱。
  • 80cmフェンスには、80cm用の柱。

というように対応する決まっています。

今ある60cmのフェンスにプラスして設置することは台風の時などに破損する危険性もあり、控えていただきたい施工方法です。

そんなときに私が提案する設置方法は2つです。

今のフェンスを一度取り外し、柱ごと新しくとりつける

ブロックごと取り換える設置方法道路から目線が隠せるぐらいまでの高さにリフォーム

いわゆる「フルリフォーム式」の設置方法です。

こちらの場合は、あまり推奨できませんが、一旦フェンスをすべて解体・撤去してしまい新たにフェンスを新設する方法です。

既存のフェンスパネルだけは流用ができる可能性がありますが、ブロック・柱は流用が難しいことが多いです。

綺麗にガーデンリフォームができるためおススメです。

ですが、一度あるものを解体処分をするため工期と費用がかかるのがデメリットです。

今あるフェンスはそのままにして敷地側に背の高いフェンスを取り付ける

ライシスフェンス11型 多段支柱(パネル2段)ライシスフェンス11型 多段支柱(パネル2段)[出典:エクスショップ]

こちらが「部分リフォーム式」の設置方法です。

一般的にも広く比較的採用さている方式です。

敷地側・内側に穴を掘り独立基礎で背の高いフェンスを設置します。

その背の高い柱に対して目隠しフェンスを取り付けます。

そうすることで、既存のフェンスを触ることなく、設置ができます。

前者にくらべ、コストも工期も抑えられるメリットがありますが、敷地の内側にフェンス柱が立つため狭くなってしまうデメリットもあります

生活動線や敷地状況により全部取り替えのほうがいい、というケースもあります。

こればっかりは現地をプロに確認させて頂かないと決められないですね。

\フェンス・外柵工事の優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

目隠しフェンスの設置相談はネットでもできます。

フェンスを高くしてお隣からの目隠しについて検索したあなたのように業者さんはネットでも検索できます。

フェンスや目隠しなどが得意なリフォーム会社を探すには、一括で相談できる外構業者さんが便利です。

自分が住んでいる地域でガーデンリフォームを得意としているリフォーム会社を知りたい場合は、リフォーム会社紹介サービスを使うと良いですよ。

「目隠しフェンスの設置を依頼する業者さんについて調べてみたけど、どの会社が本当に信頼できるか分からない」

「引っ越してきたばかりで、家の周りもよくわからないし。ヨソの人をせっかく建てた新築の家に何度も上がってきて欲しくない。」

「ホームセンターにフェンスの展示品を見に行ったけども、満足いく商品紹介や接客を受けられなかった。。。」

そんな方は、ぜひ簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

立地条件や目線の高さから考慮すると目隠しフェンスではない解決方法を提案いただける場合もあります。

過去実績や事例などを見せてもらいながら納得のプランを提案してもらってください。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

一生のうちに目隠しフェンスや外構のリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。

ぜひ後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に複数業者に依頼をしましょう。

技術を持った、安心できる業者さんを見分けられる自信ありますか?

もし、即答で「はい!自信あります!」と答えられない場合は、全国の優良業者ばかりをあつめたタウンライフリフォームサイトが便利です。

こちらは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。

そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみがサイト上でフィルタリングされている状態です。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

だからタウンライフリフォームさんを私はオススメしてます。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

さらにいまなら、毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえます。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

しかもタウンライフリフォームに相談すれば相談したい会社1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで(外構業者さんには内緒で)紹介してもらえます

一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

依頼先の会社名は匿名ではなくちゃんと社名が出る

しかも、タウンライフリフォームでは外構・エクステリアが対応できる会社名は匿名ではなく、ちゃんと出ます

よくあるマッチングサイトでは一括依頼で複数社にまとめて情報が行く仕組みになっており、依頼者はどこに依頼したかわからいこともあります。

気がつけば、着信が数十件残っている経験ありませんか?

私は、車の下取りでやられました。。。

仕事終わったあと携帯を見ると複数番号から着信が数十件あり、どこの会社からか、何のないようなのか留守電もなく、その後もしつこく着信がありつづけて恐ろしい思いもしました。

そういった意味ではタウンライフリフォームでは事前に依頼先を自分で選定できるので、そういった心配もありません。

事前にその会社のPR文もあるので事前にサーチも可能ですね。

自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみる。

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ