物置

物置の下は土間コンクリートにするべきか?ブロックで良いのか?【DIY】

物置の基礎は、土間コンクリートのほうがいい?ブロックだけでいい?と疑問に思っている人

「「工務店さんから物置の見積もりをもらったけど、基礎のコンクリート費用が加算されてておもっていた予算、ホームセンターさんでチラシでみた価格とずいぶん違う。えらく高くなっているけど、この基礎費用って必要なの?専門家にいわれたから・・・必要なんだろうけど、あまりにも高いからちょっと迷っている。物置の基礎は、土間コンクリートのほうがいい?ブロックだけでいい?どうなの?」」

←私の経験則から基礎の使い分け基準を解説します。

土間コンクリート?ブロック?物置の基礎の使い分け基準

土間コンクリート?ブロック?物置の基礎の使い分け基準

はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

私は、元・外構エクステリアの卸売をしている業者に勤めていた商社マン、外構の専門家です。

2020年2月よりYouTubeでも情報配信しており、100万回以上再生されている動画もあり、トータルの再生数は600万回を超え、チャンネル登録者数は3.2万人超になりました。

このページでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報を秘訣やコストカット術などを、無料で配信しています

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物なので失敗・後悔してほしくないという思いから、外構プランや商品選定のノウハウを惜しみなく詰め込んだ書籍も出版させていただきました。

≫著書をamazonで読んでみる

このブログの情報でお庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てるはずです!

私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。

今日も今の勉強をしていきたいと思います。

今日のテーマは物置です。

「物置の下は土のままでいいのか?土間コンクリートにしたほうがいいのか?」

を、悩んでいる方に向けて、私の意思決定の基準と意見を紹介させていただきます。

このブログでは、物置を長持ちさせるコツというのが分かります。

知っている知らないかでの物置の寿命が変わりますので、検討中って方は是非ご確認ください。

先日、私はこういったツイートしました。

 

✅豆知識というか、私の経験則

「物置の基礎」について、設置予定の場所

・北の方角にあってずっと湿っている場所
・苔がめちゃくちゃ生える場所
・ジャンプして足が沈むぐらいふわふわ

であれば、土間コンクリート基礎推奨します

日の当たる場所ならブロック基礎で十分です

#物置
#屋外収納

こちらを深掘りしながら、物置の基礎について解説します。

まず、前半では物置の基礎ブロックが必要な理由について、解説します。

そして後半では。私ならどういった意思決定基準でブロック基礎orコンクリート基礎にするのか、判断基準についてお話しします。

まず物置には、なぜ基礎ブロックが必要なのか

まず物置には、なぜ基礎ブロックが必要なのか。

その理由をお話しします。

まず物置には、なぜ基礎ブロックが必要なのか

使用するブロックはこの写真のような一般的なコンクリートブロックです。

一般的な物置はこのような形でブロックの上に置いて設置するのが普通です。

物置を地面に直置きすると地面との隙間がなくなって湿気がたまりやすくなります。

そして、通気の隙間がないのでその湿気・水分が抜けなくなります。

結果的に物置はスチール製・鉄製なので、その湿気水分で物置が錆びてしまいます。

本体は塗装されているのである程度、サビには強いんですけども、直接地面に触れることではジャリなどで傷が入ってそこから先が進んでしまうことがあります。

結果的に物置の寿命が縮まってしまうので、ブロック基礎を推奨しています。

まず物置には、なぜ基礎ブロックが必要なのか

そしてもう一つの理由は、沈み込み対策です。

物置をそのまま地面に置くと、重さが分散せず一部に集中してしまうことで、自重により沈み込んで、水平が保てなくなります。

そうすると、物置にひずみができて、最悪の場合は内部に水が浸入してしまい中のものを腐らせてしまったり、結果、またサビにつながって寿命を縮めることになります。

なので、ブロックで底上げしておくことが重要です。

家の構造も同じように湿気から逃げるため基礎で底上げしてますね。

物置のコンクリート基礎かどうか迷っている

ブロック基礎ではなくコンクリート基礎かどうか迷っているという方だへ私が過去クレームから経験した基礎の使い分けの基準をご紹介したいと思います。

何もなければ、物置基礎はコンクリートブロックを使うことをお勧めします。

え、何でですか?

なぜなら安いから!

「コンクリート基礎の方がいいですよ~」と現場調査のタイミングでハウスメーカーさん・工務店の担当の方に言われて、迷っているという人。

土間を打つと、少なく見積もっても1平米あたり3万円から4万えんとコストがかかります。

お安くしたいと思っている人はできれば取りたくない工事方法です。

だから、調べてるのだと思いますが、物置の基礎をコンクリートにする必要があるパターンを3つ紹介します。

私は今日あげた事例以外は、ブロックでも問題ないと考えています。

\まずは、外構・エクステリアの優良業社を検索から
≫見積相談・資料請求に進む
※見積は何度でも無料です。

物置の基礎はコンクリートにすべき場所、3選

1.北側にあって陽が入らない、湿ってる

1.北側にあって陽が入らない、湿ってる→コンクリート推奨

北の方角にあるというのは常に陰になってしまう関係で雨が降った後、水がなかなか引きにくいんですよね。

そうすると物置のブロックがズンズンと沈んでしまうことがあるので、ブロック基礎ではなく土間コンクリート基礎を推奨する場合があります。

ただずっとぬかるんでるような状態になる場所に限りますのでは、北側でもそんなに雨水が入らない湿気が溜まってない、場所であればブロックで十分です。

2.苔が生えて、建物にも付着している

2.苔が生えて、建物にも付着している→コンクリート推奨

次に、苔が生えている場所ですね。

ナメクジ・カタツムリが居るところも要注意です。

これはさっきの水分と連動する部分があるんですけども、水分がずっと残っている、陽が当たりにくいとコケが生えやすくなります。

現場調査で訪問するときには、物置の設置予定場所の湿気具合とかっていうのは、すぐ分からない場合が多いです。

ですけど、苔がめっちゃ生えてる場合は、ブロック基礎は控えてもらった方がいいかなと個人的には思います。

3.ジャンプして足が沈む、ふわふわ地面

3.ジャンプして足が沈む、ふわふわ地面→コンクリート推奨

最後に、地面が比較的柔らかいという場所ですね。

よくあるパターンが、芝生を剥がして設置するパターンです。

芝生の根はそこまで深くは入らないのですが、剥がしたあともふわふわしてしまいます。

なので沈み込みがある程度されるので、ここに大きな物置を気をつける場合は、私は土間コンクリートを推奨します。

比較的小さめのサイズ(2平米以下のもの)をつける場合は特に気にしなくてもいいかなと思います。

幅2m×奥行1m以下の、2平米未満のサイズはブロック

DIYする場合にも、ぜひ参考指標にしてもらいたいのですが、小さなサイズはそこまでシビアに気にしなくても問題ないです。

目安として、幅2m×奥行1m以下の、2平米未満のサイズです。

土間をするのはメチャ大変です。自重や形状を考えて、ブロックでも問題ないラインですね。

DIYで物置をするなら土間コンの厚みは5cm〜6cmでも大丈夫

物置で比較できる DIY やりやすい商品なんですけども、土間コンクリートまでやるってなるとちょっと大変かなと思います。

あのDIYで、土間基礎までやるという場合は比較的浅くでも大丈夫です。

バイクが乗らなければ5センチから6センチぐらいの厚みでも十分耐えます。

その辺りも参考にしながら DIY してもらえたらと思います。

組み立てをプロに任せるのも保証付き で、おすすめですね。

まとめ)物置の基礎は、土間コンクリートのほうがいい?ブロックだけでいい?

(まとめ)物置の基礎は、土間コンクリートのほうがいい?ブロックだけでいい?

物置の基礎をブロックしたりするのか、土間コンクリート基礎にするのか、迷っている方はぜひ、次のことを参考にしてください。

まず基礎ブロックは、物置を長持ちさせるために基礎ブロックは必須になります。

そして土間コンクリートにするのかブロック基礎にするのかの判断基準としては3つ。

「北の方角に面しているのかどうか」

「すごくいっぱいコケが生えているのかどうか」

「ジャンプしてふわふわになって沈まないか」

というのがポイントになります。

DIYで土間コンクリートをやるならば、車が乗るほどの強度は要ないので5~6cmの厚みで十分な強度がありますので参考にしてください。

これから、新生活が始まり屋外の収納を検討される方が多いかと思います。

専門の業者さんから「土間コンクリートにした方がいいよ」と言われた場合、何でそう判断したのかをヒアリングしてもらえると良いかなと思います。

私と判断基準とは違うかもしれないですけども、それぞれ理由があると思います。

言われたままに契約するのではなく、詳細を確認して、自分の考え方・予算とマッチする方を選択するのが賢いもらえるといいかなと思います。(面倒ですけどねw

物置を買おう!と検討中の人にお得な情報です!

今から、物置の購入先を探そうとしているあなたに。

朗報です!

そんな方は、工事付きで物置を購入できるサイトがありますので、ぜひご利用ください。

実は、「LIXIL公式サイト」で、物置がお得!

物置買うならLIXILオンライン物置買うならLIXILオンライン

 

お悩みワンコ
お悩みワンコ
なんでLIXILが物置やねーん! 

庭ファン
庭ファン
ツッコミどころがありますがしっかりと、しっかりとした運営会社、レビューもあります。

LIXILが物置やねーんとツッコミどころがありますね。

しかし、しっかりとお客様もレビュー公開され、施工実績も多数あります。

▼LIXIL 公式オンラインショップ 物置 お客様の声/実例紹介
https://www.lixil-online.com/garden-diy/storage/customer-voice/

ちなみに、LIXILさんは、業界シェアNo.1の住宅設備最大手企業ですよ。

自宅のお風呂・トイレ・キッチン・洗面台・玄関ドア・サッシ・フェンスなどなど。。。LIXILなしでは家が建てれないレベルです。

その中のエクステリア商品の業界シェアもNo.1で、エクステリア工事業者さんとのお付き合い・つながりも深いため、物置商品を販売していても、全くおかしくは有りません。

上場している最大手のメーカーのLIXIL社が運営しているため安心感が違いますね。

ホームセンターで買うとの何が違うの?

おいてある物置は、ネットも店舗も同じ商品ですおいてある物置は、ネットも店舗も同じ商品です
お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、ホームセンターで物置を買うのと何が違うの?

庭ファン
庭ファン
大きくは変わりませんが、微妙にネットのほうが安いんですw 

最近は、ネットショップでも物置が全国工事付きで買えるようになりました。

物置の値段は全国どこでもほぼ統一価格で、ホームセンターでも街の外構屋さんに頼んでも、そこまで変わりません。

端数計算が切り捨て処理をされていることもあり、税計算や細かな計算をしていくと微妙にネットのほうが安いです。

現物を見れないデメリットもあります

ネットで工事付きで物置は買えます。

物置は、ホームセンターさんでも展示販売されてますね。

残念ながらネットショップの弱点は、「現物が見れないこと」です。

しかし、ホームセンターの店員さんはパートやアルバイトで専門知識を持った方がいないこともありますし、パンフレットしかくれなかったり、商品の説明をできない人もチラホラ。

逆に、ネットの方がレビューや商品ラインナップも、扉の部分のサイズや、内寸のサイズ情報も充実してるケースも多いです。

LIXIL公式オンラインショップでは、全メーカー商品&細かなオプションも選べて便利で、スマホ一つで通勤中でも手軽に確認ができます。

ホームセンターでは敷地の問題で展示に限りがあり見たい商品が無かったりしますが、ネットショップでは敷地に限りはなく全商品から選べます。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
店舗では、詳しい情報は載ってないし、オプションがあるのも知らなかった 

庭ファン
庭ファン
服選びも、ネットでモデルさんが着ている姿を見る方が、イメージしやすいですしね!

またオプションとして、「追加の棚」や「明かり取りの小窓」などののオプションも選べるので、ネットショップのほうが親切&便利ですね。

DIYで物置を購入する時もネット経由のほうがラク

物置をDIYで組み立てる場合も、ネットで買えば家まで材料を運んでくれますよ。

物置工事の半日は資材運びで終わってしまうこともあるぐらい、物置は重力物で重いのですよ。(普段から納品している身としては、そのつらさはよくわかります)

物置を検討している方へ、業者選びが面倒で大変だと思います。

小型の収納庫や物置はホームセンターでも売ってますが少し大きめのサイズとなるとなかなかDIYは難しいもの。

基礎工事が必要な場合はなおさらで、プロにお任せするのも一つの手段です。

そして、物置を全国展開しているリフォーム会社は住宅設備メーカー最大手のLIXIL社が運営するLIXILオンラインが便利です。

>>LIXIL公式ショップ「LIXILオンライン」

お悩みワンコ
お悩みワンコ
ホームセンターで満足な接客を受けれなかったり、欲しいぴったりサイズや商品が置いてなかった人には便利! 

庭ファン
庭ファン
安心してください。受付スタッフも業界に精通したプロです。

すべて無料で価格確認&比較検討ができるサイトなので、ぜひご利用ください。

また、中央一括管理のため、展示場の運営費などのコストもカットされ、正直、ネットで物置を販売するのはとても合理的な販売方法です。

住宅設備・エクステリアを知り尽くしたLIXIL社が販売しているため、安心感が違います。

基本、メール・電話でのやり取りになりますが、例えば「棚板一枚オマケしてほしい」「転倒防止工事をサービスしてほしい」など交渉の余地はありますね。

一生のうちに物置の設置やお庭のリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。

後悔しない、失敗しない物置を設置するために、依頼先は賢く選んでこっそり得をしましょ。

 

物置買うならLIXILオンライン

>>LIXIL公式ショップ「LIXILオンライン」

「LIXIL公式サイト」で、物置がお得!

端数計算が切り捨て処理をされていることもあり、税計算や細かな計算をしていくとネットのほうが安いです。

物置かうならLIXILオンライン物置かうならLIXILオンライン

レビューや商品ラインナップも、扉の部分のサイズや、内寸のサイズ情報も充実し、比較検討には最適なサイトです。

スマホ・PCの画面で、いつでも、どこでも非対面で、その場でパッと無料で確認できます。

上場している最大手のメーカーのLIXIL社が運営しているため安心感が違います。

>>物置を工事付きでネットで買うならLIXILオンラインへ