物置

物置の下は土間コンクリートにするべきか?ブロックで良いのか?【DIY】

物置の基礎は、土間コンクリートのほうがいい?ブロックだけでいい?と疑問に思っている人

「「工務店さんから物置の見積もりをもらったけど、基礎のコンクリート費用が加算されてておもっていた予算、ホームセンターさんでチラシでみた価格とずいぶん違う。えらく高くなっているけど、この基礎費用って必要なの?専門家にいわれたから・・・必要なんだろうけど、あまりにも高いからちょっと迷っている。物置の基礎は、土間コンクリートのほうがいい?ブロックだけでいい?どうなの?」」

←私の経験則から基礎の使い分け基準を解説します。

土間コンクリート?ブロック?物置の基礎の使い分け基準

土間コンクリート?ブロック?物置の基礎の使い分け基準

はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

元・外構エクステリア販売の商社マンでした。

日本全国のありとあらゆる外構資材・エクステリア商品を集め、プロの業者向にも販売している年商100億を超える会社で、資材調達の責任者バイヤーをやっていました。

YouTubeでも情報配信し、トータルの再生数は2,050万回を超え、チャンネル登録者数は7.7万人超になりました。

このサイトでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報やコストカットの秘訣などを、無料で配信しています

また、外構プランや商品選定のノウハウを惜しみなく詰め込んだ書籍も出版しました。

≫著書をamazonで立ち読みできます!

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物です。

絶対に、失敗・後悔してほしくないという私の思いが伝わることを願いながら、お庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てると嬉しいです。

本気で外構について考えたい人は、≫無料メルマガがおすすめです。

私の集大成であるノウハウを【超短期の1週間メルマガ集中講座】に、凝縮してお届けします。

メルマガ登録者限定のプレゼント企画もあります!

≫(無料)登録者プレゼントをもらう!

また、私の詳しい経歴を知りたい方は、≫わたしのプロフィールをご参照ください。

 



※無料で「庭ファン」に直接、外構・エクステリアの相談できます。

「相談してみたい…」「ちょっと困っていることがある」「価格が相場通りか心配…」という方は、下記リンクからお見積り相談を申し込みの上、庭ファンまでご連絡ください。

(無料)優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※庭ファンがフォローアップします

その家、その家にあった最適解の外構を、わたしも一緒に考えて、素敵なお庭づくりができるように、知恵と経験を提供します!

簡単にお答えできる内容なら庭ファンLINEでもお答えしています。

質問がある方はLINEまでお知らせください。

≫庭ファンと、LINEでお友達になる!

今日も今の勉強をしていきたいと思います。

今日のテーマは物置です。

「物置の下は土のままでいいのか?土間コンクリートにしたほうがいいのか?」

を、悩んでいる方に向けて、私の意思決定の基準と意見を紹介させていただきます。

このブログでは、物置を長持ちさせるコツというのが分かります。

知っている知らないかでの物置の寿命が変わりますので、検討中って方は是非ご確認ください。

先日、私はこういったツイートしました。

 

✅豆知識というか、私の経験則

「物置の基礎」について、設置予定の場所

・北の方角にあってずっと湿っている場所
・苔がめちゃくちゃ生える場所
・ジャンプして足が沈むぐらいふわふわ

であれば、土間コンクリート基礎推奨します

日の当たる場所ならブロック基礎で十分です

#物置
#屋外収納

こちらを深掘りしながら、物置の基礎について解説します。

まず、前半では物置の基礎ブロックが必要な理由について、解説します。

そして後半では。私ならどういった意思決定基準でブロック基礎orコンクリート基礎にするのか、判断基準についてお話しします。

まず物置には、なぜ基礎ブロックが必要なのか

まず物置には、なぜ基礎ブロックが必要なのか。

その理由をお話しします。

まず物置には、なぜ基礎ブロックが必要なのか

使用するブロックはこの写真のような一般的なコンクリートブロックです。

一般的な物置はこのような形でブロックの上に置いて設置するのが普通です。

物置を地面に直置きすると地面との隙間がなくなって湿気がたまりやすくなります。

そして、通気の隙間がないのでその湿気・水分が抜けなくなります。

結果的に物置はスチール製・鉄製なので、その湿気水分で物置が錆びてしまいます。

本体は塗装されているのである程度、サビには強いんですけども、直接地面に触れることではジャリなどで傷が入ってそこから先が進んでしまうことがあります。

結果的に物置の寿命が縮まってしまうので、ブロック基礎を推奨しています。

まず物置には、なぜ基礎ブロックが必要なのか

そしてもう一つの理由は、沈み込み対策です。

物置をそのまま地面に置くと、重さが分散せず一部に集中してしまうことで、自重により沈み込んで、水平が保てなくなります。

そうすると、物置にひずみができて、最悪の場合は内部に水が浸入してしまい中のものを腐らせてしまったり、結果、またサビにつながって寿命を縮めることになります。

なので、ブロックで底上げしておくことが重要です。

家の構造も同じように湿気から逃げるため基礎で底上げしてますね。

物置のコンクリート基礎かどうか迷っている

ブロック基礎ではなくコンクリート基礎かどうか迷っているという方だへ私が過去クレームから経験した基礎の使い分けの基準をご紹介したいと思います。

何もなければ、物置基礎はコンクリートブロックを使うことをお勧めします。

え、何でですか?

なぜなら安いから!

「コンクリート基礎の方がいいですよ~」と現場調査のタイミングでハウスメーカーさん・工務店の担当の方に言われて、迷っているという人。

土間を打つと、少なく見積もっても1平米あたり3万円から4万えんとコストがかかります。

お安くしたいと思っている人はできれば取りたくない工事方法です。

だから、調べてるのだと思いますが、物置の基礎をコンクリートにする必要があるパターンを3つ紹介します。

私は今日あげた事例以外は、ブロックでも問題ないと考えています。

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※見積は何度でも無料です。

物置の基礎はコンクリートにすべき場所、3選

1.北側にあって陽が入らない、湿ってる

1.北側にあって陽が入らない、湿ってる→コンクリート推奨

北の方角にあるというのは常に陰になってしまう関係で雨が降った後、水がなかなか引きにくいんですよね。

そうすると物置のブロックがズンズンと沈んでしまうことがあるので、ブロック基礎ではなく土間コンクリート基礎を推奨する場合があります。

ただずっとぬかるんでるような状態になる場所に限りますのでは、北側でもそんなに雨水が入らない湿気が溜まってない、場所であればブロックで十分です。

2.苔が生えて、建物にも付着している

2.苔が生えて、建物にも付着している→コンクリート推奨

次に、苔が生えている場所ですね。

ナメクジ・カタツムリが居るところも要注意です。

これはさっきの水分と連動する部分があるんですけども、水分がずっと残っている、陽が当たりにくいとコケが生えやすくなります。

現場調査で訪問するときには、物置の設置予定場所の湿気具合とかっていうのは、すぐ分からない場合が多いです。

ですけど、苔がめっちゃ生えてる場合は、ブロック基礎は控えてもらった方がいいかなと個人的には思います。

3.ジャンプして足が沈む、ふわふわ地面

3.ジャンプして足が沈む、ふわふわ地面→コンクリート推奨

最後に、地面が比較的柔らかいという場所ですね。

よくあるパターンが、芝生を剥がして設置するパターンです。

芝生の根はそこまで深くは入らないのですが、剥がしたあともふわふわしてしまいます。

なので沈み込みがある程度されるので、ここに大きな物置を気をつける場合は、私は土間コンクリートを推奨します。

比較的小さめのサイズ(2平米以下のもの)をつける場合は特に気にしなくてもいいかなと思います。

幅2m×奥行1m以下の、2平米未満のサイズはブロック

DIYする場合にも、ぜひ参考指標にしてもらいたいのですが、小さなサイズはそこまでシビアに気にしなくても問題ないです。

目安として、幅2m×奥行1m以下の、2平米未満のサイズです。

土間をするのはメチャ大変です。自重や形状を考えて、ブロックでも問題ないラインですね。

DIYで物置をするなら土間コンの厚みは5cm〜6cmでも大丈夫

物置で比較できる DIY やりやすい商品なんですけども、土間コンクリートまでやるってなるとちょっと大変かなと思います。

あのDIYで、土間基礎までやるという場合は比較的浅くでも大丈夫です。

バイクが乗らなければ5センチから6センチぐらいの厚みでも十分耐えます。

その辺りも参考にしながら DIY してもらえたらと思います。

組み立てをプロに任せるのも保証付きで、おすすめですね。

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※見積は何度でも無料です。

まとめ)物置の基礎は、土間コンクリートのほうがいい?ブロックだけでいい?

(まとめ)物置の基礎は、土間コンクリートのほうがいい?ブロックだけでいい?

物置の基礎をブロックしたりするのか、土間コンクリート基礎にするのか、迷っている方はぜひ、次のことを参考にしてください。

まず基礎ブロックは、物置を長持ちさせるために基礎ブロックは必須になります。

そして土間コンクリートにするのかブロック基礎にするのかの判断基準としては3つ。

「北の方角に面しているのかどうか」

「すごくいっぱいコケが生えているのかどうか」

「ジャンプしてふわふわになって沈まないか」

というのがポイントになります。

DIYで土間コンクリートをやるならば、車が乗るほどの強度は要ないので5~6cmの厚みで十分な強度がありますので参考にしてください。

これから、新生活が始まり屋外の収納を検討される方が多いかと思います。

専門の業者さんから「土間コンクリートにした方がいいよ」と言われた場合、何でそう判断したのかをヒアリングしてもらえると良いかなと思います。

私と判断基準とは違うかもしれないですけども、それぞれ理由があると思います。

言われたままに契約するのではなく、詳細を確認して、自分の考え方・予算とマッチする方を選択するのが賢いもらえるといいかなと思います。(面倒ですけどねw

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※見積は何度でも無料です。

無料かつ効率的に、見積もり金額を下げるテクニック

外構・エクステリア商品は人生でも、購入することもほとんどありません。

しかも、普段意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないですよね。

そんなあなたに最強のテクニックをご紹介します。(乱用厳禁です。

実は、テクニックは簡単です。


≫ほしい商品/したい工事が決まっている場合

「「○○(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」
「「○○(工事名)の過去実績はありますか?」」


≫ほしい商品/したい工事が決まってない場合

「「○○(カーポートなど)で一番安くできる商品は、いくらぐらいで、何%OFFですか?」」
「「○○(工事個所・手法など)の普段対応されていますか?」」


と、複数の業者さんに問い合わせてください。

この質問を投げかけて比較見積もりをすることが≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と思っています。

いやらしい話、メーカーさんから出荷された商品はどこで買っても、品質は同じです。

そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒だという方は、無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

≫(無料)外構相談比較ランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

一生のうちに外構やエクステリアを購入することは2回・3回と経験するもではないですよね。

だからこそ、後悔してしまわないように、価格を安くするだけではなく、失敗しない外構にするためにも、依頼する会社選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼を私は強くオススメしています。

先ほど紹介した外構相談比較ランキングのサイトは、業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

定期的に見直しが図られているので、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

サイトを見ていただけるとわかると思いますが、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、今まさに家づくりをしている方の「新築外構」にも対応しています。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけでたった1分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要である商品の検討&プランの検討に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになりますよ。

そうすることで成功に近づき、外構で失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、まだ依頼するかどうかも決めてないのに、相談していいの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です。安心してください、実際見積もりがないと判断ができないですし、見積り依頼したら注文しないといけないわけではないですよ。

「注文できるかどうか、まだわからなくて・・・」と言ってもらえれば大丈夫です。懇切丁寧に相談に乗ってもらえます。

また事前に要望を出すことで、その工事を得意な業者さんを紹介してもらえます。

庭ファン
庭ファン
新築は、備考欄に「新築外構」と入れてもらえればOKです!

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「プランの精度が高くなる」「価格が安くなる」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え?!チラシを見ると買った商品よりも5%も安い・・・知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートやフェンスなどは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

≫(無料)外構相談比較ランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

もちろん、新築の外構もバッチリ対応しているので、新築外構の方も気軽に申し込んで下さいね。

ささっと、今、外構についての要望が頭に残っているうちに、一緒にやっておくと楽に終わります!

 

 

追伸です。

外構相談比較ランキングのページの最後に、お得なフォローアップキャンペーンについて紹介しています。

カンタンな条件を満たしていただければ、私が、「価格のチェック」&「プランの精査」をいたします。

外構の値段を下げる自信はありますし、値段を下げなかったケースはほとんどありませんので、有料級のサービスかと思います。

最後までご覧いただいた、あなたへお礼のプレゼントです。

詳細は、コチラの≫外構相談比較ランキングの下部を参照してみてください。

最後までご覧いただきまして有難うございました!

 

外構・エクステリアを検討される方必見ですよ!

外構工事・エクステリアは、家を建てていている途中、お引越し後の超忙しいときに、検討することの多いです。

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

では、ないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

 

さらに、に相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

また、注文をするにはリスクは伴いますが、見積もりまではノーリスクですよ。

しっかりと下調べする人が失敗しないので今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しないというのはもったいないですね!

≫(無料)外構相談比較ランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう