フェンス

レンガ積み部分にはフェンスは付けれない

レンガ積み部分にはフェンスは付けれない

レンガブロック部分にフェンスを取り付けたい人

「家のお庭のレンガ部分にフェンスを取り付けたい。隣家との境界ではないんだけどフェンスを取り付けたいな。ちょっとおしゃれな感じのフェンスで家の植木ともマッチした感じのお庭にしたい。どこに相談したらいいのかな?」

←「どこに相談」の前に、レンガにフェンスはNGの組み合わせです。

私は、エクステリア専門商社で働く営業マンです

私は、外構業者さんや造園業者さんなどのエクステリア工事事業者へ商品を卸すいわゆるエクステリア問屋で働く営業マンをやってます。

フェンスはエクステリア市場でも最もシェアが多く、広く普及しているカテゴリの商品です。

どの家にも必ず境界フェンスとして設置され、公共施設などにも必ず設置されるエクステリアとして売上・市場規模も最も大きいエクステリア商品なんです

そして、こんなツイートをしました。

 

エクステリアの豆知識

レンガ積み部分にはフェンスは付けれない

レンガは塀ではなくて、化粧材

どうしても立てたい場合は、後ろに控えて独立基礎で

「見た目はレンガで、中身はコンクリートブロック」という特殊なブロックもあります

これからフェンス建てリフォームをされる方はご注意を

大阪北部地震から1年が経ちフェンスの施工方法について議論がよくされるようになりました。

もう一つで私から注意していただきたいなと思う点があったので、ブログに書きとめることにします。

レンガ積みをされている花壇の土にフェンスなどに設置される方がいらっしゃるのですが、実はフェンスはレンガの上には設置できません。

>>見積相談・資料請求する

レンガ積み部分にはフェンスは付けれない

レンガ積み部分にはフェンスは付けれない

レンガはフェンスのように中に鉄の棒ですね主筋が入るような構造になっていない為、本当に石を積んでるだけになります。

花壇などの20cm~30cmぐらいの高さであれば、強度的にも特に問題はありません。

フェンスを取り付けると高さが、さらに風の影響を受ける高さになると主筋が入っていないレンガブロックは脆く非常に危険です。

レンガは塀ではなくて、化粧材です。

レンガは塀ではなくて、化粧材です。

レンガは組積造に支える構造体ではなく、あくまで表面をきれいに見せる化粧材です。

強度が必要なフェンスの基礎部分にはレンガは使用できません。

横浜の赤レンガ倉庫などありますがやはり問題があり補強をしているところもあります。

美観部分はレンガのまま残していますが、中の構造体はすでに補強がされているところが多く、あります昔はそれで良かったのですが、昨今の建築基準法では建築物として認められない構造体になります。

 

どうしても立てたい場合は、後ろに控えて独立基礎で

どうしても立てたい場合は、後ろに控えて独立基礎で

どうしてもレンガブロックの所にフェンスを建てたいという場合は、後ろに柱をつけて独立基礎で設置する方法があります。

写真のようにレンガブロックの上ではなくて、少し引いたところに基礎石を置いてそこに柱を立てます。

それぞれ独立になりますので、強度の面も問題ありません。

「どうしても」という場合はこういった形の施工方法が正解になります。

「見た目はレンガで、中身はコンクリートブロック」という特殊なブロックもあります

「見た目はレンガで、中身はコンクリートブロック」という特殊なブロックもあります

とはいえブロックで風合いを生かしたままは設置したいという方いらっしゃるかと思います。

最近では、ユニソンさんやマチダさんなどの大手ブロックメーカーからレンガ調のブロックが販売されています。

見た目はレンガにのように見えますが構造としては、コンクリートブロックと同じものになりますので、少し値段は高くなりますがこういったものを併用いただくと良いかと思います。

これからフェンス建てリフォームをされる方はご注意を

これからフェンス建てのリフォーム工事特にガーデニング作られている場合、こういったところに引っかかるかもしれませんのでご留意いただけると幸いです。

エクステリアリフォームは相見積もりを取る方が絶対有利な3つの理由
見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...
外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ