ウッドデッキ

ウッドデッキに屋根は必要?なし?どっち?

ウッドデッキに屋根は必要?なし?どっち?

ウッドデッキに屋根を付けようとしている人

「ウッドデッキに屋根は必要なの?人工木は耐久力が高いってウワサだし、ウッドデッキには屋根なしでも全然良さそう。屋根を付けるともちろんその分のお金もかかるし、必要性やメリットがあれば紹介してほしい。」

←ウッドデッキに屋根なしでも大丈夫です。

スマホでも簡単入力、すぐわかる/
>>見積相談・資料請求する
※何度でも見積は無料でもらえます

優良外構業者の3条件、外構工事の検討に必須です!【見分けポイント】はじめまして、私はエクステリア商社の営業マンです 当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。 私は、エクステリアや外...

 

普段は、エクステリア専門商社の営業マンをしています

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

私の詳しい経歴・自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

また、2020年2月からYouTubeでも情報発信していまして、ニッチなお庭という専門ジャンルながら、チャンネル登録者数は1.5万人を超えました!

動画も合わせてご覧いただけると、より効率的に深い知識を得られると思います!

私はカーポートやウッドデッキ・テラス屋根などのエクステリア専門店に商品を卸す商社で10年以上の実務経験があります。

今日は、「ウッドデッキに屋根は必要かどうか」で悩んでいる人に、私の見解と共にご紹介します。

私は、屋根有り派です。

ウッドデッキは雨やホコリで汚れてしまうのですが、屋根があると多少それがマシになります。裸足で手軽に出入りできるスペースを雨ざらしにしてしまうのはちょっと気が引けてます。

ウッドデッキの設置費用・お庭リフォームにかかる工事価格の相場は?ウッドデッキの予算を調べている人 「ウッドデッキっていくらかかるの?今持っている見積も高いか安いか、わからない。妥当な価格帯が知り...
見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...

\ウッドデッキの優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

ウッドデッキに屋根は必要?なし?どっち?

ウッドデッキに屋根は必要?なし?どっち?

ウッドデッキに屋根が必要かどうか?

屋根なしで利用されてる方も、屋根ありでウッドデッキを利用されてる方も、両方ともいらっしゃいます。

主にウッドデッキに屋根をつける目的としては、「直射日光対策」と「雨濡れ対策」になるかと思います。

直射日光が屋根をつけることで日陰が少しできウッドデッキの表面温度の上昇を抑制することができます。

特に真夏にはウッドデッキの表面温度が高くなり、サンダルなど履物なしでは利用できないほど熱くなることがあります。もちろん、ウッドデッキ以外のアスファルト土間コンクリートも裸足では歩けないのですが・・・

雨対策として屋根をウッドデッキに屋根をつけることがあります。

ウッドデッキに屋根があればウッドデッキが濡れることが少なくなり、汚れがつきにくくなるメリットがあります。

また、人工木の場合、吸水率が低く雨水がなかなか引かないこともあります。

上記のことから、ウッドデッキに屋根をつけることで、ウッドデッキが綺麗に利用しやすくなるメリットはあります。

ですが、そもそもテラスのような屋根をつけることでお金がかかるので、検討は必要になりますもちろんウッドデッキと屋根があれば洗濯物干し場庭最適な場所になります。

要点まとめ

ウッドデッキに屋根をつける目的は日光と雨対策

そもそも、屋根はお金がかかるので要検討

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...

屋根なしウッドデッキでも耐久性には全く影響なし

ウッドデッキとテラス屋根の定番の組み合わせ-憧れのお庭が実現できます。

ちなみにですが、人工木ウッドデッキの場合はウッドデッキの太陽年数に、屋根あり屋根なしは関係ありません

そもそも人工木ウッドデッキは樹脂素材で腐食がしにくく、対応年数数が非常に長く雨風にさらされても腐ってしまうような素材ではありません。

なので屋根をつけたからといって、寿命が伸びるということもないことはないのですが影響度は少なめです。

屋根があることで雨の埃がたまりにくくまた直射日光を受けなくなるので、日焼け防止色あせ防止には効果があります。

屋根材の種類に日光の透過率が異なり効果が受ける/受けられないなどはありますが、一定の効果はウッドデッキ屋根があることで期待できます。

人工木の場合はあまり効果がないと言いましたが、天然木の場合は話が違います。

天然木の場合は雨濡れ湿気などから腐食が進むことがありますので、できれば屋根ありの方を推奨します。

また、日焼けのしやすさと量によりますが、日焼けにより劣化が進むこともありますのでもし天然木を使用しているウッドデッキの場合は屋根の設置をお勧めします。

要点まとめ

人工木の場合、屋根なし・ありで耐用年数・寿命は変化なし

表面の高温化、汚れや日焼けは防げます。

逆に天然木の場合は、屋根ありを推奨。

設置する場合は、一緒のほうが工事費がお得

ウッドデッキ屋根は同時施工推奨

ウッドデッキに屋根を設置する場合は計画段階で一緒に考えておくことが良いでしょう。

屋根なしのウッドデッキから屋根を後付する場合柱の位置に制約が出たり走ら場所をくり抜かないといけないなど、ウッドデッキにも加工が必要になり工事費が高くなる傾向があります。

ですので、ウッドデッキの屋根を検討している場合は一緒に取り付けることがおすすめです。

エクステリアを専業とされている業者さんの場合は特に問題ありません。

天然木のウッドデッキを専門としている場合「屋根の工事が対応できない」というケースもあります。

面倒でなければ2回打ち合わせをすれば良いのですが、できればまとめて依頼した方がお得です。

要点まとめ

屋根なしウッドデッキからの屋根後付けは不利。

柱の位置などの関係があり同時工事を推奨。

ウッドデッキと屋根工事はまとめて相談出来る先。

屋根とウッドデッキ両方工事を相談する業者さん選び

方角にもよりますが一度プロの目で見ていただいた上で、見積もりを作っていただき屋根が付けられるかウッドデッキが設置できるか判断してもらうのも一案です。


基本的には相談までは無料で、正式発注までは費用がかかりません。

現地に職人さんが来てくれて採寸やサイズ提案まで無料で実施できますヨ。

検討・勉強のために職人さんとお話しするのも良い機会だと思います。

あなたの外構・エクステリアの業者さんを探すお手伝い!

今から、外構・エクステリア業者さんを探そうとしているあなたに。

朗報です!

そんな方は、ぜひ簡単に無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。

ぜひ後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に複数業者に依頼をしましょう。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え。。。でも、個人情報の流出とか、怖くないの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です!安心してください!

すべて、プライバシーマークや厳しい審査をクリアした優良企業ばかりです。

それに、どこの業者さんに依頼するかは自分で決めることができますよ。

>>サンプルで見てみる(埼玉県熊谷市の例)

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探しだして毎回住所を入力するよりはるかにラクチン!

入力は必要最小限の項目だけでたった3分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、一番重要である商品の検討やプランの検討に時間を使えるようになるので、正しく検討ができるようになりますよ。

成功するリフォームに近づき、失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、いきなり電話がかかってくるのが嫌。どこのだれかわからないのは不安なの

庭ファン
庭ファン
確かに、急に電話がかかってくると不安ですよね!

要望・内容のところに、「電話ではなく、メールで相談希望」と入力すれば、最初のアクションはメールで連絡があります。(コピペしてもらってOKです)

事前に要望を出すことで、その不安は解消できますね。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは「価格が安くなることが多い」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
チラシを見ると購入した商品よりも5%も安かった!知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
複数業者さんに見積もりを取ることで初めてわかることもありますよ!

カーポートやフェンスなどは商品価格が高くなり、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

エクステリア商品は、耐用年数が長く10年~20年と使える商品です。

1時間~2時間の打ち合わせで、このさき10年~20年使う商品が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

せっかくこういった、情報収集をしているあなたにはぜひリフォームを正しく・お得に実施していただきたいと切に願っています。

タウンライフリフォームは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。

登録されている業者さんは約300社以上と、正直私から見て非常に多いと思います。

イチオシしたいポイントとしては、タウンライフリフォームの利用は無料なんです。

そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみが表示される仕組みになっているので、いわば、タウンライフリフォームによってえりすぐられている状態です。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

だから、私は、タウンライフリフォームさんをオススメしてます。

業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

さらにいまなら、毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえますね!

しかもタウンライフリフォームに相談すれば相談したい会社1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで(外構業者さんには内緒で)紹介してもらえます

一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、利用しない手はないですね。

庭ファン
庭ファン
じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

気になる方は、ぜひ、↓↓↓のリンクから見てみてください。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

【手順紹介】かんたん3ステップで探せる!個人情報の入力は不要です

>>タウンライフリフォーム公式サイト

↑にアクセスして、市区町村までの住所を入力して、住まいのタイプ(たぶん、戸建てですよね)チェックします。※この時点では個人情報の入力は不要です

希望する工事内容のところの「外構・エクステリア」だけにチェックを入れます。

そのあと、個人情報を入力箇所があるのですがスルーして、そのさらに下にスクロールして出てくる優良専門業者さんリストを確認してください

 

そうすると、こんな感じでリストが見れます。 

 

いかがですか?

大手ハウスメーカーさんも入っていて、安心感がありますね!

もしまだ業者さんに相談していないという場合は、予算もどれぐらいかかるか知りたいという方は、現地の採寸・現地確認を無料でしてもらえるので、気軽に相談してみてください。

>満足できる優良業者を探す【外構の利用者満足No.1

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ