台風対策

台風の経路エリアにお勧めのフェンス【台風対策】

台風の経路エリアにお勧めのフェンス【台風対策】

商品の工夫で、台風対策ができないか模索中の人

「毎年台風が来て、すごい風が吹いている。被害は毎年あるわけじゃないんだけど、家の周りでも看板が飛んだり、木が倒れたりしてる。古くなってきた木塀をそろそろ変えようかと思うんだけど、台風にも対応できる方法なにかないですか?」

→台風対応したフェンスをぜひ選んでください!

台風の経路エリアにお勧めのフェンス【台風対策】

台風5号が近づいてきてますね。その影響の雨が全国的に降っていますがこれから台風が本格化してきます。

私は、エクステリアの商社で数多くの商品をいろんな販売店さん・工事店さんに卸してきました。

最近では、風に強いフェンスや雪に強いテラスなど気象状況に合わせた商品が多数販売されてきています。

そこで、今日は台風対策ができるフェンスの商品選びについてご紹介します。

以前、フェンスは台風が近づいてきた時の直前対策が難しい・できないと紹介しました。

なので、商品の選定のタイミングでしっかりと見ておきましょう!

用途に分けて、オススメの2機種をご紹介します

スマホでも簡単入力、すぐわかる/
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※何度でも見積は無料でもらえます

台風の強風を耐えるには、風を受け流す必要がある

台風の強風を耐えるには、風を受け流す必要がある

フェンスはブロックに固定した柱にパネルを貼った構造です。

そのため壊れるのはフェンスのパネルか、かどちらかになります。

どちらも、風の煽りを受けて曲がってしまったり外れてしまったりして破損をしますので、風を受け流す・風を受けない構造のフェンスが台風に対しては有利と言えます。

メッシュタイプが一番台風に強いフェンスと言える

メッシュフェンスは、細い金網に樹脂塗膜を施した網

風をほとんど受けない、網目状のメッシュフェンスはそういった意味では台風に対して最強のフェンスです。

風を受ける部分があまりにも少なく、うまく受け流しができるので風に対しては強いですね。

コストも安く優良児ですが、目隠し用途には向かないデザインです。

目隠しもしたいならばルーバータイプが台風対策になる

LIXIL 目隠しフェンス プレスタフェンス 8型 横ルーバーLIXIL 目隠しフェンス プレスタフェンス 8型 横ルーバー

目隠しも必要なのであれば、ルーバータイプの目隠しデザインを推奨します。

目隠しは隙間なく面材がある状態であることが多いのですが、そうすると風の影響をモロに受けます。

そうすると台風などの強風が抜ける場所がなく、少し不利なデザインですね。

特に理由が、なければルーバータイプを私はオススメしてます。

ルーバーフェンスは本当に風を通すのか??【風に強いフェンス】
ルーバーフェンスは本当に風を通すのか??【風に強いフェンス】目隠しフェンスはなんでもいいと思ってる人 庭にはあまり出ないし、特に目隠しできるならなんでもいいや。とりあえず安くて、パットと取り...
ルーバータイプを選べば間違いない
目隠しフェンスはルーバータイプを選べば間違いない【理由は単純】 フェンスのデザインが多すぎてイライラしてる人 「外構業者さんから見積もりもらった。フェンスは、プレスタフェンス?8型?らしい。1...

何度も言いますが、風を受けないことが台風対策になる

何度も言いますが台風の風が怖いんです。

フェンスは一度固定すると外すこともありませんし、アルミなので自然に錆びが進むこともありません。

寿命はなにもなければほぼ一生ものです。唯一の天敵は台風などの強風による破損です。

逆にそれさえ対策できれば、最強であるとも言えます!

人事を尽くして天命を待つ、フェンスの台風対策はそういう運命

フェンスは後から補強や、直前の対策は難しい。

人事(正しく商品を選んで)を尽くして、天命(神頼み)を待つだけです。

逆に言えば、正しく理解して商品を選べば間違いないということです。

商品選定はそのエリアの自然環境に詳しい地元の専門業者さんに聞くのがベストですね。

1つ山を越えるだけで積雪状況や風の向きが変わります。

無料かつ効率的に、見積もり金額を下げるテクニック

外構・エクステリア商品は人生でも、購入することもほとんどありません。

しかも、普段意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないですよね。

そんなあなたに最強のテクニックをご紹介します。(乱用厳禁です。

実は、テクニックは簡単です。


≫ほしい商品/したい工事が決まっている場合

「「○○(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」
「「○○(工事名)の過去実績はありますか?」」


≫ほしい商品/したい工事が決まってない場合

「「○○(カーポートなど)で一番安くできる商品は、いくらぐらいで、何%OFFですか?」」
「「○○(工事個所・手法など)の普段対応されていますか?」」


と、業者さんに問い合わせてください。

この質問が≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と思っています。

いやらしい話、メーカーさんから出荷された商品はどこで買っても、品質は同じです。

ですが、不思議と業者さんによって、同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

そして、工事内容については、外構と一口に言っても、コンクリート工事・ブロック積み・タイル・エクステリア商品、外構業者さんの中でも得意・不得意が分かれています。

ワリと、複雑な業界構造・商慣習があり、このような状態になっています。

ほんと複雑なんです。外構って。。。

そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒だという方は、無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

≫(無料)タウンライフリフォームさんで優良業者さんを紹介してもらう

一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではないですよね。

だからこそ、後悔してしまわないように、価格を安くするだけではなく、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼を私は強くオススメしています。

複数業者さんに相談すると何度も打ち合わせするので、確かに面倒です。

ですが、そのたびにカタログを見たり、施工例を見たり、プロと会話をすることで知らず知らずに経験値が手に入り、多角的に検討ができるようになり、実は、リフォームで失敗する可能性がドンドン低くなります。

庭ファン
庭ファン
情報をしっかり調べているあなたなら大丈夫です!安心してください!

先ほど紹介したタウンライフリフォームさんは業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

定期的に見直しが図られているので、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

サイトを見ていただけるとわかると思いますが、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、今まさに家づくりをしている方の「新築外構」にも対応しています。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけでたった1分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要である商品の検討&プランの検討に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになりますよ。

そうすることで成功に近づき、リフォームで失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、まだリフォームするかどうかも決めてないのに、相談していいの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です。安心してください、実際見積もりがないと判断ができないですし、見積り依頼したら注文しないといけないわけではないですよ。

「注文できるかどうか、まだわからなくて・・・」と言ってもらえれば大丈夫です。懇切丁寧に相談に乗ってもらえます。

また事前に要望を出すことで、その工事を得意な業者さんを紹介してもらえます。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「プランの精度が高くなる」「価格が安くなる」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え?!チラシを見ると買った商品よりも5%も安い・・・知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートやフェンスなどは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

割と、ちょっと行動するだけでウン万円が安くなることがあります。

実際、TwitterのDMなどで個別相談いただく方のほとんどは、見積もり精査をすることでお得に工事できてるんですよね。

少しの手間、打ち合わせの時間を取るだけで、数万円安くなります。

残業代で稼ぐよりかは圧倒的に効率が良い訳で…。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

※参考に4メートル幅の目隠しフェンスを設置するお見積りで、私も間に入って交渉をして、16.2万円の見積もりを11.0万円まで、5万円強も下げることもできた事例もあります。

業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

≫(無料)タウンライフリフォームさんで優良業者さんを紹介してもらう

庭ファン
庭ファン
じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

など、カスタマイズも可能です。

これからも長い生活を送る住まい・環境をより快適なものにするために、優良業者さんと出会うことは不可欠です。

庭ファン
庭ファン
実際、注文するのは多少リスクが伴いますが、見積もりを取る・金額を確認するまではノーリスクですよ!

もちろん、新築の外構もバッチリ対応しているので、新築外構の方も気軽に申し込んで下さいね。

≫(無料)タウンライフリフォームさんで優良業者さんを紹介してもらう

ささっと、今、外構についての要望が頭に残っているうちに、一緒にやっておくと楽に終わります!

≪無料≫失敗しないため「庭ファン」がフォローします

最後に、期間限定&庭ファン限定のお得情報の告知をさせていただきます!

※このサイト経由で、タウンライフリフォームさんに申し込んでいただいた方限定です。

前職では、エクステリア商品を卸売する工事をしていたので、メーカー・工事業者の原価を知っている立場にいます。

商品にもめちゃくちゃ詳しい自身があります。

そんな私が、あなたの外構・エクステリアリフォームのお手伝いをします!

Twitterやメールでお問合せいただいた方のプランを一緒に考えたり、商品選定のアドバイスや相場価格チェック、価格交渉のポイントなど、過去たくさんの値引き交渉をお手伝いしています。

そこで!

このサイト経由で、タウンライフリフォームさんに見積もり依頼を申し込んでいただいた方に限り、≪無料で外構プランや価格交渉・相場チェック≫のフォローアップをします!

特にお金を頂いたりもしません。匿名でも、まったく問題ありません。

ぜひ、浮いた予算で家の中の家電製品をグレードを上げたり、また予算を変えずにプランや商品のグレードをアップさせることもできますよ!

ただ、あまりにもたくさん依頼があると私も手が回らなくなるので・・・毎月先着30名様限定にさせていただいています。

※毎日たくさん申し込みがあるので、検討中の方は急いでいただきたいです。

また依頼数が大変多く、翌月以降も実施できるか確約ができませんので(スミマセン…。)、検討をされている方はお早めに!

≫無料でフォローサービスを受けつつ、優良業者さんを探す!

※無料のフォローアップはこのサイト経由で、タウンライフリフォームさんに申し込んでいただいた方限定です。

検討中の方は、お早めにご検討くださいませ!

10月26日(火)追記:残りの今月相談枠はあと5名様までになりました。

10月27日(水)追記:残りの今月相談枠はあと4名様までになりました。

自分のエリアに、業者さんが少なかった…という方は、別途ご相談ください。

最後までご覧いただきまして有難うございました!

外構・エクステリアを検討される方必見ですよ!

外構工事・エクステリアは、家を建てていている途中、お引越し後の超忙しいときに、検討することの多いです。

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

では、ないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

 

さらに、に相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

また、注文をするにはリスクは伴いますが、見積もりまではノーリスクですよ。

しっかりと下調べする人が失敗しないので今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しないというのはもったいないですね!

≫(無料)タウンライフリフォームさんで相場価格を見る

≫外構を安くするためのテクニック7選を見る