ウッドデッキ

ウッドデッキが腐る原因を追究、長寿命の秘訣とは?【人工木最強】

ウッドデッキの設置後、腐るのが心配な人

「ウッドデッキは設置後数年もしたら腐って使えなくなるって聞いたことがある。見積もりを取ろうかと思うけども、なんだかすぐダメになるじゃ諦めようかな。素材によって腐りにくいものがあるのであれば教えて下さい!」

←ウッドデッキが腐る原因にはいくつかあります。

私は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マンです。

どうも、はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

本業は現役エクステリア商社マンをしています。

そのため、外構・エクステリア商品、商慣習などには詳しいです。

YouTubeでも情報配信しており、100万回近く再生されている動画もあり、トータルの再生数は510万回を超え、チャンネル登録者数は約3万人になりました。(ありがとうござます!)

このブログでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報を秘訣やコストカット術などを、無料で配信しています

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物であるにもかかわらず、こういったプランや商品選定のノウハウは、ほとんど書籍では販売されてません。

なので、このブログの情報でお庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てるはずです!

私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。

私はウッドデッキを含むエクステリア専門店に商品を卸す商社で働いています。

この業界に入り10年経ちました。入社当時に納入した人工木ウッドデッキは現在も健在です。

長年エクステリアを実務で経験、時々施工支援もしてきていますので、商品についてカナリ詳しいと思います。

今日は「ウッドデッキの寿命はどれくらい?」という質問をよくいただくので私なりの見解を元に解説と延命方法をお伝えします。

\ウッドデッキの優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

表面に水が溜まって腐食してしまうパターン

ウッドデッキが腐ってしまう一つ目のパターンとして表面の床板部分に水が溜まってしまって腐食が進んでしまうパターンです。

ウッドデッキは屋外に設置されていることが多いので雨からも雪からも影響を受けます。

木材は、どうしても水分を含むと弱くなります、天敵は湿気や水です。

乾燥してる状態では、腐食はなかなか進みにくいのですが梅雨などの湿気が多い時期もしくは雨の多い時期に関しては木材がずっと湿った状態のままになってしまいます。

そこから腐食がどうしても進んでしまうパターンです。

ウッドデッキの寿命を延ばすには水がたまらないようにすることが重要です。

具体的には、やっぱり屋根を付けることですね。

骨組みにカビ、コケなどで腐食が進むパターン

骨組みにカビ、コケなどで腐食が進むパターン

もうひとつのウッドデッキが腐ってしまうパターンは床下の部分(骨組み部分)にカビなどが生えてしまって腐食が進むパターンです。

しかも、骨組み部分は普段は隠れてあまり見えません。

地面から近い部分になるので湿気が上がって来やすくなります。

ずっと湿っている状態+常に日当たりが悪い状態なので腐食が進みやすくなります。

また土から近いということでシロアリなどの虫害にも合いやすく痛みが早くなります。

ウッドデッキの寿命を延ばすには、湿気対策が重要です。

コンクリートで固めてしまうのが一番いいのです。

難しい場合は、通気を確保できるように床下には物を置かない。

土からの湿気を少なくするため、砂利を敷き詰めるのが得策になります。

人工木ウッドデッキはその両方を克服した素材

人工木ウッドデッキはその両方を克服した素材

そこで登場したのが腐りにくい、腐敗しにくい人工木ウッドデッキです。

人工木ウッドデッキは人工的に作り出した木材で、木粉と樹脂を高圧&高温で混ぜ合わせて成型した工業製品です。

人工木は、天然木材に比べ吸水率が非常に低く、雨に濡れたままでも腐食は進みにくい素材です。

耐久性も高く公共工事や商業施設などにも積極的に活用されている素材です。

そしてさらにさらに、床板下の骨組みはアルミ金属でできており、湿気や虫の外にも強く寸法の歪みなども起こりにくく、非常に安定しているウッドデッキです。
現在、日本の一般戸建住宅に設置されるウッドデッキの9割が人工木ウッドデッキで占められています。

人工木ウッドデッキ比較、NO.1はどれだ!?【全メーカー総比べ】
人工木ウッドデッキ比較、NO.1はどれだ!?【全メーカー総比べ】どのウッドデッキを選べば良いか迷っている方 「ウッドデッキを家に付けようと思っているけど、何があるかがわからない。人工木?天然木?...

耐久性が高く、腐りにくい素材なのでウッドデッキを検討されるかおすすめしたい素材です。

湿気などを気にしなくて良い訳ではありませんが、天然木に比べ圧倒的に人工木が有利ですね。

人工木ウッドデッキはエクステリア工事店から工事付きで購入が可能です

https://townlife-aff.com/link.php?i=5af26089db0f3&m=5d1ca5c339596外構・リフォーム相場を見るだけでもOK

そして人工木ウッドデッキは、市販はあまりされておらず、エクステリア専門店から工事付で購入が可能です。

もしお知り合いや地元のエクステリア専門店をご存知でない場合は、是非下記のリンクから工事店さんの検索が可能です。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

お住まいの市区町村を入力するだけで、ウッドデッキをはじめとする外構やお庭の相談も可能です。

またウッドデッキを得意とする業者さんも予算内でも探すことができるのでぜひご活用してみてはいかがでしょうか。

外構費用の企画やデザインが比較も行えるので、ひとつの業者さんで見積もりを依頼するよりも適切なアドバイスやアイディアが複数業者さんからもらえるので失敗するリスクも軽減が可能です。

ぜひ人工木ウッドデッキを検討されている場合は、上記リンクをご参照ください。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、提案内容に正解はありません。

私は、損をしないエクステリア見積もりを取るためにも、複数の専門業者さんにアドバイスを受けることをお勧めします。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ