カーポート

カーポートは日当たりとお庭をトータルに考えてデザインを決める

カーポートは日当たりとお庭をトータルに考えてデザインを決める

日当たりとカーポートの存在感を気にしている人

「雨よけのためにカーポートの設置したいと思ってるけど、リビング前や玄関前が暗くなることが心配。出来るだけカッコよく、暗くならないようにしたいと思うんだけど良いカーポートないですか?」

←できるだけ明るい屋根材と設置方法を工夫すればOK!

私は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マンです。

私は外構・エクステリアを専門されている工事業者さんにウッドデッキを含めたエクステリア商品を卸す商社で働いています。

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

研究大好き、調査大好き、知らないこと・わからないことは徹底的に調べ癖があります。

今日は「カーポートを付けると暗くなったり、圧迫感が気になる」という声をよく聞くので注意点と対策についてご紹介します。

カーポートは家とお庭をトータルに考えてデザインを決める

カーポートは家とお庭をトータルに考えてデザインを決める

カーポートは車の乗り入れをするので、道路に接して設けられることがほとんどです。

カーポートは、車を守る機能だけでなく、外観の大部分を占めるため家・エクステリアデザインを左右する重要なポイントです。

家の建物や外構の雰囲気・デザインに合うように、形や色、素材などを検討しましょう。

さらに、玄関前やリビング前に設置する場合は日当たりの悪化なども考えられるので考慮した上で商品選定が正しいカーポートの買い方です。

スタイリッシュでモダンスタイルのカーポート

シャープな直線が特長のモダンスタイルには、フラットな屋根が特長の「YKKAP エフルージュ」「LIXIL ネスカF」がおすすめです。

・LIXIL ネスカF・LIXIL ネスカF
・YKKAP エフルージュグラン・YKKAP エフルージュグラン

特にシルバー系の色+クリアマット系の屋根材でまとめるとシンプルでスタイリッシュな直線が建物と美しくマッチします。

クリアマット系の屋根材で採光率が最も高いため、これ以上の日当たりを求める場合は、検討をそもそも諦めざるを得ないかもしれません。

和風から洋風まで落ち着いたベーシックスタイル

落ち着きとフレンドリーな雰囲気が特長のベーシックスタイルには、シンプルさが特長の「YKKAPレイナポートグラン」や「LIXIL ネスカR」がおすすめ。飾らない佇まいが建物と調和します。

・YKKAP レイナポートグラン・YKKAP レイナポートグラン
・LIXIL ネスカR・LIXIL ネスカR

こちらも屋根材をクリアマット系にする事で最大限の日当たりの明るさを確保して設置可能です。

積雪対応のカーポートには日当たりを考慮した機種を

従来の積雪対応したカーポートはスチール折板と呼ばれる鋼鉄の薄い板を使用していました。

そのため、積雪への強度は抜群だったのですが、日当たりを犠牲にしてしまっています

日当たりを犠牲にしてしまう折板カーポートの例はこんな感じです。

LIXIL テリオスポートIIILIXIL テリオスポートIII

最近では、積雪対応しながら日当たりを諦めないハイブリットなカーポートも販売されました。

値段少し高くなってしまいますが、ポリカーボネートの透明板の屋根材で積雪対応したカーポートです。

「YKKAP エフルージュ50」「LIXIL ソルディポート」が代表的な機種になります。

LIXIL ソルディーポートLIXIL ソルディーポート
YKKAP エフルージュツイン50YKKAP エフルージュツイン50

雪に強く、夏でも光を取り入れる年中快適なカーポートです。

方角と季節によって日当たりは変化するので推測が難しい

方角・季節により日当たりがことなるので、業者さんでは推測が難しいです。

カーポートと日当たりの関係ですが、エクステリアの専門家とはいえ、日光の入り具合までは想定するのは難しいです。

方角によって、また春夏秋冬の季節により影の出来方がかわります。

生活していて日当たり具合を一番よく知っているお住いの方ですので、日当たりを気にする場合は、どの辺りまで屋根が来るか確認しておくとベターです。

業者さんはきっと地面の配管や干渉する樹木などの確認に夢中で、日当たりまで見る余裕がなかったりしますので、日当たりを気にする時は一声かけてもらえると嬉しいですね。

エクステリア工事は、まず業者さんへの必要です

https://townlife-aff.com/link.php?i=5af26089db0f3&m=5d1ca5c339596外構・リフォーム相場を見るだけでもOK

カーポートの設置にはエクステリア専門業者さんに相談が必要です。

日当たりを気にしている場合は、屋根材のサンプルを見せてもらうなどして明るさをチェックしておくと良いでしょう。

もしお知り合いや地元のエクステリア専門店をご存知でない場合は、是非下記のリンクから工事店さんの検索が可能です。

>>見積相談・資料請求する

お住まいの市区町村を入力するだけで、カーポート・コンクリートをはじめとする外構やお庭の相談も可能です。

外構費用の比較やデザインが比較も行えるので、ひとつの業者さんで見積もりを依頼するよりも適切なアドバイスやアイディアが複数業者さんからもらえるので失敗するリスクも軽減が可能です。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、提案内容に正解はありません。

私は、損をしないエクステリア見積もりを取るためにも、複数の専門業者さんにアドバイスを受けることをお勧めします。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ