フェンス

そもそも、フェンスを取り付ける意味ってなに?【目的】

フェンスを設置する目的意味

出来るだけ外構工事にお金を掛けたくない人

「外構工事の見積もりが来た。!!、思った金額よりも桁違いに高い!その中でもフェンスが占める金額が大きい。フェンスって要るの?意味あるの?」

→フェンスを取り付ける大きな意味は3つあります。

このページではフェンスを取りつける意味や目的の概略が分かります。さらっと2分ぐらいで流し読めるボリュームです。

そもそも、フェンスを取り付ける意味とは?

フェンスを設置する目的意味
「そもそもフェンスを取り付ける意味って何ですか?」という問いに対しての答えの一つは境界線をしっかりと明示することになります。

元来、生垣と呼ばれるもので昔から日本人は自分たちの敷地キチンと区切ることをしていきました。

戦国時代には、城壁という形でえきから自分の地区を守り、江戸時代には町屋に住む人同士の境目に生垣を設けました。

昨今では、主に境界の境界を境界線を明示するためにブロック塀フェンスを取り付けることが多くなってきました。

 

フェンスをつける意味は、防犯&安全&境界の明示

フェンスの意味と目的

最近のフェンスの目的は防犯面や安全面にも重きを置かれています。

防犯に関しては、何もない境界部分に比べフェンスで仕切られている部分は、私有空間として認識され侵入の抑止効果があります。

フェンスで囲まれている部分は、誰が見ても内側は私有地に入るということがわかり、不法侵入であることが一目瞭然です。

見た目から侵入していることが分かるというのも、フェンスを設置したことによる防犯のメリットの一つです。

もう一つは、安全性の確保です。

坂道や法面と呼ばれる部分がある場合は、転落/滑落の恐れもあります。

そのため転落防止にフェンスを取り付けることがよくあります。

極端な例ですが、歩道橋でもフェンスがなければ非常に危ないですが、ある程度の高さのある柵やフェンスがあることで転落防止になり安心を利用できるようになります。

 

フェンスをつける意味は、目隠し&プライバシーの保護

昨今では、もう一つ新しい目的で付けられる方が多いです。

同じフェンスでも隣地境界や道路からの目隠し、自身のプライバシーの確保のため目隠しのフェンスを取り付けられる方が多くいらっしゃいます。

一般的に戸建建売の場合は、メッシュフェンスやたて格子など安価なフェンスが多く、目隠しフェンスは受けられることは少ないです。

あとから必要な箇所に、リビングや勝手口の場所だけなのに目隠しフェンスを設置するなど、プライバシーの確保が必要な場合に目隠しフェンスを設置することがあります。

住み始めわかる目隠ししたいポイント

自宅を購入後やはりフェンスがちょっと必要だなと思う時、どこに頼んだらいいかわかるわかりますでしょうか?

今の時代はインターネットでフェンスの購入も、専門業者の選定も可能になりました。

フェンスの設置工事を検討されている場合は、是非下記サイトの企業紹介サービスをご利用ください。

>>見積相談・資料請求する

地元の優良企業を複数者紹介いただけます。

同じ要望をだしても提案内容は様々です。一番良い提案を頂いた企業さんと契約すると、間違いのない目隠しフェンスフェンスの選びのができるようになると思います 。

意味のない場所にフェンスをつけてしまってはお金の無駄遣いになっちゃうので、ぜひ熟考頂き意思決定下さい。

 

 

 【本ぺージのまとめ】

  1. そもそも、フェンスを取り付ける意味とは?
  2. フェンスをつける意味は、防犯&安全&境界の明示
  3. フェンスをつける意味は、目隠し&プライバシーの保護

「参考になった」と好評の記事

「この記事に出会えてよかった、価格交渉ができました」「注文する前に確認すべきポイントがわかって助かった」という声を頂いています。事前に知識を仕入れておくとコスト削減にもつながり失敗も少なくなりますよ!

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...
素材で変わるフェンスの耐用年数【長く使うためフェンス選びのコツ】いろんなフェンスの耐用年数を調べてる人 「フェンスを新しく検討してるけども、長持ちするフェンスをつけたいと思っている。そもそもフェ...
今あるフェンスの高さを延長したいという人【目隠しフェンス】
今あるフェンスの高さを延長したいという人【目隠しフェンス】今あるフェンスの高さを延長したいという人 「今あるフェンスの柱を利用して、もっと背の高い目隠しフェンスを付けられますか?いまあるフ...
目隠しフェンス の高さは、目隠ししたいところから測るべし【鉄則】
目隠しフェンス の高さは、目隠ししたいところから測るべし【鉄則】道路からの視線を目隠ししたい人 「家の前の道路から見られるのが嫌だ。カーテンは閉めているんだけど、開けるときにいちいち人が居ないか...

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ