カーポート

カーポートの耐風圧強度は金額に比例して強くなる【アルミの使用量】

カーポートの耐風圧強度は金額に比例して強くなる【アルミの使用量】

台風の強風が心配な人

「カーポートの屋根は強風で飛ぶって聞いた。せっかく付けたのに壊れてしまったら困るし、そうならないカーポートが欲しい。強度の高めのカーポートは高いし、なんかバランスの良いカーポートはないの?」

←残念ながら無いです。 強度は値段に比例します。

私は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マンです。

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

先日、こんなツイートをしました。

 

アルミの法則

  • 法則1:アルミ使用量=商品価格
  • 法則2:サイズが大きくなる=アルミ使用が多い =値段は高くなる
  • 法則3:強度が高い=アルミの骨が太い=アルミ使用が多い=値段は高くなる
  • 法則4:デザインが良い=カバー材などで化粧=アルミ使用が多い=値段は高くなる

価格と強度のバランスについて

カーポートの耐風圧強度は金額に比例して強くなる【アルミの使用量】

過去のブログでも紹介してきましたが、ホームセンターさんのオリジナルカーポートとメーカーカーポートとあわせて公表資料データを元に比較してみました。

ホームセンターのオリジナルカーポートの徹底比較しようとしたきっかけ
ホームセンターのカーポートまとめ「見た目・風圧強度・価格」ホームセンターのオリジナルカーポート検討中の人 「展示してあったホームセンターオリジナルのカーポートが値段が手頃で良さそうだった。...

カーポートの耐風圧強度は金額に比例して強くなります

風圧強度を上げるためには、補強材を入れてカーポートの強度を確保する必要があります。

物理的に材料の使用量が増え、その分原材料費がかかります。

結果的に材料が多ければ多いほど商品代に反映され、耐風圧強度が高くなれば価格も高くなります。

カーポートの強度と価格のバランスについて

実際に公表されている耐風圧強度と価格のバランスについてピックアップしてみました。

コスパ優先カーポートの耐風圧強度

カインズ スタイリッシュカーポート 商品イメージ

参考:カインズオリジナルカーポート

実売参考価格:109,800円

実売価格は税込基本工事費込みの価格を表記してます。

耐風圧強度のカタログ記載数値は34m/sです。

風抜けの少ない地域や設置場所ならば十分なスペックですね。

普及グレードカーポートの耐風圧強度

・LIXIL ネスカF

参考:LIXIL ネスカ

実売参考価格:113,000円〜158,000円

実売価格は税込基本工事費込みです。

カタログの耐風圧強度は38m/sです。ほとんどのエリアで安心してお使いいただけるレベルです。

高強度グレードカーポートの耐風圧強度

エクステリア商品は、商品ごとにグレードがある。

参考:LIXIL フーゴF

実売参考価格:184,000円〜193,000円

耐風圧強度は片流れカーポートでは最強クラスの42m/sですね。

ネスカとフーゴは微妙な違いですが、外観でわかるのは側枠(一番道路側の枠)が太くなっているぐらいで、見た目はほとんど変わりませんね。

数値上では、カインズさんのオリジナルカーポートよりも約24%も強度が高いモデルです。

  • カーポートの強度は値段と比例する
  • 34m/sでは、109,800円〜
  • 38m/sでは、113,000円〜158,000円
  • 42m/sでは、184,000円〜193,000円

住まいの地域の台風圧強度は専門業者へ相談が必要

https://townlife-aff.com/link.php?i=5af26089db0f3&m=5d1ca5c339596外構・リフォーム相場を見るだけでもOK

 

ホームセンター仕様からカーポート、メーカー品のカーポートと高強度仕様のカーポートの耐風圧仕様について比較をしてみました。

コストパフォーマンスではホームセンター仕様が圧倒的に有利です。

ですが、数値で表れている通り強度面では「価格=強度」の構図が見え隠れする形でした。

昨今の台風の猛威を見ると耐風圧強度は高いほうが安心できます。

メーカー品を検討される場合はエクステリア専門業者さんの見積もりが必要になります。

いつも専門に扱っているエクステリア専門業者さんの方が知識や経験豊富なので安心ですね。

特に相見積もりでの価格交渉が効果を発揮しますので、もしお知り合いや地元のエクステリア専門店をご存知でない場合は、是非下記のリンクから工事店さんの検索が可能です。

>>見積相談・資料請求する

お住まいの市区町村を入力するだけで、カーポート・コンクリートをはじめとする外構やお庭の相談も可能です。

外構費用の比較やデザインが比較も行えるので、ひとつの業者さんで見積もりを依頼するよりも適切なアドバイスやアイディアが複数業者さんからもらえるので失敗するリスクも軽減が可能です。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、提案内容に正解はありません。

私は、損をしないエクステリア見積もりを取るためにも、複数の専門業者さんにアドバイスを受けることが必要です。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ