カーポート

雨漏れゼロ、すきまゼロ、雨の吹込みがないカーポート【壁付け】

雨漏れゼロ、すきまゼロ、雨の吹込みがないカーポート【壁付け】

壁にぴったりとカーポート付けて雨に濡れたくない人

「家の壁にぴったりとカーポート付けしまって、雨が吹き込まないようにしたい!街中のカーポートを見ると中途半端に隙間が空いているのが多くて、それだったら雨の日にぬれるし意味ないじゃん。カーポートって壁に付けれないの?なんでみんなあんな隙間あいているの?」

←外壁に隙間なく屋根を設置できるカーポートあります

雨漏れゼロ、すきまゼロ、雨濡れしないカーポート

雨漏れゼロ、すきまゼロ、雨濡れしないカーポート

私は、エクステリアや外構商品を卸(おろし)をしている商社に勤めています

大手エクステリアメーカーさんから商品を仕入れ、工事店の倉庫へ配送し販売しています。

外構業者さんと客先同行として、一般の戸建ての方の外構工事の打ち合わせや採寸に同行することも良くあります。

そこでよく「カーポートと外壁に隙間なく設置してほしい!」と要望を頂くことがあるのですが、通常のカーポートは壁には固定ができません。

台風の風などで多少揺れるため、最低でも10cm以上は隙間を開けることが推奨されています。

ですが、今日は「外壁と隙間なく設置ができる壁取り付け専用の特殊なカーポート」のご紹介です。

壁に直接取り付けるカーポートでので雨水の入り込みをしっかりガード!大きな屋根のカーポートでありながら、洗濯干し場に最適なテラス屋根にもなる一石二鳥のカーポートです。

カーポートを壁付けして雨の吹込みをしっかりガード

カーポートを壁付けして雨の吹込みをしっかりガード

片流れのカーポートですが最大で約4メートルほどの屋根の大きさにできます。

外壁側と柱側の両方で屋根をしっかりと支えるため大きな屋根でも対応しています。また積雪も50cmまで対応しているタイプもあるので、用途に合わせ選択して下さい。

残念ながら通常のカーポートは壁に取り付け出来る構造になっていないので外壁から少し離して設置します。

組み立て時の作業スペースを確保するためと風により多少揺れることがあるので、外壁にキズをつけないための対策です。無理やりつけることもできなくはないのですが、強度面などを考慮すると壁付け専用のカーポートを選ぶことをお勧めします。

壁付け対応カーポートは、レイナベーカとエフルージュベーカ

2019年9月現在、壁付け対応しているカーポートはYKKAP社のレイナベーカポートグラン/エフルージュベーカの二種類だけになりました。

アール屋根を希望する場合は、レイナベーカポート

カーポートを壁付けして雨の吹込みをしっかりガード

フラットの屋根を希望する場合はエフルージュベーカ

特に造園や土木を得意とした外構業者さんはこういった商品情報を知らない場合があります。(若干専門外になるので致し方ないのですが・・・)

そういった場合は、一般のお客様の方からこういった商品で提案してほしいと働きかけることをお勧めします。

そうすると知識のあるお客様として見られるので(見ざるを得ないので)、手抜きされないメリットがあります。

カーポートも意外と種類がたくさんあって選ぶのは大変

いかがでしたでしょうか。壁に取り付けができる珍しいカーポートは専業者でないと扱いが難しく、得意/不得意が顕著に出る工事です。

どこでもできるというわけではないので、タイルやブロックなどの工事を得意としている業者さんではなく、エクステリアを得意としている業者さんに相談してみるのがベターです。

まさにカーポートの見積もりを取ろうとしているなら・・・

 まさに見積もりしているなら、ネットで調べて地元業者さんを探すのが最強です。

時間がかかっても、相見積もりは必ず取りましょう。気になる業者が見つかったら相談してみてまず見積を取得しましょう。

>>地元の優良外構業者さんを検索してみる【外構の利用者満足No.1

打ち合わせを複数回・複数業者さんと行う必要があるので、多少の苦労も必要になりますがネットで優良業者さんを探すなど省略できることであれば、積極的に利用したいものです。

相見積もり先の優良企業さんまで(外構業者さんには内緒で)紹介してもらえます

一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、利用しない手はないですね。

>>地元の優良外構業者さんを検索してみる【外構の利用者満足No.1

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ