物置

一般的に物置のサイズの表記については土台の部分の寸法が表記されています

物置・収納庫の基礎仕上げについては多くのお客様からご質問を頂きます

物置・倉庫・収納庫を購入しようと検討している方へ

一般的に物置のサイズの表記については、土台の部分の寸法が表記されています。

そのため実際の物置地震の一番大きな部分のサイズは屋根の出っ張りが少しあるのでそれよりも少し大きくなります。

あと注意が必要なのはブロックの高さを含んでいないので実際は10cmから15cmほど背が高くなるので、仕上がり高さは高くなります。

優良外構業者の3条件、外構工事の検討に必須です!【見分けポイント】はじめまして、私はエクステリア商社の営業マンです 当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。 私は、エクステリアや外...

スマホでも簡単入力、すぐわかる/
>>見積相談・資料請求する
※何度でも見積は無料でもらえます

1.物置の土台寸法

あとは台風の時ぐらいは施錠しておくべし、台風の風は恐ろしく強い。

本体土台の大きさ、横幅方向と奥方向への大きさです。

屋根の大きさ(屋根寸法)は土台よりも大きめに設計されているので注意が必要です。

物置の土台寸法はブロックを置く位置・寸法を算出するのに使います。

物置の倉庫内の寸法はここからさらに5cm~10cmほど小さくなりますので収納物が入るかどうかについては、ご注意ください。

2.物置の屋根寸法

一般的には物置の屋根は土台よりも大きく設計されています。

理由は雨が降った時に物置の壁面に雨が濡れないようにするためです。

物置はガルバリウム鋼板と言うスチール(鉄)でできています。

そのため雨による濡れてのサビの発生が0ではありませんので、出来るだけ水分や湿気などを避けるようにしています。

そのため屋根で集めた雨水を壁を伝って排水しないように少し大きめに設計されています。

外壁ギリギリに設置したいという場合も少し土台寸法より広めだスペースを確保しておくのがベターです。

(ちなみに鉄でできているの磁石がくっつきます。)

屋根の大きさと奥行きです。土台より大きめに設計されています。

3.物置の高さ

物置の高さについては本体の高さを指しますので、物置の土台に使うブロックの高さは含みません。

通常ブロックは10cm~15cmのブロックを使用しますのでそのぶんだけ物置は高くなります。

もしカーポートやバルコニーなどの屋根部分と干渉物するおそれがある場合少なくとも10 CM から20 CM ぐらい余裕を見た寸法が望ましくなります。

さらに屋根の取付作業時に作業スペース手を入れるスペースが必要になりますので、取り付け説明書などを事前に参照の上、作業スペースと土台ブロックの高さを考慮して最大限活用できるようにしましょう。

既にカーポートなどの屋根がある場合は、物置の上も収納場所として物を置くということもできますのでそのあたりも考慮していいでしょう。

優良外構業者の3条件、外構工事の検討に必須です!【見分けポイント】はじめまして、私はエクステリア商社の営業マンです 当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。 私は、エクステリアや外...

スマホでも簡単入力、すぐわかる/
>>見積相談・資料請求する
※何度でも見積は無料でもらえます

4.物置の間口寸法

ネットで工事付きで物置は買えます。

扉の開く部分の大きさです。

間口寸法は物置の扉を開いた時の開口部分の広さを指します。

物置の種類によって2枚扉の引き戸タイプ、もしくは2枚観音開きタイプまたまた両開きの3枚扉など様々な種類があります。

奥行き方向にスペースが取れない場合は観音開きタイプは利用できませんし、引き戸タイプの方が収納しやすいということもあります。

収納するものや生活動線によって最適な間口寸法扉の光り方がありますのでついでに商品情報を確認頂くと良いかと思います。

 

物置は組み立てをプロに任せるのも保証付きでおすすめ

物置を検討している方へ、業者選びが面倒で大変だと思います。

小型の収納庫や物置はホームセンターでも売ってますが少し大きめのサイズとなるとなかなかDIYは難しいもの。

基礎工事が必要な場合はなおさらで、プロにお任せするのも一つの手段です。

そして、物置を全国展開しているリフォーム会社は住宅設備メーカー最大手のLIXIL社が運営するLIXILオンラインが便利です。

>>LIXIL公式ショップ「LIXILオンライン」

「ホームセンターで満足な接客を受けれなかった。自分の欲しいサイズや機種が置いてなかった」

「ここに引っ越してきたばかりで、家の周りもよくわからないし。ヨソの人を新築したばかりの家に何度も上がってきて欲しくない。」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒だ」

そんな方は、ぜひ簡単に無料でオンライン比較見積もりなのでので、ぜひご利用ください。

住宅設備を知り尽くした会社が販売しているため、安心感が違います。

また、中央一括管理のため、展示場などのコストもカットされネットで物置を販売するのは合理的な販売方法です。

基本、メール・電話でのやり取りになりますが、例えば「棚板一枚オマケしてほしい」「転倒防止工事をサービスしてほしい」など交渉の余地はありますね。

一生のうちに物置の設置やお庭のリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。

ぜひ後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、うまくリフォーム会社選んで依頼をしましょう。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ