外構工事

よく聞く外構の洗い出しアプローチのメリット&デメリット【私なら〇〇を採用する】

玄関前のアプローチにどの仕上げを採用するか悩んでいる人

「「外構工事っていろんな例があって迷う。。。洗い出しって良い感じに見えるんだけど、メリットやデメリットってどんな感じ?あまり聞くこともないし、外構のプランを考えるときのヒントは有るんだけど、10年・20年経ったときの経過などはあまり情報が無くて、詳しい人押してください。」」

←はい、私からよく聞く外構の洗い出しアプローチのメリット&デメリットをご紹介します。

私は外構・エクステリア商品を卸し売り販売する業者の人間です

私は外構・エクステリアを専門されている工事業者さんにウッドデッキを含めたエクステリア商品を卸す商社で働いています。

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

私は、エクステリア商品を現場に納品しに行く職業柄、マイホームができてから10年・20年経って、ガーデンリフォームに初めて着手しますっという現場にもよく納品に出向きます。

いろいろなアプローチの仕上げ方法がある中で洗い出しも10年も20年もして来れば、経年変化でいろいろなことが起こります。

そこで今日は、「よく聞く外構の洗い出しアプローチのメリット&デメリット【私なら〇〇を採用する】」と題しまして、

  1. 外構の洗い出しアプローチのメリット
  2. 外構の洗い出しアプローチのデメリット
  3. 外構の洗い出しアプローチは私なら〇〇を採用する

の3本建てでお送りしたいと思います。

メリット・デメリットを話す前に、外構の「洗い出し」とは?

アプローチをデザインする「洗い出し」アプローチをデザインする「洗い出し」

よくアプローチなどで聞く洗い出しという手法については過去をこのブログでも紹介させていただきました。

お庭はコンクリートじゃ味気ない、お洒落デザインを入れる施工方法【アプローチ】外構の打ち合わせを始めたところでアプローチのデザインを検討している人 ハウスメーカーの営業マンにそろそろ外構のプランを検討始めまし...

化粧砂利とコンクリート混ぜた状態のものを作り、普通のコンクリートと同じように舗装します。

そして、コンクリートが固まる前に、表面のセメントを流し出して、中に混ざっている化粧砂利を表面に出す手法です。こう言った手法を、洗い出しという風に呼びます。

これは、比較的関西地方の方で対応される仕上げ手法で、関東地方の方ではあまり私は見たことがありません。

ということで、今回よく洗い出しのメリット・デメリットをよく聞きますのでその辺りをちょっと私の個人的な見解も含めてお話ししたいと思います。

外構洗い出しのメリット:低予算でもおしゃれに仕上がる

外構洗い出しのメリット:低予算でもおしゃれに仕上がる

まず洗い出しのメリットとして低予算でもお洒落に仕上がるということです。

混ぜ込む化粧砂利の色を目によっては特色を出すことができ、赤色のもの、茶系の化粧砂利を混ぜることで暖かい印象の道路通路にできたり、また黒色の砂利お化粧砂利・玉砂利を混ぜることで和風のアプローチに仕上げることもできます。

この応用の幅が広いのは洗い出しの一つの特徴になります。

外構洗い出しのメリット:雨でも、寒い冬でも他工法に比べ滑りにくい

外構洗い出しのメリット:雨でも、寒い冬でも他工法に比べ滑りにくい外構洗い出しのメリット:雨でも、寒い冬でも他工法に比べ滑りにくい

洗い出しは表面が玉砂利でゴツゴツするので、雨の日でも、冬の寒い日でも、少し坂道になっていてもそれが滑り止めになって滑りにくいというメリットがあります。

特階段を作るほどの段差でもないけども坂道を作らないといけないという風な敷地状態条件の場合洗い出しで仕上げることで坂道を完全に歩くようなことができます。

滑りにくいタイルもありますが、タイルはどうしても濡れると滑りやすくなる性質もありますし、枕木なども凍ると滑ります。

特に、小さなお子様やご高齢の方がご家族にいる場合はありなしというのは安全という面でも洗い出し仕上げを選択するメリットは多いと思います。

外構洗い出しのデメリット:人によってクオリティに差が出る

次に、洗い出しのデメリットです。

後方の特性上、どうしても固まる途中に作業をしないといけないということもあり、その職人さんの腕によってクオリティに差が出ることが多いです。

施工当日の気温や天候・湿度・混ぜ込む砂利の粒の大きさや水分量によっては洗い出すベストのタイミングが異なります。

これは本当に職人さんの熟練の技&センスによるものなので、ぜひ洗い出し採用とする時は職人さんもしくは現場調査に来て下さったスタッフに過去の実績を見せてもらって下さい。

いいなって思うものがあれば、これをやった人に職人来てくださいと指名をしてみるのもいいと思います。

その職人さんを指定するだけでは、多分工事費用には差が出ませんし、ある意味安心してお任せできますね。

どうせやるなら安心してお任せれる職人さんに来てもらう!これもひとつのおねだりのポイントになるかなと思います。

外構洗い出しのデメリット:ポロポロ剥がれてきてしまう

外構洗い出しのデメリット:ポロポロ剥がれてきてしまう外構洗い出しのデメリット:ポロポロ剥がれてきてしまう

次に洗い出しのデメリットとしてあるのが、5年も10年もしてくるとどうしてもポロポロとかけてきてしまうことがあります。

セメントは特に接着をしているわけではないのでどうしても、毎日毎日何にも人が歩いていると端っこの方であったりとか一部ポロポロと取れてしまうことがあります。

これはもう致し方ないことですし、他の広報であったとしても経年の変化というのは発生します。

インターロッキングの場合は多少の凸凹が出来てしまったりします。

ある程度この上には目をつぶっていただく必要がありますね。

クオリティを安定して出せる商品:四国化成 リンクストーン

アプローチをデザインする「樹脂洗い出し」アプローチをデザインする「樹脂洗い出し」

その職人さんの腕による、クオリティのブレを解決している工業製品があります四国化成工業さんから販売されているリンクストーンという商品です。

これはウレタンという樹脂を使用したもので表面をウレタンでコーティングすることで独特の艶が出るので綺麗に仕上がります。

また職人さんによるクオリティの差というのが出にくいのがウリの工業製品なのでの表面を洗い出しの砂利で塗りつけるようなイメージですね。

ポロポロと剥がれにくくはなっているものの剥がれないわけではないので、そこにはちょっと注意が必要になります。

DIYでやろうとすればできるのと、メンテナンスも楽

正直、この四国化成さんのリンクストーンについては DIY でやろうと思えばできる商品です。

ちょっとねり方や乗り方にはコツが必要になったり特に施工時は雨などの水分に弱いものがあるので晴れた日に絶対しないといけない制限などがあります。

またポロポロ剥がれたしてしまった時にはメンテナンスの上からコーティング剤を塗りつけるだけで、また独特の光沢も戻り美しい洗い出しにもなるので施工の自信がないという業者さん家でやってみたいという方にはお勧めです。

じゃぁ、トータルで外構のプロの私は何を採用するか?

ここまで洗い出し仕上げのメリットデメリットを紹介していきました!

実際のところ、外構工事・エクステリアのプロの私はを採用するのかという質問があればなにを採用するんだ?と言う質問がきそうなのであらかじめお答えしたいと思います。

 

優先順位第2位:道路から玄関までのアプローチ

実益主義なので、「土間コンクリート」です。

洗い出しの化粧仕上げはしない。

です。

\(^o^)/

ごめんなさいね。回答を期待した人。

誠に残念なのですが、私は洗い出し仕上げにせず土間コンクリート仕上げで納めます。

理由は私は基本的に実益主義なのであまり化粧する映えるというふうなものにはあまり興味がなく、、、もし滑りなどが気になる場合は土間コンクリートを刷毛引き仕上げと言うザラザラの仕上げで

こんなものにして、納めます。

これも好みです。

何とも言えない結論になって、大変申し訳ないんですけども、、、、私は土間コンクリート派です。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ