フェンス

ブロック塀こそ最強の塀である【耐風×目隠し×防音×耐火】

ブロック塀こそ最強の塀である【耐風×目隠し×防音×耐火】

私は、お庭・外構の商品を卸し販売する商社働くエクステリアヲタクです。

必要要素をすべて兼ね備えた「ブロック塀」こそ最強の塀である

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

普段は、アルミ素材のエクステリア商品を販売しているのですが、ブロックも卸し販売をしています。

昨年度の大阪北部地震から「ブロック塀は危ないもの」という誤認が広まってしまい残念に思っている次第です。

確かにある側面では事実ですが、正しく施工したブロック塀ほど最強の塀は有りません。

今日は、タイトル通り「ブロック塀」について語ります。

このページのまとめ

  1. ブロック塀がいかに優れた塀であるのか、4つの視点とコストから紹介
  2. 自宅のブロック塀が正しく施工されているかどうか不安な方への推奨相談先
  3. さらに、世間からの目が気になってブロック塀のリフォームを検討している人への解決策

必要要素をすべて兼ね備えた「ブロック塀」こそ最強の塀である

先日、こんなツイートをしました

正しく施工すれば、コンクリートブロック塀は

✅耐風圧性能
✅防音性能
✅耐火性能
✅目隠し性能

全てを満たした神レベル

それでいて一個100円という超安価で実現できる最強の素材

正しく施工される世の中にするため、今日も情報発信します

また正しく施工していないブロック塀をきっかけに、事故が発生してしまいました。

無地のシンプルなタイプのコンクリートブロックは一個当たり100円から厚みによって150円ぐらいで購入できます。

非常に安価でコスパが良く、施工は大変ですが昔から広く普及している素材です。

しかし、昨今では手抜き工事などで地震で倒壊や事故などのニュースを目にしてしまいます。

悪い面ばかり報道されていますが、ちゃんと施工すれば、ブロック塀は非常に優秀であることをぜひ知っていただきたいです。

その4つの優秀なポイントをご紹介します。

ブロック塀の耐風圧性能:46m/s以上を有する

結論:ブロック塀の耐風圧強度は、Vo46m/s以上

コンクリートブロックはそれ自身の重量と鉄筋による補強が入り、相当な強度を持っています。

具体的な数字で表現すると、正しく施工したブロック塀の耐風圧強度は、Vo46m/s以上あるというのが私の結論です。

詳しくは以下のブログで考察と根拠について解説しています。

正しく施工したブロック塀の耐風圧強度は、Vo46m/s以上ある【というのが私の結論】
【ブロック塀の耐風圧強度は、Vo46m/s以上】というのが私の結論ブロック塀の耐風圧強度について調べている人 「最近、災害が多くてコンクリートブロック塀の強度とか気になる。工業製品ならメーカーに問...

ブロック塀の防音性能

パキッ!バキバキ!カーポート・テラスの屋根材の音鳴りが煩い

次に防音性能についてです。

防音には、遮音と吸音と2種類あります。そして防音は、「硬いもの・重いもの」は有利とされてます。

コンクリートブロック塀は硬くて重いため、車の音や人の話し声などを遮音するには十分な素質をもっています。

防音フェンスと呼ばれる工業製品は販売されていますが、コンクリートブロック塀の防音性能に比べると性能にはまだコンクリートブロック塀のほうが軍配が上がります。

「アルミフェンスよりも圧倒的にコンクリートブロックのほうが防音性能は高い」

と言えるのですが、こちらについては感覚値でしかないので私も研究がまだ足りておらず科学的な根拠、数字で表現できる材料が不足しています。。。(スミマセン)

ブロック塀の耐火性能:根拠は、国交省からのお達し

ブロック塀の耐火性能

フェンスにはない、コンクリートブロックには耐火性能があります。

火器を扱うガソリンスタンドでよく見かける塀、ブロック塀じゃないですか?

耐火性能を有している素材としてブロック塀はなじみのある者でした。

ガソリンスタンドやプロパンガスの保管場所などにも使われているようです。

ウチの最寄りのガソリンスタンドは、ブロック塀に白のペンキで色を塗っている構造でしたが、最近の新しいガソリンスタンドはコンクリートブロック塀や耐火性能を有した構造で造られたものが多かったです。

こちらの根拠としては、国交省からの通達で「コンクリートブロック塀は耐火構造として認められている」ということが以下の文章より判別できます。

耐火構造の構造方法を定める件
平成12年5月30日付け建設省告示第1399号http://www.mlit.go.jp/notice/noticedata/pdf/201706/00006704.pdf

「コンクリートブロック造、無筋コンクリート造、れんが造又は石造で肉厚及び仕上材料の厚さの合計が七センチメートル以上のもの」

https://twitter.com/spring_bd/status/1186946073090088960

 

耐火性能は、花火工場の塀もコンクリートブロックは作られているのもそういう理由ですね。

ブロック塀の目隠し性能:説明不要ですね。

すかしブロックが入ったコンクリートブロック塀は「黄色信号」

次に、目隠し性能ですが、こちらについては説明不要ですね。

目隠し性能は、言わずもがな塀としてはアルミであろうがコンクリートであろうが同じです。

透かしブロックを使えばで別ですが、コンクリートブロックは透過性がなく、透明でもないので100%目隠しの塀になります。

しかも、価格は1個100円という圧倒的な神価格

コンクリートブロックのすごいところはそれでいて1個100円で売られている神価格。

厚みにもよりますが150円ぐらいで購入が可能で、ホームセンターさんに行けばどこにでも売っていて普及が進んでいる商品です。

よく重しや踏み台などにも利用されますよね。

自分の家のブロック塀が正しく施工されてるかどうか気になるとき

カタログにも色間違いについての注意書きがあります。

ここまで、、、ブロック塀についてお話しましたがそもそも自分の家のブロック塀が正しく施工されているかどうか心配な時。

こちらも国交省が発布しているチェックリストがあります。

ブロック塀等の点検のチェックポイント

http://www.mlit.go.jp/common/001251611.pdf

出典:建築物の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について(国土交通省)
平成30年6月21日(報道発表)

こちらを見てもらうか、それでもわからない(特に内部の鉄筋については外観から見えないので)場合は、ブロック塀診断士(※1)という専門職がありますのでそちらに相談してみるのも良いと思います。

(※1)ブロック塀診断士とは
地域の安全、環境保持目的に、ブロック塀の危険個所の調査を行い、地震等における災害を防止する。また、リフォーム需要に対応し、既設ブロック塀の診断業務を行う。

ブロック塀診断士への相談先は、日本エクステリア建設業協会のホームページで公表されています。

▼都道府県別 ブロック塀診断士リスト
http://jpex-b.jp/page_a/page_a.html

会社名・連絡先まで公表されていますので心配な場合は、相談してみてください。

もしくは、私宛に連絡いただければお取引先の業者さんで診断士の資格をお持ちの方をご紹介します。

必要要素をすべて兼ね備えた「ブロック塀」こそ最強の塀である
わたしのプロフィール庭ファンの中の人は、現役エクステリア商社マン どうも、庭ファン(@spring_bd)と申します。 現在33歳、平日の仕事ではメーカ...

ブロック塀は安全と確認されても、世間の見た目が気になる人

危ない塀を取り替えさせる

とはいえ、自分はブロック塀診断士の診断結果を知っていて安全であることの確認が取れたとしても、道路からみた・外から見ればブロック塀には変わりないんですよね。

世間の目は、「ブロック塀=危険」とみているので特に通学路などの場合は世間体もありなにかしらの手を加えた方が良い場合もあります。

一部自治体によっては補助金が出たりする場合がありますが、全額ではありません。

ブロック塀を取り壊すと撤去と処分とさらに、新設をする場合にお金がかかります。

そういったリフォーム用や古臭い場合や見た目が悪い場合は、表面だけ綺麗に化粧する商品が販売されてますので、一部ご紹介します。

ブロック塀にデザインパネルを貼って隠す「エバーアートボード」(タカショー)

ブロック塀にデザインパネルを貼って隠す「エバーアートボード」(タカショー)ブロック塀にデザインパネルを貼って隠す「エバーアートボード」(タカショー)

デザインで定評高いタカショーさんよりエバーアートボードと呼ばれるデザインパネルが販売されています。

木目板が美しいお庭ですが、ちらっとブロック塀の足元と控え壁があるのわかりますでしょうか?

うまく調和(カモフラージュ)しているのでわかりにくいかもしれませんが、もともとブロック塀が積まれていた部分の表面にデザインパネルを貼り込んでリフォームした現場です。

▼「エバーアートボード」(タカショー)
http://proex.takasho.co.jp/product/everartboard.html

ブロック塀を竹垣として隠す「リアルフィット」(グローベン)

ブロック塀を竹垣として隠す「リアルフィット」(グローベン)ブロック塀を竹垣として隠す「リアルフィット」(グローベン)

次に、竹垣商品で業界では有名なグローベンさんです。

和風の風合いを残したまま竹垣として隠す「リアルフィット」という商品があります。

張り終わった後の画像を見てもわかりにくいのですが、施工方法の解説動画がありましたのでそちらも合わせてご覧ください。

動画では物置の壁面に貼っていますが、ブロック塀の表面に張り付けも可能です。(もともとブロック塀の化粧向けに製造されている商品です)

動画を見てみてDIYでもできそう!という方は、商品のみを購入されて実際施工するのも良いかと思います。

自分でできないし、業者が知り合いにいないよ

自宅の周辺でも業者さんを見たことがない、知り合いにエクステリアをやっている業者の人がいない場合、一括で検索できるサイトが便利です。

自分が住んでいる地域でブロック塀の診断や門・塀のリフォームを得意としているリフォーム会社を知りたい場合は、リフォーム会社紹介サービスを使うと優良企業が一覧で見れます。

「ブロック塀の相談する業者さんについて調べてみたけど、どの会社が本当に信頼できるか分からない」

「建ててもらって業者さんに相談しても”大丈夫ですよ!”って嘘つかれる可能性もあるし、第3者に相談・見てもらいたい。」

「ホームセンターに展示品を見に行ったけども、満足いく商品紹介や接客を受けられなかった。。。」

そんな方は、ぜひ簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

一生のうちにブロック塀の再建・リフォームなんて2回・3回と経験するもではありません。

ぜひ後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に複数業者に依頼をしましょう。

 

技術を持った、安心できる業者さんを見分けられる自信ありますか?

もし、即答で「はい!自信あります!」と答えられない場合は、全国の優良業者ばかりをあつめたタウンライフリフォームサイトが便利です。

こちらは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。

そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみがサイト上でフィルタリングされている状態です。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

だからタウンライフリフォームさんを私はオススメしてます。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

さらにいまなら、毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえます。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

しかもタウンライフリフォームに相談すれば相談したい会社1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで(外構業者さんには内緒で)紹介してもらえます

一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

業界経験が長く、エクステリア商社に勤めている私から見た「ブロック塀がいかに素晴らしいか」をご紹介しました。

「素晴らしい」と発信しても、世間の目は冷たいです。

ブロックの売り上げも、目も当てられない・恐ろしいぐらい減って、アルミフェンスに切り替わっています。

ブロック塀診断士さんのお墨付きで強度上問題がないことが確認できれば、取り壊しせず化粧で隠すのも一つの手段かと思いますよ。

ぜひ、一つの選択肢として持ってもらえると幸いです。

「参考になった」と好評の記事

「この記事に出会えてよかった、価格交渉ができました」「注文する前に確認すべきポイントがわかって助かった」という声を頂いています。事前に知識を仕入れておくとコスト削減にもつながり失敗も少なくなりますよ!

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...
素材で変わるフェンスの耐用年数【長く使うためフェンス選びのコツ】いろんなフェンスの耐用年数を調べてる人 「フェンスを新しく検討してるけども、長持ちするフェンスをつけたいと思っている。そもそもフェ...
今あるフェンスの高さを延長したいという人【目隠しフェンス】
今あるフェンスの高さを延長したいという人【目隠しフェンス】今あるフェンスの高さを延長したいという人 「今あるフェンスの柱を利用して、もっと背の高い目隠しフェンスを付けられますか?いまあるフ...
目隠しフェンス の高さは、目隠ししたいところから測るべし【鉄則】
目隠しフェンス の高さは、目隠ししたいところから測るべし【鉄則】道路からの視線を目隠ししたい人 「家の前の道路から見られるのが嫌だ。カーテンは閉めているんだけど、開けるときにいちいち人が居ないか...

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ