外構工事

新築外構工事100万円で仕上げる【余計なものを足さないのがコツ】

新築外構工事100万円で仕上げる【余計なものを足さないのがコツ】

新築外構の予算を考えていなかった人

「え、私の外構工事高すぎ!そもそも予算に入れてないし、外構なんて忘れてた。どうしよう?せっかくのマイホームの予算は削れないし、、、なんとか100万円以内でなんとかならない?」

←新築外構工事100万円で仕上げるには余計なものを足さないのがポイントです。

新築外構工事100万円で仕上げる【余計なものを足さないのがコツ】

新築外構工事100万円で仕上げるためには新築外構工事100万円で仕上げるためには

外構工事を安く抑えるにはどうすればいいか、悩んでいませんか?

一般的には、住宅の購入費の10%ほどを外構費用に充てる良いって言われてますが、あまり根拠のない数字だと思います。

住宅の購入費は、土地と建物の両方を含む人と、土地は持っていて建物だけを購入する人で前提条件の金額が大きく違います。

実際100万円でできる工事内容も現地現地により違うので一概にはなかなか答えを出しにくいです。

後から追加できる工事と最初から必要な工事で分けて考えると思考がすっきりします。

業者さんは単価を上げるために広く薄く工事しようと働きかけますが、あとから工事をする場合は、部分的、集中的に予算をかけた方がトータルで良いものができます。

生活に必要な箇所の工事のみを優先的に行うことで、効率的な資金配分が可能です。

外構工事といっても100万円でやるには限度がある

やっぱり、外構工事といっても予算が潤沢にあるわけじゃないので限度があります。

そこでひとつの基準にしてほしいのが

  • 「最低生活に必要な外構工事」

  • 「生活を便利する外構工事」

の視点です。

基本的に、外構工事は「駐車場工事」「境界工事」「門柱工事」など工事箇所のそれぞれの積み上がりで構成されて見積もりとして出来上がってます。

生活に必要な工事と、そうでない工事でわけて考えると予算も抑えられ100万円以内でも外構工事は十分に可能です。

そこで絶対に必要な外構工事とそこから残った予算で実施する優先順位の高い工事をピックアップしました。

絶対に必要な工事:100万円で実施する外構工事

道路から玄関までを繋ぐアプローチ工事は絶対必要。

外構には絶対アプローチは必要です、なければ、

泥のくつのまま家に入らないといけないし、せっかくの新居がザラザラ砂だらけに。。。

なんてことにならないように、コンクリートやタイルなどで仕上げておくのが通例です。土間仕上げの場合は、1平米あたり1.5万円で、タイルの場合2万円ぐらいを目安に考えておくと良いです。

だいたい70cmから1m幅で設置することが多く3メートルのアプローチは10万円以下ぐらいが目安です。道路から玄関までに傾斜や段差がある場合その調整費用がプラスされますが、現場や距離により目安の金額がなかなか出せないのが正直なトコロです。

来客時・郵便の受け取りに必要な門柱(ユニット)

来客やAmazonの荷物を受け取るのには、表札がないと家の場所がわからないし、インターフォンが無いと呼び出せません。

郵便物もポストがなければいれれないので、表札+インターフォン+ポストは必須です。できれば、照明もあった方が良いのですが、マストではないですね。

最近ではそれらが一式になった機能門柱がエクステリア商品が市販されています。

電気配線が来ていれば、設置だけなら10万円未満で可能です。

しかし、家の顔とも言える場所なので、ちょーシンプルな安物は・・・という人は多いです。しっかりとしたデザインが綺麗な門柱が人気。

タイル張り風や、木目調などデザインに凝ったもので20万円ぐらいです。

境界を明示と侵入を防ぐブロック塀・フェンス

これが実は一番外構工事で費用がかかります。ブロックをただ積むだけでは、台風や経年で傾いてしまうので、基礎を結構深めに作ります。

何もない場所に基礎を作って、ブロックを2段積む費用は1メーター当たり1.2万円〜1.5万円ぐらいです。1メーター当たりですよ?隣地との境界が2面、それぞれ8メートルつづある場合は、19.2万円〜24万円ぐらいです。

結構するんですよね。。。↑の金額はブロック積みだけですよ?

これプラスフェンスを付ける場合は、フェンス代金とフェンスの工事費がかかります。

フェンスは安いメッシュフェンスで1メーター当たり8000円〜9000円、目隠しの機能があるフェンスは1.2万円〜1.5万円ぐらいです。

トータルで行くと安くても、ブロック+フェンスで1メーターあたり2万円〜が相場です。

一度つけてしまうと取り壊しにも費用がかかるので慎重に高さや長さ・場所を見ておいた方が良いですね。

100万円の外構工事のだいたい4割はフェンス代金です。

エクステリアメーカーさんが公表している売上の工業界資料を見てもフェンスの売上が4割ほどを占めているほどメジャーな部分です。

どの外構工事でもウェイトを大きくしめる部分なのでコストカットするには一番最初に手をつける部分です。

例えば、新築外構工事の予算を100万円で考えている場合必須の工事内容だけで、

  • アプローチ工事で10万円〜20万円
  • 機能門柱(ポスト・インターホン・表札)で10万円〜20万円
  • フェンスを15メートルつけた場合、30万円〜36万円

必須工事だけでも予算の半分以上〜8割ほどを含みます。

外構工事って意外と高額なんですよね。

残りの予算で、いかに生活に密着した部分を工事ができるが100万円の予算で外構工事を成功させるポイントだと私は思います。

私が外構工事のプランナーなら以下のことを提案しますね。

次に、なくても生活できるけども…優先度の高い外構工事

優先度は、生活の密着度をベースに考えると良いですね。

車をの乗らないのに土間コンクリートを敷いても仕方ないですし、

ランドリールームが家にあるのに、洗濯物を干す屋根をつけても仕方ないです。

駐車スペースを泥だらけにしない土間コンクリート

駐車スペースを泥だらけにしない土間コンクリート

次に外構工事の優先度が高い工事としては、駐車場の土間コンクリートですね。

駐車場が、土のまま雨の日はどうしても泥だらけになってしまったり、車の中にも砂が上がってしまったりします。

外構コンクリート費用がわかる【土間コン相場シミュレーター】
外構の土間コンクリート費用がわかる【土間コン相場シミュレーター】外構で使う土間コンクリート費用が高くてびっくりしてる人 「え?駐車場の土間コンクリートってこんなに高いの?外構工事の1/3ぐらいを占めて...

コンクリートの費用は、ざっくり1平米当たり1万円〜1.2万円、面積によっては前後します。

駐車場スペースで3m×5mの15平米で約15万円〜20万円です。

100万円の費用で、必須な工事を行った残りでなんとか捻出できる位、もしくは業者さんに値引き協力をしてもらってねじ込むのもアリですね。

洗濯物を干すためのテラス屋根・勝手口屋根

次の優先度として高いのは洗濯物干し屋根。

部屋の中で毎日干すのは湿気も多く、せっかくの新居がせまくなってしまうので嫌ですよね。

洗濯物干しの屋根があれば急な雨でも(多少は)防いでくれます。

よく出る3.6メートル×1.5メートルぐらいのサイズであれば10万円を切る価格で取り付け工事ができます。

勝手口にひとつ。表のお庭にひとつ。セットで取り付けする

予算によっては、駐車場とテラス屋根を天秤にかける必要が出てくるかもしれませんね。

屋外の収納スペースを確保する物置

引っ越してきたけども思ったよりも荷物が片付かない。

せっかくの新居、でも引越し後に荷物が多すぎてなんだか家が狭い。

物がおおすぎる。

そんな時には家にある荷物を外に出せる物置・収納スペースがあると便利です。

正直、お庭まで取りに行くのが面倒ですが、使用頻度の低いものをから順番に屋外に放り出しましょう。

一旦、屋外にものを出してしまうと出来上がった、広がった空間が気持ちよくてクセになりますよ。

そういった押し出し先がないといけないので、お庭の端っこの方に小さな物置でも置いておくものアリですね。

幅1メートルぐらいの小さな物置であれば、工事費用も加味しても5万円〜10万円です。

100万円という大きな外構工事を注文するので、物置の工事費用分のオネダリ・サービスしてもらっても大丈夫です。言わないと値引きして・サービスしてくれませんのでガツガツ言いましょう。

お引越し先・地元のエクステリア・外構業者さんをよく知らない場合

お引越し先・地元のエクステリア・外構業者さんをよく知らない場合

引っ越してきたばかりで土地勘がない場合、チラシなどが入っていない場合、引っ越し先の店舗情報や土地勘がない場合、はエクステリア専門店や外構業者さんってわからないですよね。

ネットショップは調べればすぐ出てくるのですが、、、

もし知り合いにカーポートや外構業者さんがいなくて、外構の見積もりをしてくれる業者さんを探している場合は、「タウンライフリフォーム」サイトが便利です。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

地域の優良外構業者さんを検索できるサイトで、厳しい審査を経て掲載されています。

なので、悪徳なリフォーム業者さんや質の悪い業者さんは一切登録されていません。

市区町村までの住所を入力して、住まいのタイプを戸建て・マンション・事務所のいずれかをチェックするだけずらりと業者さんの一覧が確認できます。

希望の業者さんが居なければ依頼しなければよいですし、見積だけは無料なので確認だけでもおすすめです。

依頼先の会社名は匿名ではなくちゃんと社名が出る

しかも、タウンライフリフォームでは外構・エクステリアが対応できる会社名は匿名ではなく、ちゃんと出ます。

よくあるマッチングサイトでは一括依頼で複数社にまとめて情報が行く仕組みになっており、依頼者はどこに依頼したかわからいこともあります。

気がつけば、着信が数十件残っている経験ありませんか?

私は、車の下取りでやられました。。。

仕事終わったあと携帯を見ると複数番号から着信が数十件あり、どこの会社からか、その後もしつこく着信がありつづけて恐ろしい思いもしました。

そういった意味ではタウンライフリフォームでは事前に依頼先を自分で選定できるので、そういった心配もありません。

事前にその会社のPR文もあるので事前にサーチも可能ですね。

自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみる。

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ