カーポート

カーポートの耐用年数は20年以上、さらにメンテナンスで伸ばせる

カーポートの耐用年数は20年以上、さらにメンテナンスで伸ばせる

カーポートの耐用年数気になってる人

「カーポートの耐用年数が気になってる。安いモノじゃないし、一度設置すると買い換えることはまぁないと思う。できれば長く使える良きものか欲しいんだけど、耐用年数ってメーカーによって違う?どうすれば長持ちするの?」

←カーポートの寿命はないに等しいぐらい劣化はしませんよ!

優良外構業者の3条件、外構工事の検討に必須です!【見分けポイント】はじめまして、私はエクステリア商社の営業マンです 当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。 私は、エクステリアや外...

スマホでも簡単入力、すぐわかる/
>>見積相談・資料請求する
※何度でも見積は無料でもらえます

私はエクステリア専門業者へ商品を卸す仕事をしています

カーポートの耐用年数を知りたいと思っている人へ、ぜひとも私のことを信頼してもらいたいです。

普段は、エクステリア専門業者さんへ商品を卸す仕事をしています。

卸す商品はメーカーさんの工場で製造された出来立てホヤホヤの新品ばかりです。

ホームセンターさんやネットショップさん、地場の工務店さんや、ハウスメーカーさんなどエクステリア業界・外構業界の関連事業・工事事業者さんにカーポートなどのエクステリア商品・資材を卸しています。

そして、業界の経験年数が長くなればなるほどいろんな製品トラブルや施工トラブルなどに出くわすこともあります。

今日は、その耐用年数について詳しく見ていきたいと思います。

※どれぐらいカーポート・エクステリアに詳しいかは過去の私のブログをご覧いただけるとわかるかと思います。

カーポートの耐用年数なんてほぼ永年

最近は素材も技術も進歩して、アルミは錆びないし、ポリカも劣化はないに等しい

耐用年数を脅かすのは、台風と積雪

天敵の天災に対しても、しっかり対策すれば良いんです✨

何も知らないほうが一番耐用年数年数を下げる原因です💀💀💀

先日のツイート内容ですが、圧倒的に素材が強く「経年劣化はほぼ無いに等しい」です。

こちらの内容について詳しく深堀をしたいと思います。

カーポートの耐用年数は20年以上、さらにメンテナンスで伸ばせる

カーポートのほとんどはアルミ製で出来上がっているため、錆びることはありません。

ですが、金属特有の「塩害」の影響を受けます。しかし鉄(スチール)製に比べ影響は少なく、年に1回程度、水で濡らした雑巾で表面の汚れをふき取るようにして下さい。

それだけでもほんと十分です。

カーポートの耐用年数を脅かすのは、台風と積雪

カーポートの耐用年数を脅かすのは、台風と積雪カーポートの耐用年数を脅かすのは、台風と積雪

カーポートが壊れてしまう原因は、2つ。台風と積雪です。

昨今では、普段あまり雪が多く降らない地域での大雪のニュースも耳にしますし、台風も超強力なものが上陸することも耳にします。

台風の脅威からカーポートを守るにはサポート柱

片流れカーポートを台風の強風から守るにはサポート柱が有効です。

強不意の突風などのあおりを軽減する効果がありますので風の強い地域には非常に有効なオプション品です。

風が抜けやすい場所、海・湖の近くなど比較的風の強いエリアに設置する場合にご検討下さい。

積雪の脅威からカーポートを守るのもサポート柱

積雪の脅威からカーポートを守るのもサポート柱積雪の脅威からカーポートを守るのもサポート柱

積雪が見込まれる場合にも片流れカーポートを守るにはサポート柱が有効です。

両足モデルは特に対応は不要です。

積雪の場合は、そもそも地域の積雪量に合わせた強度の選択が必要になります。

過去に最も積もった積雪量は下記ページでも検索方法を紹介していますので合わせてご覧ください。

【朗報】住んでいるエリアの最深積雪を調べられるサイトがある【カーポート】
【朗報】住んでいるエリアの最深積雪を調べられるサイトがある【カーポート】カーポートへの積雪が心配な人 「引っ越してきたばかりで、自宅周辺の気象情報が薄くてどう対策したらいいかわからない。積雪もどれぐらい...

ちなみに、カーポートは、~20cm、~50cm、~100cm、~150cm,~200cmの5段階の積雪強度のバリエーションがあります。

ちなみに法律上のカーポートを守るのもサポート柱

税法上の耐用年数については、金属造の構造物として扱われる場合は15年と解釈されることが多いようですが、実際の対応年数には差があります。

昨今のアルミ構造物の研究がすすめられ対応年数・耐用年数はどんどん伸びてきています。

用環境にもよりますが、台風や積雪などで物理的に損傷がなければ相応期間利用できる商品です。

カーポートの業者さんはネットでも探せます 

カーポートの耐用年数や耐久性についてネットで検索したあなたのように業者さんはネットでも検索できます。

自分が住んでいる地域でカーポートのリフォームを得意としているリフォーム会社を知りたい場合は、リフォーム会社紹介サービスを使うと良いですよ。

「カーポートの設置を依頼する業者さんについて調べてみたけど、どの会社が本当に信頼できるか分からない」

「引っ越してきたばかりで、家の周りもよくわからないし。ヨソの人をせっかく建てた新築の家に何度も上がってきて欲しくない。」

「ホームセンターに展示品を見に行ったけども、満足いく商品紹介や接客を受けられなかった。。。」

そんな方は、ぜひ簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

一生のうちにカーポートの設置やカースペースのリフォームをすることは2回・3回と経験するもではありません。

ぜひ後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に複数業者に依頼をしましょう。

技術を持った、安心できる業者さんを見分けられる自信ありますか?

もし、即答で「はい!自信あります!」と答えられない場合は、全国の優良業者ばかりをあつめたタウンライフリフォームサイトが便利です。

こちらは、地元の優良企業を集めたサービスでリフォーム部門では3冠を達成した由緒あるサービスです。

そもそも悪徳業者はこう言った紹介サービスで紹介してもらえず、優良企業のみがサイト上でフィルタリングされている状態です。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

だからタウンライフリフォームさんを私はオススメしてます。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

さらにいまなら、毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」の冊子資料がもらえます。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

しかもタウンライフリフォームに相談すれば相談したい会社1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで(外構業者さんには内緒で)紹介してもらえます

一度で二度と美味しいサービスなので、今から業者探しをしている方は、利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

依頼先の会社名は匿名ではなくちゃんと社名が出る

しかも、タウンライフリフォームでは外構・エクステリアが対応できる会社名は匿名ではなく、ちゃんと出ます。

よくあるマッチングサイトでは一括依頼で複数社にまとめて情報が行く仕組みになっており、依頼者はどこに依頼したかわからいこともあります。

気がつけば、着信が数十件残っている経験ありませんか?

私は、車の下取りでやられました。。。

仕事終わったあと携帯を見ると複数番号から着信が数十件あり、どこの会社からか、何のないようなのか留守電もなく、その後もしつこく着信がありつづけて恐ろしい思いもしました。

そういった意味ではタウンライフリフォームでは事前に依頼先を自分で選定できるので、そういった心配もありません。

事前にその会社のPR文もあるので事前にサーチも可能ですね。

自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみる。

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

>>タウンライフリフォーム公式サイト

 

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ