カーポート

カーポートをつけた後、増える税金に心配な人へ【固定資産税/消費税】

LIXIL社かっこいいカーポート1:カーポートSC

カーポートをつけた後に増える税金について心配している人

「カーポートをつけた後税金とか増えないですか?あとあとかかる費用が増えるなら検討を考え直さないといけないし、かかるの?かかるとしたらいくらぐらいを目安に考えればいいのか。教えてください。」

←結論、カーポートに関係する税金は2つ。

私は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マンです。 

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

今日は「カーポートにまつわる税金」についてお話ししたいと思います。

カーポートにまつわる税金は2つ。 1つは、固定資産税。もう一つは消費税。 一般的には壁がないカーポートは「固定資産税の対象外とうのが通例。 残念ですが、消費税は掛かります。 【10%】に引き上げになる前の今がチャンスです。 こういう高額商品の2%は大きい。

先日、上記のようなツイートをしました。税金についてより詳しくこのブログでもご紹介します。

カーポートにまつわる税金は2つ。

カーポートを取り付けた後い毎年お金がかかってしまうと嫌ですよね。

ただでさえ安くないお買い物なのにさらに毎年追加で金額がかかるとなるとためらってしまいます。

そこで、カーポートにまつわる税金についてまとめました。

結論から言うと、ほとんどかかりません。

その理由については以下で紹介します。

カーポートにかかる税金1「固定資産税」

わからなければ、提案してもらうと吉。

ご自宅を所有されている場合は、毎年この時期に請求がきたりします。

そう、固定資産税です。

カーポートは固定資産税の対象になるのか?

という疑問についてはほとんど対象外というのが回答になります。

ほんの一部が、税金の対象になるかもしれないレベルで、一般的な形状ではかからない認識で大丈夫です。

詳しくは、課税基準について下記記事で紹介していますのであわせてご覧ください。

カーポートにかかわる税金「固定資産税」
カーポート検討中の方はご注意を!カーポートにかかる固定資産税・税金カーポートの固定資産税が気になってる人 「カーポートを設置すると固定資産税がかかるってくるという話を聞いた。雨の日に車の乗り降りが...

カーポートにかかる税金2「消費税」

次にカーポートに関係する税金は、消費税です。

当たり前すぎて、忘れそうになりますが、見積もり金額には既に含まれていると思います。

さらに、消費税は10%に値上がりすると言うじゃないですか(値上がりという表現が正しいかどうか別ですが・・・)

一般の顧客からすると値上がり以外何者でもないので、買うなら今のうちです。

2%分値上がりしても、施工品質が上がるわけでも、商品グレードが上がるわけでもないです。(悲しい・・・)

カーポートにかかる税金は、一般的には上記の二種になります。

カーポートの購入を検討されている方へ

税金がかからないことに安心したけども、消費税の引き上げに驚いている人はいると思います。

工事請負契約になるため、カーポートの課税のタイミングは工事が完了したタイミングになります。

(お店によって基準が違うかもしれませんが・・・)

8月や9月にカーポートの見積もり相談をしているとたぶん、10月に工事完了は間に合わないです。

駆け込みがめちゃくちゃあると思いますので、早め早めの行動が2%の値下げになります。

早めに行動しないと損ですよね。

カーポートの業者さんはネットでも探せます 

https://townlife-aff.com/link.php?i=5af26089db0f3&m=5d1ca5c339596外構・リフォーム相場を見るだけでもOK

カーポートと税金のことについて、検索したあなたのようにお金はとっても大事です。

エクステリアについてはあまり購入する頻度が高くないので、わからないことがたくさんあります。

ぜひ、複数社に見積もりを取って頂き、カーポートの予算についてだけでなく、提案内容や工事の内容を比較検討して頂くと良いかと思います。

そうすることで、外構やお庭工事を得意とする専門の業者からのアドバイスやアイデアがもらえるので、失敗するリスクも軽減できます。

あまりそういった業者さん複数社知らないという場合には、下記のリンクのようなインターネットで業者さんを紹介いただける地元の優良業者さんを紹介いただけるサービスもありますよ。

>>見積相談・資料請求する

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、提案内容に正解はありません。

私は、損をしないエクステリア見積もりを取るためにも、複数の専門業者さんにアドバイスを受けることをお勧めします。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ