フェンス

風の強い地域に住んでいますが、目隠しフェンスを設置しても大丈夫ですか?【フェンスvs台風】

風の強い地域に住んでいますが、目隠しフェンスを設置しても大丈夫ですか?【フェンスvs台風】

フェンスを設置したいけど、風が心配な人

「毎度、台風の時は凄い風がウチの横を抜けていくんだよね。普段も少し風が吹くと抜け道になっていて、目隠しフェンスを付けたいんだけど倒れないか心配。風に強いフェンスありますか??」

←風に強くて、目隠しになるフェンスあります

ざっくり3行でまとめると ※これは私の私見です

  1. 柱本数を増やして強度をアップさせる
  2. 風の抜けるルーバー目隠しをデザインを選ぶ
  3. 縦格子のフェンスを選ぶ(少し目隠し性能落ちる

普段、エクステリア専門店に商品を卸す商社マンしてます

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

さらに私の詳しい自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

私は、知らないこと・わからないことは理由を徹底的に調べ癖があるようです。

昨今は、台風などの異常気象で風に対しての感度が高くなり皆さん気にされる人が多いです。

今日は風に強いフェンスについてご紹介します。「フェンスの選び方で風対策ができる」お得な情報です。

\フェンス・外柵工事の優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

そもそも高強度の風に強いフェンスを選ぶ

そもそも高強度の風に強いフェンス

フェンスは屋外に設置するものなので、耐風圧強度試験をクリアした商品が多く販売されています。

特に、通常のフェンスよりも強度を高めたフェンス・柱も販売されているので、心配な場合は、強度の高いフェンスをお買い物求めください。

「柱本数を増やす」という風対策もあります。

YKKAPさんのフェンスシリーズには、「耐風圧強度34m相当用」と「耐風圧強度40m相当用」の柱が用意があります。風のつよい地域には高い性能の柱を選んでおくと安心ですね。

風を通して、風に強いルーバーフェンス

風を通して、風に強いルーバーフェンス

目隠しだけども、風対策ができているルーバータイプのフェンス。

このブログでも何度も紹介しているのですが、風に強いフェンスをの定番は、ルーバー目隠しフェンスです。

同じ目隠し機能を持ったフェンスでルーバーになっており風を通すので、目隠しフェンスのなかでは台風対策としては有利なフェンスです。

こちらも詳しくはこちらの記事で解説してます。

ルーバータイプを選べば間違いない
目隠しフェンスはルーバータイプを選べば間違いない【理由は単純】 フェンスのデザインが多すぎてイライラしてる人 「外構業者さんから見積もりもらった。フェンスは、プレスタフェンス?8型?らしい。1...

風を通すことで風に強い、縦格子で適度に目隠し

風を通すことで風に強い、縦格子で適度に目隠し

風が当たる面積が少なければ、少ないほど台風の強風には有利です。

メッシュフェンスのようにほとんど風を受けないフェンスをおすすめしますが、目隠し性能は失われます。

風のつよさと目隠し性能がちょうど反比例するためちょうど良い按配なのが、縦格子フェンスです。

横格子と縦格子ではほとんど違いが見られませんが、目隠しとしては縦格子のほうが有利です。

くわしくはこちらの記事でも解説してます。

フェンスの縦格子&横格子議論【ガーデンリフォーム豆知識】
フェンスの縦格子&横格子議論【ガーデンリフォーム豆知識】縦格子のフェンスか、横格子のフェンスか迷っているひとへ 「うーん、業者さんからフェンスの見積もりもらったけど1型と2型と横か縦かし...

フェンス選び・風対策が心配な方へ

https://townlife-aff.com/link.php?i=5af26089db0f3&m=5d1ca5c339596外構・リフォーム相場を見るだけでもOK

ご自宅に似合う目隠し方式がどれなのか、風対策について心配な場合は専門家による見積もりが必要ですね。

ぜひ一度無料で見積もりが可能なサービスをご利用下さいませ。

>>見積相談・資料請求する

上記のサイトからお住まいの市区町村を入力するだけで、目隠しフェンスや面格子、その他の目隠し以外についてのお庭の相談も可能です。

外構費用の比較やデザインが比較も行えるので、ひとつの業者さんで見積もりを依頼するよりも適切なアドバイスやアイディアが複数業者さんからもらえるので失敗するリスクも軽減が可能です。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、提案内容に正解はありません。

私は、損をしないエクステリア見積もりを取るためにも、複数の専門業者さんにアドバイスを受けることをお勧めします。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ