ウッドデッキ

ウッドデッキをDIYするときの木材は何がベストか?

ウッドデッキDIYベスト木材

ウッドデッキのDIY素材を探している人

「DIYするためにウッドデッキの木材はなにがいいんだろう?人工木?ハードウッド?ウリン?それぞれの体験談を紹介してもらえると嬉しい」

←ウッドデッキは人工木択一です。

ウッドデッキをDIYするときの木材は何がベストか?

ウッドデッキDIYベスト木材ウッドデッキDIYベスト木材

ウッドデッキをDIYで作る時の木材はいくつか種類があります。

一般的普及していて容易に手に入れられる木材として、天然木と人工木の2種類が挙げられます。

天然木は、木の質感が感じられ、また木材自身の香りも良く、雰囲気は最高です。

比較して、人工木のウッドデッキは天然木の質感に近づけた人工的な工業品木材です。

最近では、DIY向けにキット化されたものも多く、耐久性が高いので採用率が圧倒的に高い素材です。(日本の9割は人工木です。)

天然木と人工木の採用率については過去ブログをご参照下さい。

人工木ウッドデッキ比較、NO.1はどれだ!?【全メーカー総比べ】
人工木ウッドデッキ比較、NO.1はどれだ!?【全メーカー総比べ】どのウッドデッキを選べば良いか迷っている方 「ウッドデッキを家に付けようと思っているけど、何があるかがわからない。人工木?天然木?...

天然木の場合は、日光や湿気などで劣化が進むことがあるので、毎年のメンテナンスが必要になります。

メンテナンスとは、再塗装のことを指します。人工木の場合はそういったメンテナンスは一切発生しませんので、メンテナンスフリーという面で人気が高い木材です。

DIY用ウッドデッキまとめ

ウッドデッキの材料は大きく分けて天然木と人工木の2種類

それぞれ良い面・悪い面があります。

毎度も言いますが、人工木一択です。

ウッドデッキDIYは人工木

エクステリア・お庭業界で10年以上の経験がある私から言うと、過去ブログでも何度も申し上げていますが、DIY のウッドデッキには、人工木を推奨しています。

理由はいくつかありますので後ほど紹介させていただきます。

トータル的には施工時にかかる費用、メンテナンスにかかる費用、また工事にかかる時間などもトータルで有利です。

人工木ウッドデッキを DIY 木材としては利用すべきだと考えています 。

DIY用ウッドデッキまとめ

このブログでは何度も人工木を推奨しています。

トータルが安くなるのでウッドデッキ素材はDIYでも人工木一択。

耐久力・価格・施工性、DIY材料は人工木を推奨

人工木を推奨する理由は3つあります。

1つ目、耐久性の面です。

人工木ウッドデッキは毎年の防腐剤の散布などの必要性はありません。

一度設置してしまえばほとんど、メンテナンスする必要はありません。

多少の汚れはつきますが、天然木のように腐食する事ってのはありません。

2つ目、価格面です

最近では人工木が非常に普及しており価格面もこなれてきています。

普及が進み、企業間の競争が激しく、供給も増え、そのぶん品質は安定しましたし、価格を低下してきました

品質によりますが、天然木と人工木ではほとんど価格差が、なくなってきましたね。

最後に、組み立てやすさです。

人工木のウッドデッキは工業製品のためあらかじめ、ウッドデッキが仕上がる状態に、木材の形に加工ビス穴なども開けた状態で出荷されています。

単純に組み立てだけで完了完成します。

木材を切り間違えて再購入のリスクもなく、寸法も安定しているのでガタツキもありません。

耐久力については天然木の中に超耐久力のものもあります。アジア圏で桟橋や港に使われているような木材、樹種です。ハードウッドと呼ばれ、耐用年数も20年から30年もある木材もございます。

ですが、これらの木材は比較的高級品です。

また、輸入の規制を受けている木材樹種のため今後入手できなくなる可能性もあります。

DIY用ウッドデッキまとめ

人工木がDIYウッドデッキ素材として優秀です。

メンテナンス・価格・耐久力・すべてにおいて推奨できます。

DIYがしんどいという人は、プロにお任せ。

DIYに向いている木材について記載しましたが、そもそもDIYが面倒。自分でやる気がない場合は専門業者に任せましょう!

品質の良いウッドデッキを取り付けるには相見積もりが基本です。

知り合いや近くにそんなに複数社いないという場合は、ぜひ下記リンクをご参照下さい。

>>見積相談・資料請求する

お住いの近くの優良専門業者を複数社紹介します。その中からもっとも適切な業者さんを選んで頂き快適ウッドデッキライフをお楽しみください!

DIY用ウッドデッキまとめ

とはいえ、めんどくさい・わからない場合はプロにお任せ。

ウッドデッキ素材選択もプロに意見を求めるのも正解

 

本ページのまとめ

  1. ウッドデッキをDIYするときの木材は何がベストか?
  2. 毎度も言いますが、人工木一択です。
  3. 耐久力・価格・施工性、DIY材料は人工木を推奨
  4. DIYがしんどいという人は、プロにお任せ。
外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ