エクステリア

選んではいけない残念な外構7選!先人の失敗を生かした後悔しないプランづくり

昔はよく見かけていたけれど、最近めっきり減ってしまった外構プランがあります。

採用が少なくなってきたということは…

選ばない理由がある!!!

  • どうして採用されなくなったのか?
  • そもそも必要なかった?
  • 他のものに置き換えたの?

それぞれ、メリットデメリット、時代の流れも合わせて解説します!

今回紹介する設備が全部ダメというわけではありません。

外構も、時代の流れと共にかわります。

  • 技術進歩
  • テクノロジーの革新

これらがあって昔は出来なかったことができるように!

外構に対する工程観念もアップデートしていきましょう!

元・エクステリア商社営業マン、外構の専門家です

元・エクステリア商社営業マン、外構の専門家です

はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

元・外構エクステリア商社の営業マンでした。

日本全国のありとあらゆる外構資材・エクステリア商品を集め、プロの業者向けに販売している年商100億を超える会社の商社マンでした。

YouTubeでも情報配信し、トータルの再生数は1,665万回を超え、チャンネル登録者数は6.6万人超になりました。

このサイトでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報やコストカットの秘訣などを、無料で配信しています

また、外構プランや商品選定のノウハウを惜しみなく詰め込んだ書籍も出版しました。

≫著書をamazonで立ち読みできます!

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物です。

絶対に、失敗・後悔してほしくないという私の思いが伝わることを願いながら、お庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てると嬉しいです。

本気で外構について考えたい人は、≫無料メルマガがおすすめです。

私の集大成であるノウハウを【超短期の1週間メルマガ集中講座】に、凝縮してお届けします。

メルマガ登録者限定のプレゼント企画もあります!

≫(無料)登録者プレゼントをもらう!

また、私の詳しい経歴を知りたい方は、≫わたしのプロフィールをご参照ください。

 



※無料で「庭ファン」に直接、外構・エクステリアの相談できます。

「相談してみたい…」「ちょっと困っていることがある」「価格が相場通りか心配…」という方は、下記リンクからお見積り相談を申し込みの上、庭ファンまでご連絡ください。

(無料)優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※庭ファンがフォローアップします

その家、その家にあった最適解の外構を、わたしも一緒に考えて、素敵なお庭づくりができるように、知恵と経験を提供します!

1.道路面の「生垣・植栽」目隠し

1.道路面の「生垣・植栽」目隠し

目隠しで使われる植栽はこれら。

  • レッドロビン
  • サザンカ
  • クチナシ

常緑で目隠しもできますし、庭らしく緑化できます。

価格もそこまで高くないので、お庭を囲うのが最適な方法でした。

ですが、最近はフェンスに置き換えが進んでいます。

最近は生垣ではなくフェンスに置き換えが進んでいます
生垣を置く新築の家はかなり少なくなってきました。

生垣のデメリット

  1. 定期的な剪定
  2. 高いトータルコスト

生垣のデメリットとして、定期的な剪定の手間があります。

放っておくと植栽は伸び続けるので、カットが必要。

剪定後のゴミの処分もかなり大変で、ゴミ袋数袋に。

また、トータルコストを考えると他の手段を取った方が良いと考えるのが現代の庭づくりです。

昔は植栽を置くしか選択肢がなかった。

現代の目隠しはフェンス

現代の目隠しはフェンス

現代の20~30代の子育て世代は日々忙しく、生垣の剪定などしていられません。

せっかくの休日に剪定をするよりも、お子さんと遊びに行きたいと思う方が多いでしょう。

  • 見た目
  • 初期費用
  • メンテナンス費用

これらと、剪定の手間を天秤にかけられるようになって、トータルで考えてフェンスの方が合理的と考えられます。

とはいえ、フェンスを設置するにあたって植栽も緑もないのは見た目があまりよくありません。

そこで、木板を検討する方も多いです。

そこで知っておいて欲しいのが樹脂製のフェンス!

樹脂フェンスは、これが良い!12年現場を見てきた外構プロが推奨します【超耐久×メンテ不要】「天然木の風合いは譲れない!ケド、毎年の塗りメンテはイヤだ!」「ぜいたくを言うと、できるだけ目隠しフェンスの費用は安くしたい!」 お任せください。そんなワガママを叶えるフェンスあります!目隠しフェンスは、アルミフェンスが主流ですが、「樹種フェンス」に注目してください。お客様にいつも提案して、ご満足頂いている樹脂フェンスを外構のプロである庭ファンが紹介します!...

≫超耐久のウッドフェンス!塗りメンテ不要の樹脂製フェンス

2.戸建てのお庭の大定番「天然芝」

2.戸建てのお庭の大定番「天然芝」

天然芝は、お庭らしく緑化できます。

自己増殖もするので、広い面積の場合はコストを安く設置できます。

逆に大きくなりすぎるという面もありますが…それも魅力!

ですが、最近は天然芝を採用するお庭が減ってきました。

人工芝の進化

人工芝の進化

天然芝が減ってきた理由は、人工の工業製品に置き換えられるようになったからです。

人工芝はメンテナンス不要。

  • 芝刈り
  • 水やり

これらが不要で手軽に設置できます。

見た目も本物の芝に近くなってきました。

天然芝は陽当りが悪いと生育しなかったり、枯れたりします。

人工芝なら1年中青い!

個人的に一番オススメしている人工芝はリアリーターフです。

  • 耐久性
  • 質感
  • 価格

これらのバランスが良い!

人工芝はこれが一番!失敗しない!耐久×質感×価格がベストバランスの「リアリーターフ」 ホームセンターさんにも、この時期は人工芝やベランダ・バルコニー緑化に人工芝などのサンプルが広げられ、特設売り場ができますよね。 ...

≫人工芝はこれが一番!失敗しない!耐久×質感×価格がベストバランスの「リアリーターフ」

3.レンガ積みの花壇・タイル張りの塀

3.レンガ積みの花壇・タイル張りの塀

そもそも、花壇を作る家が少なくなってきました。

擁壁やブロックにタイルを貼ったものも少なくなったように思います。

  • コストがかかる
  • タイルが剥がれてくる可能性

これらもあって、最近は新築のお庭で採用が進んでいません。

ですが、技術の進歩で手法も多様化しています。

花壇は技術の進歩で手法も多様化
  • タイルっぽいブロック
  • タイル以外の表現技法

これらで個性をアピールできるようになってきました。

こちらは「タイルのように見えるブロック」です。

タイルのように見えるブロック

お金をかけてタイルを貼る必要はありません。

レンガ積みの花壇・タイル張りの塀の採用は少なくなってきましたが、家の外壁にはタイルの採用が上がってきています。

昔はタイルの外壁がなかった!

4.オシャレに魅せる「インターロッキング」

4.オシャレに魅せる「インターロッキング」

インターロッキングとは、ブロック・レンガを絨毯のように敷き詰めたもの。

アプローチや門廻りに採用することが多かったのですが、最近では駐車場への採用がかなり減りました。

昔は、駐車場を彩る手法がインターロッキングしかなかったのでこういった悩みが…。

インターロッキングしかなかったのでこういった悩みが...。
  • 経年の仕様による凹み・デコボコ
  • 吸水率が高くコケも生えやすい

駐車場には車重がかかるので凹むことも。

また、隙間に水が入りコケが生えやすいというデメリットがありました。

最近は、ほとんどが土間コンクリートです。

インターロッキングの採用は減りましたが、似たような見た目でスタンプコンクリートがあります。

スタンプコンクリート

スタンプコンクリートは、土間コンクリートを打った後に塗料を撒き、型を押して模様を作る手法です。

最後にトップコートをして、汚れや剥がれがないようにコーティング。

技術革新によって色落ちしにくい塗料や工法が開発され、駐車場に色を付けても耐えられるようになりました。

コストは普通の土間コンより高くなりますが、こういった手法もあることを知っておくだけで選択肢が増えますね!

最近のスタンプコンクリートは耐久性も良く、長持ちして安定的!

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※見積は何度でも無料です。

5.個性を象徴する「造作門柱」

5.個性を象徴する「造作門柱」

造作門柱とはブロックを積んで門柱を作ったり、塗り壁を作ったりしてポストなどを設置する物です。

比較的、マイホームの醍醐味でシンボルチックにすることが多かったのですが、最近はこの造作門柱も少なくなってきました。

その代わりに出てきたのが機能門柱!

機能門柱

機能門柱

機能門柱はオーダーメイドではなく、ユニット化された工業製品です。

時代の流れで、ブロックやタイル職人さんが少なくなってきました。

大きなブロック塀を作れないエリアも多く、比較的スタイリッシュな機能門柱が選ばれるようになったのです。

昔は門柱で個性を表していましたが、最近は表札で個性を表現!

個性的な表札

個性的な表札

これらは、とあるメーカーの商品です。

個性溢れすぎて困るほど…。

個性を出せるエクステリア商品がかなり増えました!

機能門柱を検討している方は、こちらもご参照くださいね!

発見!おしゃれな門柱&ポスト厳選6つの実例紹介 この記事では、外構のプロである庭ファンが、街で見かけてお洒落だなと思った門柱&ポストを6つご紹介! 外壁のレンガ調タイルに調...

≫発見!おしゃれな門柱&ポスト厳選6つの実例紹介

6.勝手口の収納場所「ストックヤード」

6.勝手口の収納場所「ストックヤード」

ストックヤードは勝手口を波板で囲うような商品です。

バックヤードとも呼ばれます。

  • 目隠し
  • 収納
  • 作業

これらには重宝する場所でしたが、最近の新興住宅ではあまり見かけません。

その理由として、これらがあげられると考えています。

  • 見た目が悪い
  • モノを持たない生活が進んでいる

家の中に収納スペースを用意していることもあり、勝手口に収納が必要なくなってきたのです。

とはいえ、他に大きな理由があります。

ハウスメーカーの長期保証の問題

ハウスメーカーの長期保証の問題

ハウスメーカーで建てると、外壁など構造の保証が10~20年受けられます。

ですが、後付けのエクステリア商品を設置するためには外壁に穴を開けなければなりません。

外壁に穴を開けると保証を受けられなくなるのです!

ハウスメーカーで契約する場合、覚書書を交わします。

この保証の問題もあり、ストックヤードを付けない家は増えました

それでも屋根を付けたい場合

それでも屋根を付けたい場合

外壁に穴を開けずに屋根を付ける、独立タイプのテラスがあります。

  • 洗濯物を干せる
  • ゴミ出しで雨に濡れない

屋根があるとこれらができて快適に!

外壁との隙間を10cmほど開けて、建物と干渉せず設置可能。

ハウスメーカーの保証を活かしたまま設置できるんですよ!

【独立テラス】ハウスメーカーの保証をきかせつつテラス屋根を設置する方法!商品も紹介! ハウスメーカーの外壁保証が気になってテラスが付けられない...。 外壁に穴を空けずに、テラスを設置する方法を知りたい! テラ...

≫【独立テラス】ハウスメーカーの保証をきかせつつテラス屋根を設置する方法!商品も紹介!

7.立ててヨシ、寝かせてヨシ「枕木」

7.立ててヨシ、寝かせてヨシ「枕木」

おしゃれなカフェの階段やアクセントに使われていた枕木。

  • 立ててヨシ
  • 寝かせてヨシ
  • 価格ヨシ
雰囲気も良くて重宝するアイテム!

枕木が少なくなった理由

最近は天然の枕木が手に入りにくくなってきました。

元々、枕木は鉄道のレールの下に敷かれていたものですが地下鉄にはそもそも枕木を置いていません。

ですが、一番の理由は雨の日に滑って危険ということ!

枕木は雨の日に滑って危険

枕木は水分を含みます。

外が氷点下だとカチカチに凍り、非常に危険!

今でも枕木をタイルの階段に変えるリフォームの問い合わせはあります。

ですが、この危険を考えると床に使うのはオススメできません。

特に冬場は注意が必要!

枕木を立てて使う場合

枕木を立てて使う場合

立てて使う場合、地中に埋まる部分の経年劣化が問題になってきます。

最近では、枕木っぽく見える商品もあります。

素材は、

  • 石材
  • アルミ
  • 樹脂など

地中に埋まっている部分は金属です。

こういったハイブリットな商品の代用が良いでしょう。

床に使う場合も、木調風タイルや擬木で対応することがおススメです。

選んではいけない残念な外構7選!【まとめ】

選んではいけない残念な外構7選!【まとめ】

最近は採用されなくなった、7つのプラン。

  1. 生け垣・植栽
  2. 天然芝
  3. レンガ
  4. インターロッキング
  5. 造作門柱
  6. ストックヤード
  7. 枕木

すべて、今から採用するのは間違いというわけではありません。

ですが、メリット・デメリットを十分考慮してプランを検討してくださいね!

\まずは、無料優良外構業社を探す
≫(無料)資料請求・プロに相談する
※見積は何度でも無料です。

無料かつ効率的に、見積もり金額を下げるテクニック

外構・エクステリア商品は人生でも、購入することもほとんどありません。

しかも、普段意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないですよね。

そんなあなたに最強のテクニックをご紹介します。(乱用厳禁です。

実は、テクニックは簡単です。


≫ほしい商品/したい工事が決まっている場合

「「○○(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」
「「○○(工事名)の過去実績はありますか?」」


≫ほしい商品/したい工事が決まってない場合

「「○○(カーポートなど)で一番安くできる商品は、いくらぐらいで、何%OFFですか?」」
「「○○(工事個所・手法など)の普段対応されていますか?」」


と、複数の業者さんに問い合わせてください。

この質問を投げかけて比較見積もりをすることが≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と思っています。

いやらしい話、メーカーさんから出荷された商品はどこで買っても、品質は同じです。

そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒だという方は、無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

≫(無料)外構相談比較ランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

一生のうちに外構やエクステリアを購入することは2回・3回と経験するもではないですよね。

だからこそ、後悔してしまわないように、価格を安くするだけではなく、失敗しない外構にするためにも、依頼する会社選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼を私は強くオススメしています。

先ほど紹介した外構相談比較ランキングのサイトは、業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

定期的に見直しが図られているので、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

サイトを見ていただけるとわかると思いますが、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、今まさに家づくりをしている方の「新築外構」にも対応しています。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけでたった1分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要である商品の検討&プランの検討に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになりますよ。

そうすることで成功に近づき、外構で失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、まだ依頼するかどうかも決めてないのに、相談していいの?

庭ファン
庭ファン
大丈夫です。安心してください、実際見積もりがないと判断ができないですし、見積り依頼したら注文しないといけないわけではないですよ。

「注文できるかどうか、まだわからなくて・・・」と言ってもらえれば大丈夫です。懇切丁寧に相談に乗ってもらえます。

また事前に要望を出すことで、その工事を得意な業者さんを紹介してもらえます。

庭ファン
庭ファン
新築は、備考欄に「新築外構」と入れてもらえればOKです!

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「プランの精度が高くなる」「価格が安くなる」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え?!チラシを見ると買った商品よりも5%も安い・・・知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートやフェンスなどは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

≫(無料)外構相談比較ランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

もちろん、新築の外構もバッチリ対応しているので、新築外構の方も気軽に申し込んで下さいね。

ささっと、今、外構についての要望が頭に残っているうちに、一緒にやっておくと楽に終わります!

 

 

追伸です。

外構相談比較ランキングのページの最後に、お得なフォローアップキャンペーンについて紹介しています。

カンタンな条件を満たしていただければ、私が、「価格のチェック」&「プランの精査」をいたします。

外構の値段を下げる自信はありますし、値段を下げなかったケースはほとんどありませんので、有料級のサービスかと思います。

最後までご覧いただいた、あなたへお礼のプレゼントです。

詳細は、コチラの≫外構相談比較ランキングの下部を参照してみてください。

最後までご覧いただきまして有難うございました!

 

外構・エクステリアを検討される方必見ですよ!

外構工事・エクステリアは、家を建てていている途中、お引越し後の超忙しいときに、検討することの多いです。

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

では、ないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

 

さらに、に相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

また、注文をするにはリスクは伴いますが、見積もりまではノーリスクですよ。

しっかりと下調べする人が失敗しないので今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しないというのはもったいないですね!

≫(無料)外構相談比較ランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう