ウッドデッキ

マンション専用、バルコニーウッドデッキ計画【ベランダウッドデッキ】

マンション住まいだけど、ウッドデッキが欲しい人

「マンション住まいだけど、ベランダにウッドデッキが欲しい。でも、お金はあまりかけたくない。簡単にできるウッドデッキがあると嬉しいな」

←マンションに取り付けできるウッドデッキあります。※注意事項アリ

 

まいど、庭ファンの中の人です。

マンションの景観の良いバルコニーにウッドデッキ欲しいですよね。わかります!

でも気をつけてください。さまざま規制があります。

・ベランダは通常共有部になります、避難経路になるので好き勝手に工事ができません。

・手すりの高さ注意、転落事故防止のため規制があります。

 

注意点も踏まえ、マンションへ設置できるウッドデッキを紹介します。

ベランダに敷くだけ、簡単設置できる簡単取り付け

マンション・集合住宅には敷くだけウッドデッキ以外の選択は非現実的。

 

理由は2つです。

1.敷くだけのパネルタイプの場合、簡単設置ができる。

2.工事ではないので組合の許可もいらないケースが多い。

形も複雑なことがあり手軽に加工が入らないウッドデッキの選択肢が正解です。

マンションの場合、工事が伴うウッドデッキは部材も長く、エレベーターの搬入で時間がかかり運搬費用が発生します。

また、バルコニー/ベランダ部分は共有部に当たることが多く、工事する場合は管理組合やマンションの承認が必要なケースが多いです。ウッドデッキを買う以外に乗り越えないといけないハードルが多いです。

詳しく、法律のことも絡めて下記記事で。

バルコニー用ウッドデッキが普及しない理由は2つ【管理組合と建基法】
バルコニー用ウッドデッキが普及しない理由は2つ【管理組合と建基法】今日はネガティブなタイトルですが真面目なお話を。 マンションや集合住宅でベランダやバルコニーにウッドデッキが普及しない、いえ、できない...

数年に一度ある外壁塗装工事の対策も楽チン

設置工事が必要なウッドデッキは運営のコスト高いです。

 

マンションなどの集合住宅の場合、数年に一度外壁塗装や防水加工の工事が入ります。

 

今、お住まいのマンションでそういった工事の案内や経験はありませんでしょうか。

ウッドデッキがある場合その下の防水工事ができないので、その度に解体・再組み立ての費用が必要ですよ。結構痛手です。

「じゃぁ、ウチだけ防水工事やらなくていいです。」

とはいかないようです、全戸で防水を行っていなければそこから漏水と言うこともあり得るので全戸実施が必須なのでウッドデッキの解体・再組み立てが必要なケースが多い。

 

パネルタイプは薄いので床高さが上がらず、転落の危険も少ない

庭ファン管理人お勧めの「パネルタイプ」のウッドデッキは、数センチしか床高さがほとんど変わらないので安全です。

 

ウッドデッキを付けると床の高さが10cm~15cmほど高くなります。結果的にバルコニー手すりの高さが低くなり、子供や小さなお子さんにとっては、よじのぼり転落の危険があります。

また、床が薄くて低いので、床がめくれる心配、ガタツク心配も有りません。

 

バルコニーは転落防止のため、建築基準法によりで1100mm以上必要と決められています。※建築基準法施行令・126条(屋上広場等)参照

 

バルコニーの床から起算して、それより低い手すり以下だと認可が下りない、もしくは危険である状態です。

マンションの場合はウッドデッキにより、10cmも上がればかなり手すりが低くなりますので、小さなお子さんにも高さの変わりにくいタイルタイプのウッドデッキがおすすめです。

本ページのまとめ

  • 1.ベランダに敷くだけ、簡単設置できる簡単取り付け
  • 2.数年に一度ある外壁塗装工事の対策も楽チン
  • 3.パネルタイプは薄いので床高さが上がらず、転落の危険も少ない
外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ