ウッドデッキ

ウッドデッキの基礎知識、失敗しないために考慮すべき6ポイント

ウッドデッキの基礎知識、取り付け後の後悔・失敗しないために

どうも、はじめまして、庭ファン(@spring_bd)と申します。

自己紹介を致しますと、本業は現役エクステリア商社マンです。なので、外構の商流や商慣習などにはカナリ詳しいです。このブログではお得にお庭づくりをするための秘訣やコストカット術などを配信しています

私の詳しい経歴・自己紹介についてはわたしのプロフィールをご参照ください。

また、2020年2月からYouTubeでも情報発信していまして、ニッチなお庭という専門ジャンルながら、チャンネル登録者数は1.5万人を超えました!

動画も合わせてご覧いただけると、より効率的に深い知識を得られると思います!

エクステリアの専門卸し売り業の現役営業マンです。

当たり前ですが職業柄、多メーカー・多品種、天然木から人工木まで多様なウッドデッキを納品しています。

現場の打ち合わせの同行、または現場調査員として採寸に伺うこともたまにあります。

私が実態したことや説明に困ったことなどのメモしておき回答例をノウハウしてためてた部分があるのでそれを備忘録としてブログ化しました。

今まさにハウスメーカーさんで家を建てている人やウッドデッキを検討始めた・見積もりが手元に来た、という人は見ていただきたい内容です。

そんな視点で見てなかった!というポイントばかりかと思います。

そうして気が付くことで失敗するリスクが減り、成功する可能性が高まりますので是非参考にして、お庭づくりに活かしてください。

ウッドデッキの色選びの基準は、フローリングの色

セオリー2.外壁とウッドデッキの色を合わせる

https://twitter.com/spring_bd/status/1214479476953739264

ウッドデッキの色選びの基準

✅フローリングの色に合わせる
✅外壁の色に合わせる

が正解

個人的にはフローリング推奨💪

部屋が広かった気分になるから

色で値段は変わらないので、カットサンプルをもらってフローリングの上に並べてみましょう

似合う色は、比べるとわかります

ウッドデッキは色で結構印象が決まっちゃうので、色決めは重要ポイントです。

闇雲に考えるより一つ判断基準としては、フローリングの板色と外壁の色で近い色を選ぶのをお勧めします。

おすすめは全色のカットサンプルを持ってきてもらってフローリングに並べて見比べる方法。

一目瞭然、近い色がわかるので第一候補として見て良いと思います。

あとはお好みです!

ウッドデッキの色選び
ウッドデッキの色を決めるセオリー【基準は2つ】ウッドデッキの色で悩んでいる人 「昨日、ウッドデッキの見積もりで業者さんが来てくれて採寸した。サイズは提案もらっておおよそ決まった...

ウッドデッキは縦貼り?横貼り?どっちがいい?

日差しは外でカットすべし、遮光カーテンはNG

ウッドデッキは縦貼り?横貼り?どっちがいい?

縦横の基準は掃き出し窓から見ての向き

縦貼りは窓に対して垂直に床板が並ぶ方向

横貼りは窓に対して平行に床板が並ぶ方向

フローリングの板目と合わせるのが私の好み

ちなみに、サイズよっては横貼りのほうが高くなります

板目の確認忘れずに😎

以外と盲点なのは、床板の貼る方向。

ここまで見てる人はあんまりいないんだけど、床板はフローリングと合わせるのが良いとされてます。

が、無理に合わせる必要もありません。

横貼りのほうが部材を多く必要になる関係から若干高くなる傾向にあるので、無理にとは言いません。

メーカーや商品によるので同額で選択できるのであれば、合わせる。ぐらいのレベル感でいいかなと思います。

思ってる方向と違う!というクレームを年に数件頂くので見積書に記載がなければ念のため確認をば

さて、次はオプションのお話です。

「ウッドデッキのオプションは高い」というのはホント

ウッドデッキのオプションって高いんよねー

転落防止用途以外にフェンスは不要だと思う派

だって、せっかくの開放感が失われるから

その費用で屋根つけたほうが幸せです

ステップはU字溝をひっくり返したものを転用すると恐ろしく費用が浮く

見た目はアレなので、表から見えない部分に置くべし

過去もオプションが高いという話をしましたが、クルマのフロアクッションなども同じで、本体が決まれば囲い込みが完了するので高くしても皆さん買わざるを得ないんですよね。

メーカーにとってはドル箱扱いです。

資本主義経済においては致し方ないです。

なので無理にオプションは付けずに、他の物にお金を使う、もしくは代用品で賄うのが一番コスパが良いと思ってます。

個人的には屋根とステップはあったほうがいいと思うので、ここではピックアップして紹介してます。

「ウッドデッキは真夏に熱くなる」っていう風評被害

骨組みにカビ、コケなどで腐食が進むパターン

ウッドデッキは真夏に熱くなるっていう風評被害

真夏にそもそも裸足で外を歩きます?

アスファルトやコンクリート何もかもが熱い。ウッドデッキだけじゃない。

日よけのシェードや屋根があるだけで、ずいぶん変わります

夏場にウッドデッキを使うなら周辺用品あると便利ですよ

ウッドデッキは真夏に熱くなるんでしょ?

確かに熱くなりますね。

それはウッドデッキ以外も同じです。

実際に計測したひとがいるようなのでそちらのサイトも参考に見てもらえるとより具体的に、数値として見えるかと思います。

 

▼真夏にウッドデッキを素足で歩けますか?(表面温度の計測報告)
https://www.ex-shop.net/ex-blog/?p=6088

シェードや屋根があると日陰ができて、温度上昇をカナリ抑えられるので予算に余裕があれば一緒に工事や検討をお勧めします。

ウッドデッキでバーベキューなんて夢見ちゃダメ

最後に、

ウッドデッキでバーベキューなんて夢見ちゃダメ🙅‍♂️

当日に雨が降ったら最悪☔️

しかも、煙が近所迷惑💀

ウッドデッキの真髄はそうじゃなくて、日常のちょっとしたことがラクになる、楽しくなるそんなエクステリアです

荷物の置き場、腰掛け、床下の収納

地味に役に立つヤツなんです(母談

さて、ウッドデッキといえば憧れのバーベキューですよね。

わかります。

あまり現場の採寸の時に夢を壊してしまうので言いませんが、お隣さんが近いのに煙や匂いを出してドンチャン騒ぎはまずいっすよ。

それにせっかく準備したBBQのお肉なんか、雨降ってしまったらどうします?

フライパンで焼くしかないですねw

ウッドデッキはそういう時じゃないときこそ、役に立つ子なんです。

実家にもウッドデッキがありますが、母は物置に便利って言ってました。

その辺のウッドデッキのメリットについてはこちらのページでも紹介しています。

ウッドデッキ付けてよかった10ポイント【ウッドデッキのメリットまとめ】マイホームに憧れのウッドデッキがほしいと思っている人 「マイホームの完成がようやく見えてきた!そろそろ外構工事が始まる!ハウスメー...

ウッドデッキのサイズって意外とイメージしにくい

あ、もう一個あった

ウッドデッキのサイズって意外とイメージしにくい

実際にお庭にビニール紐などで線を書いて検討することをお勧めします

サイズの参考には、リビングの部屋大きさ、敷いている絨毯・カーペット、子供部屋の広さなど床にある現物で比較すべし

こんなはずじゃなかった!辛すぎる

あとは、サイズはちゃんと測るだけじゃなくてビニール紐などでウッドデッキサイズを作って四角く囲ってみるなど、実際の感覚をイメージすべし。

意外にちっちゃく感じるかもしれません。

絨毯・カーペットのサイズや部屋の大きさなどをあらかじめ測っておいてどれぐらいのサイズなのか目測をつけておくと感覚がよりリアルに楽しめます。

私が現場に出たときにウッドデッキの説明するときのネタです

だいたい、私が現場に出たときにウッドデッキの説明するときのネタです

ウッドデッキ色は?→フローリングと合わせましょう(早く選んで!)

ウッドデッキのサイズは?→この絨毯ぐらいになります(もっとサイズアップして!)

真夏に熱いんでしょ?→ほかも熱いですよ(裸足で出たことないでしょ)

こう言ったのも、現場調査に同行した時にお客様とのやりとりで過去蓄積されてきたノウハウです。

本職の方に比べると、経験現場数が少なくてショボイかもしれません。

本音が若干漏れてしまいましたね。

でも、知っておくとそういう視点で物事を見れば良いってことやチェックポイントがわかれば、失敗はおのずと減ります。

大金はたいて買ったウッドデッキが、思ったの違うというのはあまりにも悲しすぎますので。

こういったエクステリアの予備知識や情報を発信してますので、ツイッターのフォローやこのブログをブックマークしてもらえると嬉しく思います。

このウッドデッキの内容に限らず、

「こんな見積もりもらったんだけど、高いの?安いの?」

「外構業者さんから提案内容に満足がいかないけど、他に良い商品・案ありませんか?」

などなど、受け付けてます。問い合わせページかツイッターのDMからご連絡をよろしくお願い致します。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ