ウッドデッキ

ウッドデッキサンプルを無料で入手する方法【ウッドデッキ選び】

実際の展示品写真(エクステリアフェア)

いっぱい種類がありすぎてカタログだけじゃわからなくて、ウッドデッキ選びに困っている人

「ウッドデッキはどれがいいかわからない。サンプルを見せてもらったけど、手元にないから質感を覚えていない。違いがわからない。カタログだけじゃぜんぜんわからないので見比べて決めたいんだけど、どうしたらいいのかな?」

←ウッドデッキサンプルの無料入手方法と間違いのない検討方法がわかります。

間違えないウッドデッキ選びは「サンプル入手」

実際の展示品写真(エクステリアフェア)実際の展示品写真(エクステリアフェア)

ウッドデッキの印象は床板で決まります。

ウッドデッキは床板をしっかり選びましょう!どのメーカーさんも床から下の部分の骨組みである大引き/束柱の部材に素材はアルミであまり強度面や耐久面の差異は見られません。

耐荷重強度や強度にはあまり差はありません。

最もウッドデッキの質感や品質に差が感じられるのはウッドデッキの床板です。

\ウッドデッキの優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

ウッドデッキの床板サンプルを入手しましょう

百聞は一見はしかず。まず床板のサンプルを見ましょう。

ウッドデッキのサンプルを手に持つと、思ったより硬かったり思ったより重かったり様々感想があると思います。

人工木とはこういうものだというのをわかると思います。またメーカーにより色感や質感が違いますお好みのウッドデッキのを見つけてみてください。

 

業者さんはサンプルを見せてくれますが、渡してくれない

ウッドデッキの業者さんは床板のサンプルを見せてくれます

一社だけではなく、複数メーカーのウッドデッキの床板サンプルを持っている場合がありますので「現地での見積り相談の際には持ってきてください。」と事前に、お願いしておくと良いです。

また見せてもらうタイミングでお勧めのメーカーさんやウッドデッキの種類を教えてもらうとなお良いかと思います。

お勧めしてくれるかどうかによって商品知識が豊富かどうかを判断がつくかと思います。

ウッドデッキのサンプルは見せてくれますが私ては渡すてませんもらえません。

ウッドデッキ業者さんがケチなわけではありませんのであしからず。

 

業者さんがウッドデッキサンプルを渡してくれない理由

ウッドデッキの業者さんがサンプルを渡してくれない理由はお金がかかるからです。

ウッドデッキサンプルはサンプルなのですが無料ではありません。

業者さんがお金を払ってメーカーさんから仕入れています。なので無料配布というのはコストがかかるので基本してません。渡してくれないからといってケチな業者さん、と言う風なレッテルは貼らないようにお願いします。

 

ウッドデッキはサンプルを見て決めるのが間違いない

それでもウッドデッキを決めているのはサンプルを見てからのほうがベターです。思っていたのと違う人工木の質感は消費によって違います確かめておくのが良いです。

 

ウッドデッキサンプルの無料で入手方法する方法

ここからが本題です。

でも手元にウッドデッキのサンプルが欲しい人はメーカーさんへ直接依頼する方法があります。

メーカーさんへ直接依頼は、各お客様相談室のフリーダイヤルへ電話でOKです。

※メーカーさんへの連絡先は、本ページのページ下部に記載しています。

 

メーカーさんに依頼するときは次の3点を伝えておいてください。

 

  • 「○○社さん(電話先のメーカーさん)で購入することは決めている」
  • 「ウッドデッキは決まっているが、色を検討して迷っているのでサンプルを見たい」
  • 「でも、どの業者さんにするか決まっていない」

 

 

ウッドデッキのサンプルを無料入手するコツ1

「ウッドデッキを購入することは決めている」と言う

購入意思を伝えてください。(嘘でも)でないと、メーカーさんも積極的に話を聞いてくれません。

そうすると先に話が進みやすくなります。

 

ウッドデッキのサンプルを無料入手するコツ2

「色はサンプルを見て決めたい」と言う

をウッドデッキさんのサンプルを入手する時に言う理由は、サンプルがないと決めれない と言ってください。

「施工例写真/カタログ写真が世の中にあふれていますのでそちらをみてください」

といわれる場合もあります。ですが、本物を見たいと強く言ってください。

 

ウッドデッキのサンプルを無料入手するコツ3

「業者さんはまだ決まっていない」と言う

メーカーさんも椀飯振舞でサンプルを出してくれるわけじゃなく、、、

「ウッドデッキ施工業者さんが決まっている場合、ウッドデッキ業者さんからサンプル見せててください」とメーカーの電話窓口の担当さんから言われる場合があります。

そう言われないために事前に「まだ業者さん決まってない」ことをお伝え下さい。

メーカーさんも積極的にサンプルを配っているわけではないのでうまく理由をつけてメーカーさんに発送してもらうように言ってみて下さい。

 

ウッドデッキサンプルの依頼・相談先フリーダイヤル

LIXIL:0120-126-001

YKKap:0120-20-4134

三協アルミ:0120-53-7899

タカショー:0120-51-4128

四国化成:0120-212-459

 

ウッドデッキサンプルの処分方法について

取り寄せたサンプルが必要になく必要なくなれば業者さんに渡してあげて下さい。

もし処分に困る場合は地方自治体の処分方法に従ってください。

基本的には不燃ゴミとして処分するような形になると思います。

 

天然木素材のウッドデッキサンプルの入手方法

天然木ならウッドデッキの専売のネットショップがおススメです。

サンプルを置いていない場合もありますが、その場合は、床板の細切れなどの端材を小額で決済することで入手できます

 

本ページのまとめ

  • 間違えないウッドデッキ選び
  • ウッドデッキの床板サンプルを入手しましょう
  • 業者さんはサンプルを見せてくれますが、渡してくれない。
  • ウッドデッキはサンプルを見て決めるのが間違いない
  • ウッドデッキサンプルの無料で入手方法する方法
  • ウッドデッキサンプルの処分方法について
  • 天然木素材のウッドデッキサンプルの入手方法
外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ