ウッドデッキ

ウッドデッキは増税前に検討するのが一番お得。

ウッドデッキをお得に取り付けるには、ウッドデッキは増税前に検討するのが一番です。でも直前ではダメ。駆け込みで工事日が遅れてしまい10月をまたいでしまうことも考えられます。急ぐならイマです!ウッドデッキ工事を急ぐ理由!

ウッドデッキに消費税10%の経過措置の適用は難しい

消費税はご存知の通り、2019年10月1日以降は10%

経過措置として注文住宅などの場合は2019年3月31日までの請負契約が完了していれば特例として施工時期にかかわらず消費税は8%のままで対応が出来るケースがあります。

ですが、ウッドデッキ等のお庭のリフォームに関しては小規模の工事の場合、注文住宅のような消費税の特例措置を受けるのは難しくなります。

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...

\ウッドデッキの優良業社を検索
>>見積相談・資料請求する
※見積は何度でも無料でもらえます

ウッドデッキの消費税の課税基準は引き渡し/工事完了日

消費税の基準に関しては引き渡し/工事完了日が基準になります。

消費税は、工事完了時のタイミングで決まります。ウッドデッキ工事の場合は、1日で終わることが多いと思いますが最後の作業が完了した日が消費税計算の起算日になります。

 

建設業界も駆け込みラッシュで、ウッドデッキの工事が遅れることも

増税前の一般住宅や駆け込みと東京オリンピックの建設のラッシュは重なるが想定され、よりお盆明けごろからは希望の工事日で工事ができなくなることも往々にして考えられます。

増税前の家駆け込み需要が東京オリンピックに向けた工事建設ラッシュが重なると職人さんが捕まらずその分行きが長くなる恐れがあります。

昨今では運送業者さんの不足が取りただされますが運送業界よりも建築業界のほうが悲惨です。

 

ウッドデッキのギリギリの工事は危険。

契約は9月中にしたのに工事する人が見つからず、工事日が10月1日を超えてしまった。

というように意図せず、基準日を過ぎてしまい、泣く泣く消費税10%の購入という形になってしまう場合もあります。

ですので、早め早めのウッドデッキ計画が吉です

 

消費税5%→8%の時も大きく駆け込みがありました。

ウッドデッキ工事を含む外構工事にも消費税増税前には駆け込みが見込まれます。

現に、2014年4月に消費税5パーセントから消費税8%になった時も大きく駆け込みがありました。

 

消費税の起算日の2014年4月1日の8%になる前に工事を完了させることができない現場も多数ありました。ちょうど関東の大雪も重なり建設・外構業界はさらに困惑しました。

今回も同様の状況にはならないかと思いますが、余裕を持ってウッドデッキ工事・エクステリア工事を検討することをお勧めします。早く検討を始めることで2%値引きと相当する値引き効果があります

 

増税直前に雨・大風。雨降ったらウッドデッキ工事はできません。

ウッドデッキも外構工事も雨が降っている状態では工事ができません。

例えば9月30日(月)に工事予定日が決まっていたとします。

当日朝から雨天予報、案の定雨が降った場合、ウッドデッキ工事はできません。

翌日以降の10月にずれこんでしまいます。

 

たとえ、ウッドデッキ工事日が消費税8%になる9月中だったとしても、雨天や機材トラブルなどにより、予期せぬことで、消費税が10%になる可能性も十分に考えられます。

ですので、早めに工事を完了させることが先決です。

 

さらに、余裕をもって9月上旬工事予定していたとしましょう。。しかし、残念なことに、その日が雨で順延した場合、次の空いている日曜日探してみると・・・次に職人さんが空いている日曜日は10月ではありませんか!

先約があった場合など確実な工事ができるとは限りません。お盆明け以降の工事日はおそらくすぐに埋まることが予測されます。

 

消費税8%でウッドデッキを立てるチャンスはあとわずかです。

消費税が8%から10%になるとその分無駄な費用が発生します例えば50%OFFで販売されているウッドデッキは48%OFFに目減りしてしまい2%高く買うような資産になります

 

増税に関わらず早め早めのウッドデッキ工事の検討が賢い買い物

早め早めの検討が間違いのない業者選び、間違いない商品選びにつながります。ぜひ希望のウッドデッキ工事をお考えの方はいちど現場調査など具体的に話を進めるのが吉です。

 

 

本ページのまとめ

  • ウッドデッキに消費税10%の経過措置の適用は難しい
  • ウッドデッキの消費税の課税基準は引き渡し/工事完了日
  • 建設業界も駆け込みラッシュで、ウッドデッキの工事が遅れることも
  • ウッドデッキのギリギリの工事は危険。
  • 消費税5%→8%の時も大きく駆け込みがありました。
  • 増税直前に雨・大風。雨降ったらウッドデッキ工事はできません。
  • 消費税8%でウッドデッキを立てるチャンスはあとわずかです。
  • 増税に関わらず早め早めのウッドデッキ工事の検討が賢い買い物

 

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ