新築外構

予算150万円で外構工事なら、その内訳とは?【部位別に相場を解説】

「外構相場は、建物の金額15%」は、ホント?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
ハウスメーカーの人から外構の予算が思ったより高い金額を言われた

お悩みワンコ
お悩みワンコ
外構の予算は150万円しかとってなかった・・・

そんな方に、この記事ではその予算振り分けの指針となれるように大枠を、紹介している記事の先で詳細がわかるようにしています。

私は、外構・エクステリア商品の卸し売り業者です

エクステリアを卸売り販売している外構のプロです

はじめまして、庭ファン(@niwafan1128)と申します。

私は、元・外構エクステリアの卸売をしている業者に勤めていた商社マン、外構の専門家です。

2020年2月よりYouTubeでも情報配信しており、100万回以上再生されている動画もあり、トータルの再生数は600万回を超え、チャンネル登録者数は3.2万人超になりました。

このページでは、お得にお庭づくりをするための外構・エクステリア商品情報を秘訣やコストカット術などを、無料で配信しています

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物なので失敗・後悔してほしくないという思いから、外構プランや商品選定のノウハウを惜しみなく詰め込んだ書籍も出版させていただきました。

≫著書をamazonで読んでみる

このブログの情報でお庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てるはずです!

私の詳しい経歴・自己紹介については≫わたしのプロフィールをご参照ください。

打ち合わせにも同行したり、職業柄いろいろな商流の方とお話します。

そして、いちばん盛り上がるのが、、、予算のお話です。

外構工事に150万円を用意ているんだけど、どこまでできますか?

「150万円でできる外構工事、その内訳」について、私の自論を解説します。

150万円の予算で外構工事はどこまでできるのか?

150万円の予算で外構工事はどこまでできるのか?

外構工事の費用は、設置する商品の量とその工事にかかる手間の積み上げによって決まります。

住宅の構造によったり立地条件によって予算や費用は変動します。

優先順位を付けながら、どこにどれだけの予算を配分するか検討ください。

なので例えば、

  • フェンス工事で30万。
  • アプローチ工事で30万円。
  • カーポート工事で50万円。
  • 門柱&表札の設置で15万円。
  • 洗濯用テラス屋根工事で25万円。

それぞれにかかる費用が合算されてて、30万円+30万円+50万円+15万円+25万円の総合計で150万円の外構工事としての見積もりが成り立ちます

なので私は何度も言ってるんですが、

「建物の10%が外構の費用を費やすのが普通ですよ」

とか

[建物の15%位を外構工事の予算になります、目安です」

などの建物形状とは判断基準が違うのでそのロジックは間違いであると思っています。

 

庭ファン
庭ファン
それぞれ部位別に150万円の予算振り分け!

今から紹介する外構工事をそれぞれ希望する内容ものをピックアップして、セットにすると外構工事の見積もりが完成します。

費用感はざっくり私の肌感覚です。

外構150万円の予算のうち、「門柱」の設置相場は?

外構150万円の予算のうち、「門柱」の設置相場は?生活には必ず必要なエクステリアの一つです。

最近、流行りの宅配ボックスは、邪魔だけど・・・別建てで置く方が安いですね。

新築工事で取り付けるときには、特に干渉物とかが無いので設置工事のみで対応が可能ですが、リフォームとなると既存の者を取り外したり、柱用の穴を開けるためにハツリ工事をしたりする場合があります。

おおよそ予算感として

シンプルプラン:予算7万円~10万円

YKKAP シンプレオ ポストユニット (商品代金:4万円+工事費3万円)

スタンダードプラン:予算10万円~20万円

LIXIL ファンクションユニット ウィルモダン (商品代金:12万円+工事費3万円)

ゴージャスプラン:予算20万円~40万円

トーシンコーポレーション un ジュール650 (商品代金:25万円+工事費3万円)

新築外構工事の場合は、約7万円~約40万円
外構リフォームの場合は、約12万円~約45万円

これぐらいが相場の費用になります。

詳しくは、こちらの記事でも紹介しています。

実は言いたくない!隠れた秀逸デザインの門柱・ポストのメーカーさん外構工事で一番最初に選ぶ・悩むのって門柱やポストですよね。 一般的には、 LIXIL・YKKAP・三協アルミです。でも、お隣と被ったり...

≫実は言いたくない!隠れた秀逸デザインの門柱・ポストのメーカーさん

発見!おしゃれな門柱&ポスト厳選6つの実例紹介 この記事では、外構のプロである庭ファンが、街で見かけてお洒落だなと思った門柱&ポストを6つご紹介! 外壁のレンガ調タイルに調...

≫発見!おしゃれな門柱&ポスト厳選6つの実例紹介

≫門柱・表札・ポストのプラン資料をもらう

外構150万円の予算のうち、「アプローチ」の設置相場は?

外構150万円の予算のうち、「アプローチ」の設置相場は?

次にアプローチを設置する場合およそ広くても5平米位のサイズになるのが多いですね。

大体1平米あたり、工事費用は1.5万円から2万円位が相場になります。

絶対に外せないのは、「安全性と耐久性」です。

滑らない・摩耗しずらい素材を選択するのが通例で、天然木(枕木)・芝・土などは仕様を控える方が賢明です。

距離にもよりますが、予算感としては、新築外構工事の場合は、約10万円~約15万円、外構リフォームの場合は、約20万円~約30万円ぐらいですね。

シンプルプラン:1平米あたり1万円~1.5万円

選択肢は、土間コンクリート/洗い出し仕上げ など

スタンダードプラン:1平米あたり2万円~3万円

選択肢は、インターロッキング/スタンプコンクリート 他

ゴージャスプラン:1平米あたり4万円~5万円

選択肢は、タイル仕上げ/高級レンガ など

この価格は、高低差さなどがなく、階段を設置する費用を含んでいないおおよその価格です。

道路から玄関までに高低差がある場合、その辺の工事費用が加算されます。

おおよそ1段作るために当たり3万円加算ぐらいです。

なので例えば、高低差が50cmある場合、3段の階段を作る形になりますそうすると大体約10万円ぐらいプラスになるイメージです。

こちらの記事でも詳しく解説していますので合わせてどうぞ!

【失敗回避】外構アプローチのデザインを成功させるコツ!ポイントを押さえよう! 以前、外構プランの定番テクニックとしてゾーニングのお話をさせていただきました。 https://springbd.net/ex...

≫【失敗回避】外構アプローチのデザインを成功させるコツ!ポイントを押さえよう!

外構の洗い出しアプローチのメリット&デメリット【私なら〇〇を採用する】
外構の洗い出しアプローチのメリット&デメリット【私なら〇〇を採用する】玄関前のアプローチに洗い出しが気になっている人向け この記事は、外構工事を検討していて「洗い出し」という工法が気になている人に向けて、...

≫外構の洗い出しアプローチのメリット&デメリット【私なら〇〇を採用する】

≫おしゃれなアプローチのプラン資料をもらう

外構150万円の予算のうち、「フェンス」の設置相場は?

家の見た目を良くする、目隠しのため、境界をはっきりさせるため、絶対にあると言ってもおかしくないエクステリアです。

フェンスだけでは設置することができず、ブロックも合わせて積んで施工することが多いです。

ブロックの施工費は、フェンスの施工費とは別で加算する必要があります。

目安として

・基礎1mあたり1万円

・ブロック1平米あたり1万~1.2万円

・化粧ブロックになると、プラス3千円ぐらい

です。

なぜか、ブロックは1平米あたりと計算することが多いですのです。

通常のブロックは幅40cm×高さ20cm×厚さ12cm~15cmです。

なので、12.5個積めば、1万円~1.2万円だと思ってもらえるとOKです。(化粧ブロックであれば+3千円ぐらい)

また、ブロックの費用はマチマチ、1日で終えられる作業量なのか、複数日かかるにより変わることがあります。

さて本題のフェンスです。

フェンスを設置する費用・想定相場としては、

安いメッシュフェンスは、1メーターあたり 6千円~1万円

参考で、LIXIL ハイグリットフェンスUF8型 商品代金:3千円+工事費4千円ぐらい。

目隠しのフェンスは、1メーターあたり 1万円~2万円

参考で、LIXIL フェンスAB YL 3型 商品代金:6千円+工事費4千円ぐらい。

お洒落な木調フェンスは、1メーターあたり2万円~5万円

参考で、LIXIL フェンスAA YS1型 商品代金:2万円+工事費4千円ぐらい。

フェンスを設置する手間はほとんどおなじなので、工事費は共通であることが多いです。

もっと詳しい、別の商品の価格・デザインを知りたい方はこちらの記事でも紹介してます。

損しない・失敗しない!おすすめ外構フェンスはコレを選べ!打ち合わせ続きで外構フェンス選びに疲れてしまった人 「あれも!これも!決めないといけない!わからないことも多い!とりあえず、まぁプ...

≫初心者必見!外構フェンスはコレ!【フェンス選び方の2020年決定版】

知らずに選ぶと一生後悔!フェンスの雑学と知恵をあなたに!【外構】 ちょっと待って!!! 新築でお家を建てられる方は、フェンスを選ぶ機会があるかもしれません。 ですが、フェンスについてどれぐら...

≫知らずに選ぶと一生後悔!フェンスの雑学と知恵をあなたに!【外構】

≫境界・目隠しフェンスのプラン資料をもらう

外構150万円の予算のうち、「ウッドデッキ」の設置費用は?

外構150万円の予算のうち、「ウッドデッキ」の設置費用は?

次によく憧れで設置されるウッドデッキ!

庭ファン
庭ファン
設置は、よくよく考えた方が良いですよ

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え?なんで急に・・・

庭ファン
庭ファン
使わなくなって、後悔する商品No.1です

お悩みワンコ
お悩みワンコ
そ、そうなんだ・・・

ぶっちゃけたこと、言っちゃいます。

「用途がはっきり決まっていないのであれば、無い方が良い」

が、私の結論です。

最近の人工木ウッドデッキは10年・20年、耐久性があります。

「15年後、今の家族でウッドデッキ誰が使ってますか?」

子供も大きくなって使わなくなることが想定されるのであればサイズダウンや設置を見送ることの決断も悪くないと思います。

ちなみに、ウッドデッキは大体一畳ぐらいのサイズのものであれば10万円未満で設置が可能です。

2畳用ぐらいのサイズになると約20万円

3畳用ぐらいのサイズだと約30万円位を想定しておくと良いですね。

相場観としては、こんな感じです。

シンプルプラン:1平米あたり2.5万円~3.0万円

(想定商品→ LIXIL レストステージ商品代金:2.3万円+工事費6千円

スタンダードプラン:1平米あたり3.0万円~4.0万円

(想定商品→ LIXIL 樹ら楽ステージ 商品代金:2.7千円+工事費6千円

ゴージャスプラン:1平米あたり4.0万円~5.0万円

(想定商品→ LIXIL デッキDS 商品代金:3.7万円+工事費6千円

ウッドデッキの下がぬかるんでいる場所などは、必要に応じて土間コンクリート等にする必要があったり、雑草が映えないように防草シート等を敷くオプション工事をする場合はもう少しプラスになることがあります。

利便性を感じたり、必要性を感じたタイミングで購入を検討されると良いでしょう。

一度設置してしまうとエクステリア工事は撤去するにも処分するにも費用がかかりますので熟考することをお勧めします。

ウッドデッキのデザイン・商品のことや、後悔しないための体験談についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

これで失敗しない、おすすめウッドデッキをイッキ見!\プロの解説付き/見た目良し!コスパ最強!耐久力バツグン! 日本でも、数ある人工木ウッドデッキが販売されていますが、その中でも最も自分に合ったベストな人...

≫初心者必見!人工木のウッドデッキはコレを選べ!<2020年保存版>

新築にウッドデッキ!ホンネと体験談で、その幻想をぶち壊す! ウッドデッキにおしゃれなテーブルや椅子を置いて優雅に朝食♪ なんて思っているあなたの幻想をぶち壊します! ウッドデッキの...

≫新築にウッドデッキ!ホンネと体験談で、その幻想をぶち壊す!

≫ウッドデッキ・タイルテラスのプラン資料をもらう

外構150万円の予算のうち、「カースペース」の設置費用は?

外構150万円の予算のうち、「カースペース」の設置費用は?

新築の場合、二台様スペースを土間コンクリートにする場合、約30万円位です。

さらに、その上にカーポートを設置するおおよそでプラス大体20万円から30万円位なのです。

カーポート付駐車場にする張するためには約60万円ぐらいの予算を見ておけば良いです。

いろいろなプランがありますがコスパ優先ならやっぱり砂利ですw

駐車スペースとして用途が決まっているので、そこまで選択肢は多くないです。

シンプルプラン:1平米あたり3千円

→砂利(砕石)だけ敷く

スタンダードプラン:1平あたり1万円~1.2万円

→土間コンクリート・ドライテック

ゴージャスプラン:1平米あたり 2.5万円~3万円

→土間コンクリート+カーポートを付ける

お庭の中でも、駐車場は面積が予算のウェイトも大きく占めます。

最初は土間だけやっておいて後からカーポートを付けても良いですし、いっそのこと駐車場に予算を全振りして、メインガーデンは住み始めてから考える でも良いですね。

今日、↑で紹介したドライテックやカーポートのポイントについて以下の記事で詳しく紹介しています。(砂利・・・は、説明要らないですね)

ドライテック【透水性コンクリート】のメリット&デメリット\話題の素材/以前、反響が大きかった、そしてリクエストの多かった「ドライテック」について長岡生コンクリートさんから資料提供もいただいたので特集ブログを...

≫ドライテック【透水性コンクリート】のメリット&デメリット\話題の素材/

\初心者必見/カーポートはコレがおすすめ。失敗しない定番商品!
\初心者必見/カーポートはコレがおすすめ。失敗しない定番商品!カーポートを何選んで良いかわからず、おすすめ商品を探している人 いま注文住宅で建築中。そろそろ外構を考えて行かないといけな...

≫初心者必見!カーポートはこれを選べば間違いなし! <2020年保存版>

≫カーポート・土間コンクリートのプラン資料をもらう

外構150万円の予算のうち、「テラス」の設置費用は?

庭ファン
庭ファン
ここにも注意点!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
なに・・・?!また?

庭ファン
庭ファン
絶対に図面だけで決めないで、現地で大きさを確認してください!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
なるほど、大きさで失敗しやすいんだね!

ホント、屋根があると生活動線が劇的に変わります。

収納場所としても便利なスペースになりますし、あって困りません。

ですが、生活には本当に必要か、必要なサイズはどれぐらいかは図面上だけではなかなかわかりにくいし、高さを決めるのは至難のワザ。

ぜひ、生活してみて決めた方が良いですよ。

ちなみに、↓紹介でする商品は2階ベランダへの転用も可能です。

シンプルプラン 予算7万円~10万円

→シンプルな屋根だけ LIXIL スピーネ 商品代金:7万円+工事費3万円

スタンダードプラン:予算10万円~20万円

→ちょっとおしゃれな木調屋根 三協アルミ ナチュレ 商品代金:15万円+工事費3万円

ゴージャスプラン:予算40万円~50万円

→完全防御のガーデンルーム LIXIL サニージュ 商品代金:30万円+工事費15万円

さらに目隠しや収納のために、屋根だけじゃなく壁も囲ってしまうと言うことで、あれば前面スクリーンを+5万円~10万円で予算見といてもらう良いですね。

屋根には、他にもいろんな商品があります。

予算感・見た目・性能など見比べながら検討してみてください。詳しくはこちらの記事で解説しています。

初心者必見!テラス・ベランダの屋根はコレを選べば間違いなし!初心者必見!テラス・ベランダの屋根はコレを選べば間違いなし! 今日のテーマはこちら 「初心者必見!テラス・ベランダの屋根はコレを選べ...

≫初心者必見!テラス・ベランダの屋根はコレを選べば間違いなし!

ガーデンルーム&サンルームはこれを選べ!プロが解説します。\初心者必見/ 「「ガーデンルームがほしい!あこがれる!でも、、、どこのが良いの?何があるの?」」」 「「見積に入っている商品が良いのかど...

≫ガーデンルーム&サンルームはこれを選べ!プロが解説します。\初心者必見/

≫ベランダ屋根・テラス屋根のプラン資料をもらう

外構150万円の予算のうち、「物置」の設置費用は?

外構150万円の予算のうち、「物置」の設置費用は?

最後です!

屋外に収納庫を持つことで、家全体の収納スペースが広くなるのでオススメなリフォーム工事になります。

正直、無くても・・・生活できちゃいます。

比較的小さい物置は10万円程度で設置することができ、2畳ほどの比較的小屋の大きさのものでも20万円から30万円位で設置ができます。

(間口150cm×奥行75cm・高さ200cm)を基準にすると

シンプル:予算7万円~8万円 ホームセンターモデル

スタンダード:予算8万円~10万円 イナバ物置 シンプリー

ゴージャス:予算10万円~12万円 イナバ物置 断熱物置ナイソーシスター

敷地のデッドスペースなど活用し、玄関や階段下に収納していた季節用品を屋外にだし、住居の住空間が非常に広く使えるようになります。

これも収納庫を購入するメリットですね。

私の自論ですが、そこまで利便性を物置には求めていないです。

1週間に1回も開閉しないかもしれない物置なので、扉の開閉はあまり気にしない

雨・風・ホコリ・雪・虫から収納物を守ってくれればよい。

コスパを何より優先する実益主義ですw

物置を検討する時に失敗しないためのポイントやほかの商品も紹介しています。

合わせてぜひご覧ください。

物置にまつわる6つの豆知識\知れば損しない!/【経験則から語ります】 物置を買う機会は頻繁にはありません。 一生に1回、2回の買い物です。 基礎は土間コン?ブロック? メンテナンスはカ...

≫物置にまつわる6つの豆知識\知れば損しない!/【経験則から語ります】

初心者必見!物置・収納庫はコレを選べ!<2020年保存版>初心者必見!物置・収納庫はコレを選べ! 今日のテーマはこちらです 「初心者必見!物置・収納庫はコレを選れば間違いなし!」 です。 ...

≫初心者必見!物置・収納庫はコレを選べ!<2020年保存版>

≫物置・屋外収納庫のプラン資料をもらう

工事のなかでも必要不要に応じて取捨選択を

外構フェンスは意外と費用がかかる外構フェンスは意外と費用がかかる

例えば、150万円の限られた予算の中ですべてを完結させるのは非常に難しいと思います。

例えば、
アプローチ工事を15万円
門扉の工事を12万円
ポスト・表札の工事を一式で20万円
・・・

などなど、自分の自宅にあった・必要な外構をカスタマイズしてお見積りを作ります。

おおよそ150万円になるように詰め込んだあと、取捨選択をして今回の工事では諦める工事や、予算が多少オーバーしてでも遣っちゃう工事など吟味すると良いです。

今の生活スタイルで必要ないものもあったはずです。

何もせず、空白で空けて置くことも大切ですよ。

必要なものを選択していって、毎回吟味を重ねたプランで予算をオーバーする場合、業者さん値引き相談・値交渉をぜひ行ってください。

これだけ大きなお買い物になるので、多少の値引きは効きます。

相談してみて、こっちの商品の方が安かったり、お得だったり、キャンペーン中の商品を引き出せるかもしれません。

タダで効率的に、見積もり金額を下げるテクニック

外構・エクステリア商品は人生でも購入することも、普段意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないですよね。

そんなあなたに最強のテクニックをご紹介します。(乱用厳禁です。

実は、テクニックは簡単です。


≫ほしい商品/したい工事が決まっている場合

「「○○(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」
「「○○(工事名)の過去実績はありますか?」」


≫ほしい商品/したい工事が決まってない場合

「「○○(カーポートなど)で一番安くできる商品は、いくらぐらいで、何%OFFですか?」」
「「○○(工事個所・手法など)の普段対応されていますか?」」


と、業者さんに問い合わせてください。

この質問が≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と思っています。

いやらしい話、メーカーさんから出荷された商品はどこで買っても品質は同じです。

ですが、不思議と業者さんによって、同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

そして、工事内容については、外構と一口に言っても、土間工事が得意・ブロック積みが得意・タイルが得意などなど、外構業者さんの中でも得意・不得意が分かれています。

ワリと、複雑な業界構造・商慣習があり、このような状態になっています。

意外と複雑なんです。外構って。。。

そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒だという方は、無料で優良業者さんを簡単に検索できるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

 

登録されている業者さんは約300社以上と、正直私から見て非常に多いと思います。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

一生のうちに外構やエクステリアをリフォームをすることは2回・3回と経験するもではないですよね。

だからこそ後悔しないように、価格を安くするだけではなく、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼を私は強くオススメしています。

複数業者さんに相談すると、何度も打ち合わせするのは確かに面倒です。

ですが、そのたびに見聞きすること、プロと会話をすることで知らず知らずに経験値が手に入り、多角的に検討ができるようになり、実は、リフォームの失敗する可能性がドンドン低くなります。

庭ファン
庭ファン
情報をしっかり調べているあなたなら大丈夫です!安心してください!

先ほど紹介したタウンライフリフォームさんは業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

その反面、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

リストを見ていただけるとわかると思いますが、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで網羅し、ガーデンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

それに、どこの業者さんに依頼するかは自分で決めることができます。

>>実際に表示のサンプルで見てみる(神奈川県横浜市緑区の例)

お悩みワンコ
お悩みワンコ
えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

庭ファン
庭ファン
自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけでたった3分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要である商品の検討&プランの検討に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになりますよ。

そうすることで成功に近づき、リフォームで失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

お悩みワンコ
お悩みワンコ
でも、いきなり電話がかかってくるのが嫌。どこのだれかわからないのは不安なの

庭ファン
庭ファン
確かに、急に電話がかかってくると不安ですよね!

要望・内容のところに、「電話ではなく、メールで相談希望」と入力すれば、最初のアクションはメールで連絡があります。(↑の文言はコピペしてもらってOKです)

事前に要望を出すことで、その不安は解消できますね。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「価格が安くなることが多い」ことです。

業者さんによって、エクステリア商品・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

お悩みワンコ
お悩みワンコ
50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんでは55%OFFで販売されていた!

お悩みワンコ
お悩みワンコ
え?!チラシを見ると買った商品よりも5%も安い・・・知らない間に5%も損していた・・・

庭ファン
庭ファン
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートやフェンスなどは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

割と、ちょっと行動するだけでウン万円が安くなることがあります。

実際、Twitterや掲示板で相談いただく方のほとんどは、見積もり精査をすることでお得に工事できてるんですよね。

少しの手間、打ち合わせの時間を取るだけで、数万円安くなります。

残業代で稼ぐよりかは圧倒的に効率が良い訳で…。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

※参考に4メートル幅の目隠しフェンスを設置するお見積りで、私も間に入って交渉をして、16.2万円の見積もりを11.0万円まで、5万円強も下げることもできた事例もあります。

業者さんによってオススメする内容・プランが異なるかもしれませんが、外構工事やリフォーム工事には正解はありません。

私は、見積もりを値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

庭ファン
庭ファン
じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

これからも長い生活を送る住まい・環境をより快適なものにするために、優良業者さんと出会うことは不可欠です。

>>タウンライフリフォーム公式サイトを見る

しかも、いまならタウンライフリフォームさんで工事を依頼すると1000円分のクオカードがもれなくもらえるキャンペーン中です。

無料で使えるサービスを利用して、お得に工事して、さらにクオカードがもらえるのはお得すぎますね!

≪無料≫失敗しないため「庭ファン」がフォローします

最後に、期間限定&庭ファン限定のお得情報の告知をさせていただきます!

※このサイト経由で、タウンライフリフォームさんに申し込んでいただいた方限定です。

私は、メーカー・工事業者の原価を知っている立場にいます。

そんな私が、あなたの外構・エクステリアリフォームのお手伝いをします!

Twitterやメールでお問合せいただいた方のプランを一緒に考えたり、商品選定のアドバイスや相場価格チェック、価格交渉のポイントなど、過去たくさんの値引き交渉をお手伝いしています。

そこで、このサイト経由で、タウンライフリフォームさんに2社以上見積もり依頼を申し込んでいただいた方に限り、≪無料で外構プランや価格交渉・相場チェック≫のフォローアップをします!

特にお金を頂いたりもしません。匿名でも、まったく問題ありません。

ぜひ、浮いた予算で家の中の家電製品をグレードを上げたり、また予算を変えずにプランや商品のグレードをアップさせることもできますよ!

ただ、あまりにもたくさん依頼があると私も手が回らなくなるので・・・毎月先着30名様限定にさせていただいています。

※毎日たくさん申し込みがあるので、検討中の方は急いでいただきたいです。

また依頼数が大変多く、翌月以降も実施できるか確約ができませんので(スミマセン…。)、検討をされている方はお早めに!

≫無料でフォローサービスを受けつつ、優良業者さんを探す!

※無料のフォローアップはこのサイト経由で、タウンライフリフォームさんに申し込んでいただいた方限定です。

最後までご覧いただきまして有難うございました!

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ