フェンス

正しく工事したブロック塀は強い、安い、安心【ブロック塀のメリット】

ブロック塀が危ないものと勘違いしている人へ

ブロック塀が危ないものと勘違いしている人へ

正しく施工したブロック塀はとても強固なもので、安全です。

その証拠の写真として、過去のブログにも紹介したのものを再掲載します。

ブロック塀が倒壊した木造建築物の流出を防ぐ

https://www.jcba-jp.com/useful/images/designer_pdf01_new.pdf

https://www.jcba-jp.com/
(出典:一般社団法人 全国建築コンクリートブロック工業会 より)

地震によって倒壊した木造建築物を、ブロック塀が道路への流出を防いでいます。

大阪北部地震では、小学校の倒壊事故をマスコミが大きく取り上げたことにより印象が大きく変わってしまいました。

もう一度言うと、「正しく施工したブロック塀はとても強固なもので、安全」です。

そのブロック塀のメリットについて改めて、エクステリア・外構業界のハシクレとして声を大にして言いたい思います。

ブロック塀の5つの魅力

ブロック塀の5つの魅力

ブロック塀にはアルミフェンスや樹脂フェンスに比べて素晴らしい点がたくさんあります。

先日、こんなツイートをしました。

それぞれについて、深堀をして紹介していきます。

ブロック塀が誇る「経済性」のメリット

ブロック塀が誇る「経済性」のメリット

まず、一番最初に言えるのは、ブロック塀の経済的なメリットです。

ブロックは1つ100円~120円で販売されており、非常に安価な素材です。

しかも、幅広く流通しており、ホームセンターなどでだれでも買える商品です。

ある程度高さを積んで、塀として正しく施工したとしても最もかかる工事費は職人さんの人件費で、素材としては非常に安価な者です。

材料費だけを見ると面積当たりの価格は、目隠しのアルミフェンスの1/6~1/8ほどで済みます。

ブロック塀が誇る「目隠し性」のメリット

ブロック塀が誇る「目隠し性」のメリット

次にブロックでくみ上げた塀は、目隠し性に優れています。

ブロックはプライバシーを守る目隠し性に優れており、ある程度の高さを積めば目隠しとしても活用できます。

なにを言ってんだ・・・見えないに決まっているだろ。というツッコミは有りますが、目隠しを作るには昔はブロック塀をよく使ってたんです。

ブロック塀が誇る「防音性」のメリット

ブロック塀が誇る「防音性」のメリット

次に、意外と知られていない防音性能についてです

ブロックは重量物のため、音を遮音し、そのセメント素材からまた吸音する性質があります。

防音のフェンスを過去紹介した記事もありますが、通常のフェンスに比べ数倍の価格であることもあり、防音を目的にする場合は、ブロック塀が非常に有利です。

ブロック塀が誇る「耐風圧性能」のメリット

ブロック塀が誇る「耐風圧性能」のメリット

ブロック塀はもともと、木造の日本家屋に耐風などを直接受けないように防風柵として広く設置されてきました。

直接外壁で強風を受け止めるのではなく、一旦庭側で風を一次受けをし家屋の破損を防ぐものでした。

最近では外壁・サイディングの性能も向上し、窓の性能も高くなりそこまで防風柵を必要としなくなりましたが、沖縄や九州の一部ではブロック塀が有効な対策として活用されています。

ちなみにブロック塀の耐風圧強度についての考察はこちらで紹介しています。

正しく施工したブロック塀の耐風圧強度は、Vo46m/s以上ある【というのが私の結論】
【ブロック塀の耐風圧強度は、Vo46m/s以上】というのが私の結論ブロック塀の耐風圧強度について調べている人 「最近、災害が多くてコンクリートブロック塀の強度とか気になる。工業製品ならメーカーに問...

ブロック塀が誇る「耐火性」のメリット

ブロック塀が誇る「耐火性」のメリット

ブロック塀は耐火性能があります。

アルミフェンスには耐火性能はありません。

屋外に設置するフェンスで耐火性能を求めるケースは少ないかと思いますが、耐火性能を持ったエクステリア商品がブロック以外にはなりませんので、特記しています。

意匠性については、確かに無機質なブロックになります。

意匠性については、確かに無機質なブロックになります。

ですが、タカショーさんより表面を木調やメタリックに化粧ができる板が販売されているので併用する良いですね。

ブロックの安価・防音・防火・目隠し性能を持ったデザイン塀が出来上がります。

「参考になった」と好評の記事

「この記事に出会えてよかった、価格交渉ができました」「注文する前に確認すべきポイントがわかって助かった」という声を頂いています。事前に知識を仕入れておくとコスト削減にもつながり失敗も少なくなりますよ!

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...
素材で変わるフェンスの耐用年数【長く使うためフェンス選びのコツ】いろんなフェンスの耐用年数を調べてる人 「フェンスを新しく検討してるけども、長持ちするフェンスをつけたいと思っている。そもそもフェ...
今あるフェンスの高さを延長したいという人【目隠しフェンス】
今あるフェンスの高さを延長したいという人【目隠しフェンス】今あるフェンスの高さを延長したいという人 「今あるフェンスの柱を利用して、もっと背の高い目隠しフェンスを付けられますか?いまあるフ...
目隠しフェンス の高さは、目隠ししたいところから測るべし【鉄則】
目隠しフェンス の高さは、目隠ししたいところから測るべし【鉄則】道路からの視線を目隠ししたい人 「家の前の道路から見られるのが嫌だ。カーテンは閉めているんだけど、開けるときにいちいち人が居ないか...

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ