フェンス

安全を守るためのガードレール、これもフェンスの仲間です

安全を守るためのガードレール、これもフェンスの仲間です

最近、車が歩道に乗り上げたというニュースをよく聞きますね

最近、フェンスに関するニュースとしてよく車が歩道に乗り上げて事故を起こしてしまうということを聞きます。

これを防ぐために役立つエクステリア商品として「ガードレール」があります。

ガードレールはフェンスの仲間で目的が違いますが、家の外構で使われてるフェンスとほぼほぼ同じ構造をしています。

 

ガードレールを商品として卸すことも希にありますので、なぜガードレールが安全なのか施工動画を見てもらえるとわかると思います。

安全を守るためのガードレール、これもフェンスの仲間です

安全を守るためのガードレール、これもフェンスの仲間です

ガードレールは一般的にエクステリア工事で使われるフェンスと同じ構造で柱があってそこに講師などのパネルがつくタイプです

完全にガードレールの場合は強度に特化したタイプで見た目はあまり美しいというものではありませんが目的に即した形をしています

>>見積相談・資料請求する

ガードレールの固定方法は特殊

ガードレールの柱は円柱状で、めちゃくゃ太いです。

ガードレールの柱は円柱状で、めちゃくゃ太いです。

あまり知られてはいないのですが、ガードレールの支柱はコンクリートなどで固定しているわけではありません。

道路状況や現場によって基礎のスペースが取れない場合もありますので、その辺りを考慮してガードレールは埋め込みをかなり深くして設計されています。

ガードレールは埋め込みをかなり深くして設計

↓↓↓テキストで紹介するよりも動画で見ていただくのが一番早いかと思います。

単純な構造の杭打ちですが、早送りして見ていただくと意外と面白いです。

地上に見えている白い部分は見えている部分は60cmぐらいですが、実際は黒い部分1.5mぐらいは地中に埋まってます。

ガードレールの見えている部分は大体60cm~70cmぐらいなのですが 地中には1.5メートルから1.4メートルほど埋め込まれています。

非常に単純な構造で杭を打っているだけです。

埋め込みが大きければ大きいほど耐久力が高く、ちょっとやそっとの力では動きません。

なので、フェンスのようにモルタルで固定するよりも車が当たった時の衝撃を吸収しやすく安全なのです。

エクステリアリフォームは相見積もりを取る方が絶対有利な3つの理由
見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...
外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ