フェンス

家の周りにもまだまだたくさん透かし有りました【ブロック塀リフォーム】

現行の建築基準法では、強度面はNG

ブロック塀について調べている人

「先日、大阪北部地震からちょうど1年が立ちブロック塀についてのニュースが多く報道されていた。傾いたり、割れていたりするとよくわかるんだけど、透かしブロックってOKなの?」

⇒ブロック塀の状況について調べました。

普段は、エクステリア専門商社の営業マンをしています

私はブロックやフェンス・スクリーンなどのエクステリア専門店に商品を卸す商社で10年以上の実務経験があります。

プロに商品を卸すプロとして商品の提案や、設計なども携わり現場にも経験し、メーカーの商品開発も一部携わったことがあり、商品についてカナリ詳しいと思います。

今日は、既存ブロック塀の強度の話。

大阪北部地震からちょうど1年が立ちブロック塀についてのニュースが多く報道されていますね。

先日こんなツイートもしました。

家の周りにもまだまだたくさん有りました🍀

✅すかしブロックが入ったコンクリートブロック塀は「黄色信号」😅

✅現行の建築基準法では、強度面はNG

✅ぐらつき・傾きがあれば早急に取り換えを

✅まだ今は大丈夫そうでも、リフォームは最優先事項です

透かしブロックを使用しているのは比較的古いブロック塀かと思います。

ツイートの内容を深堀しながらご紹介したいと思います。

すかしブロックが入ったコンクリートブロック塀は「黄色信号」

すかしブロックが入ったコンクリートブロック塀は「黄色信号」

ブロック塀の中には必ず鉄筋を這わせる必要があるので、透かしブロックを連続2枚を横並びで付けているブロック塀があれば要注意です。

この写真では1か所だけなのでその両サイドに主筋が入っていればセーフです。

しかし、控え壁がこちらの場合はあるかどうかは見えなかったので、控え壁が無ければ8段積みは危険です。

現行の建築基準法では、強度面はNG

現行の建築基準法では、強度面はNG

透かしブロックは、鉄筋が貫通できない構造なので構造体のブロック塀としては使えません。

鉄筋・主筋を正しく挿入し、そのほかの場所に利用するのであればセーフですが、連続しての利用はNGとされています。

ぐらつき・傾きがあれば早急に取り換えを

ブロック塀に万一、ぐらつき・傾き・ひび割れがあれば早急に取り換えの段取りをしてもらう方が良いと思います。

特に通学路や道路側に崩れ落ちる可能性が考えられるのであれば、なおのこと。

まだ今は大丈夫そうでも、ブロック塀はリフォームは最優先事項です

ブロックを6段以上積んでいて控え壁がなかったり、老朽化が進んでいる場合は最優先リフォーム事項として、家族会議を進めていただくのがベターです。

どこまで費用がかかるのかは、作業内容や撤去作業・処分量の規模により変わるのでブロック塀リフォームの相場というものはなかなかありません。

そもそも予算がどれぐらい必要なのかは、見積もりを取ってもらうほかないのが現状です。

見積もり金額を下げる裏ワザ!商社マンが教える賢い&安いリフォーム術【相見積もり推奨する3つの理由】エクステリア工事の見積もりを取った人 「新居に引っ越してきて、落ち着いたからそろそろカーポートと駐車場の土間コンクリート工事の見積...
外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ