フェンス

フェンスには松竹梅の価格グレードがある【価格を抑える王道】

フェンスには松竹梅の価格グレードがある【価格を抑える王道】

外構工事・フェンス価格を押さえたい人

「引越費用やカーテンやシーリング・照明の費用など算出すると、外構工事に予算を回す余裕なんて全くない。見積を貰ったけど高くて、なんとか商品の価格と工事の費用を押さえていかないとダメ。どこをコストカットするのが価格を下げるのに効果的なんですか?」

←グレードと設定場所から考える価格調整術の定番があります。

私は、エクステリア専門店に商品を卸す商社マンです。 

私は、フェンスやスクリーンを含むエクステリア専門店に商品を卸す商社で働いています。

この業界に入り10年経ちました。業界の流れ・必要なお金や商品について把握しており詳しいと自負しています。

今日は、外構コストカットの定番と呼ばれる「フェンスのグレード変更によるコストカット」について、商品変更でできる定番術についてご紹介します。

 

フェンスには松竹梅の価格グレードがある

フェンスには松竹梅の価格グレードがある【価格を抑える王道】

世の中の一般住宅に取り付けられているフェンスは、LIXIL社、YKKAP社、三協アルミ社、四国化成社、タカショー社のほぼ5社でほとんどを占めています。

そのため、フェンス裏などに張っているラベルを99%ぐらいの確率でいずれかのメーカーであると思います。

フェンスのグレードを下げることで価格も下げる

でも、外構部分でも大部分を占めるフェンスの費用を抑えることでうまくコストカットができる場合があります。

フェンスの価格を下げる手段としてはグレードを下げることも一つの手段です。

グレードを落としても、機能と価格は変わらない

フェンスの設置する目的としては、目隠しをする/敷地境界線を明示する/転落を防止するなどあると思います。

グレードを落としても耐風圧強度も変わりません。

変わるのはデザイン・見た目ぐらいです。

フェンスのグレードによるデザインと見た目の違い

LIXIL「ライシスフェンス」と「プレスタフェンス」

ライシスフェンスライシスフェンス
プレスタフェンスプレスタフェンス

見た目の違い以外の差って違いわかります?

見た目の違いは、ほとんどの人はわからないかと思います。

ちなみに、ライシスフェンスのほうがグレードが高いです。

YKKAP「ルシアスフェンス」と「シンプレオフェンス」

ルシアス フェンス H02型 横板格子 T80 H2ルシアス フェンス H02型 横板格子 T80 H2
シンプレオ フェンスSY1型 横スリットタイプ T80 H2(自由柱施工シンプレオ フェンスSY1型 横スリットタイプ T80 H2(自由柱施工

YKKAPさんはまだわかりやすいかもしれません。

同じ横板タイプのフェンスですが、ルシアスのほうが枠フレームが無く一体感と連続性が感じられます。シンプレオフェンスは1枚1枚に区切りがあるのが明確にわかります。

念のためですが、ルシアスフェンスのほうがグレード(フェンス価格も)が高い。

三協アルミ「エクモアフェンス」と「カムフィフェンス」

形材フェンス エクモアX アーバングレー/2008/フェンス併用ブロック笠木形材フェンス エクモアX アーバングレー/2008/フェンス併用ブロック笠木
形材フェンス カムフィ2型 アーバングレー/2008形材フェンス カムフィ2型 アーバングレー/2008

 

縦横の格子の太さでわかるかもしれませんが、カムフィフェンスのほうがコスパ優先グレードです。

「細さ」を「華奢なイメージ」ととるのか「スタイリッシュ」ととるのかは紙一重ですね。

フェンスの価格を抑えるには、部位も考える

フェンスの価格を抑えるには、部位も考える

ここでいう部位と言うのは、敷地の南面とか北面とかです。

敷地は必ず道路に面していると思います。

隣接する家がある場合は、その家との境界部分があると思います。

そこの2面に対してかならずしも同じグレードフェンスを付ける必要はないですね。

道路側は不特定多数に見られ、かつ家を印象付ける部分になるのでグレードは高めのものを付けて、境界面にはコスパ優先グレードや安いメッシュフェンスを付ける というのが外構業界では定石になっています。

フェンスの業者さんはネットでも探せます 

https://townlife-aff.com/link.php?i=5af26089db0f3&m=5d1ca5c339596外構・リフォーム相場を見るだけでもOK

 

フェンスの価格・コストカットの方法をネットで検索したあなたのように業者さんはネットでも検索できます。

エクステリアについてはあまり購入する頻度が高くないので、わからないことがたくさんあります。

ぜひ、複数社に見積もりを取って頂き、フェンスの強度や保証の有無、アフターフォローの内容含めてを比較検討して頂くと良いかと思います。

そうすることで、外構やお庭工事を得意とする専門の業者からのアドバイスやアイデアがもらえるので、失敗するリスクも軽減できます。

あまりそういった業者さん複数社知らないという場合には、下記のリンクのようなインターネットで業者さんを紹介いただける地元の優良業者さんを紹介いただけるサービスもありますよ。

>>見積相談・資料請求する

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、提案内容に正解はありません。

私は、損をしないエクステリア見積もりを取るためにも、複数の専門業者さんにアドバイスを受けることをお勧めします。

外構・エクステリアを検討される方必見!

お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、

  1. 納得の行くプランと最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

ではないでしょうか?

外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。

https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=x3wjetxg&acode=adpbtcgrbefa&itemid=0

さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも外構業者さんには内緒で)

もう一つ特筆したいポイントとして、タウンライフリフォームは事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。

今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

>>タウンライフリフォーム解説記事へ

>>タウンライフリフォーム公式サイトへ