玄関ドア

玄関ドアの交換費用を圧倒的にコストダウンさせるカバー工法とは?

カバー工法でコストカット

玄関ドアの交換を見積もり取った人

「おおお、玄関ドアを変えるだけで外壁や床タイルや壁紙やら電気工事やら、めちゃくちゃほかのところも工事品目に入っている。玄関ドアの交換費用ってこんなに高いの?工事が必要がないところも含まれてて非常に非効率。なんとかなんないの?」

←外壁を工事なんてナンセンス、もっとスマートな商品あります。

本ページの目次

  1. 玄関ドアの工事費用を抑えるための画期的な商品
  2. 従来の玄関ドアの交換費用の相場は20万円ぐらい。
  3. カバー工法が主流。早くて、しかも安い。

玄関ドアの工事費用を抑えるための画期的な商品

カバー工法でコストカット

ドアを変えるならドアにお金を掛けて、必要外の費用支出や工事発生は控えたいですよね?

必要なところに費用を集中させる商品があります。

玄関ドアは意外とそれ以外の付随工事で、床のタイルや外壁補修や門灯の電気とか、なんだかかんだとよく分からない工事費用がかかることが多かったです。

ですが、最近のリフォーム事情は進歩していて、簡単に玄関ドアが登場しました。撤去するのはドアだけで、そのほかはそのまま取り付けてリフォーム費用を抑えたリフォーム専用玄関ドアです。

従来の玄関ドアの交換費用の相場は20万円ぐらい。

従来の玄関ドアの工事費は付帯工事も含めてホントにこれぐらいかかってました。

  • 玄関ドア交換工事費:7万円
  • 外壁再取り付け工事費用:7万円
  • 玄関ポーチタイル復旧費用:4万円
  • 残材不要部材処分費用:3万円
  • その他、諸経費や運搬費:3万円

従来の方式のように一部外壁を剥がして工事やると20万工事費用に膨れ上がります。

カバー工法が主流。早くて、しかも安い。

カバー工法でコストカット

新しい玄関ドアは、ドアだけを外して取り付けるので撤去範囲が狭く、手軽な感じに。

既存の枠はそのまま活かして、化粧カバーを付けて外した枠を隠す専門的にはカバー工法と言います。

カバー工法でコストカット

画像を見てもらえると分かりやすいですね。

カバー工法まとめ

・カバー工法の玄関ドアの交換費用の相場は7万円前後+古くなったドアの処分費1万円

・工事費だけで12万円のコストダウンが見込めます。

 

 

玄関ドア最大手LIXIL社が自ら販売施工するネットショップ

玄関ドアメーカー最王手のLIXILが自社のネットショップを運営されているのをご存知でしょうか?

>>LIXIL(リクシル)の公式オンラインショップ

こちらで玄関ドア交換の見積もりを無料で取ることができます。

玄関ドアはミリ単位でのオーダーメイドのため、一度自宅に訪問してLIXILの担当者が直々に採寸をしてくれます。

もちろん、正式な発注をするまでは無料で実施してもらえるので予算が合わなければお断りしても問題ないです。

ぜひ一度、自宅の「玄関ドアリフォーム」を安心できるLIXIL公式サイト検討してみて下さい。

お見積りはメーカー直営ショップの【リクシルオンライン】へ

LIXILオンラインショップは、建材・設備機器メーカーの株式会社LIXILの直営公式オンラインショップです。 豊富な商品知識と工事のプロフェッショナルが(株)LIXILの責任施工で行いますので、アフターメンテナスも安心です。 プロのアドバイスのもと、現地採寸・見積もりまでは完全に無料で提案してもらえます。

>>LIXIL(リクシル)の公式オンラインショップへ