保険適用

台風で駐車場の屋根材が飛んでしまった場合の修理費用とは?【火災保険】

台風で駐車場の屋根材が飛んでしまった場合の修理費用とは?【火災保険】

駐輪場・駐車場の屋根材が飛んでしまって、修理費用が心配な人

すごい風の強い台風が通過していった。心配していた通り駐車場の屋根材が飛んで行ってしまって、屋根が壊れてしまった。幸い骨組みはまだ大丈夫そうなので屋根材だけ修理して再度使えるようにしたい。全部屋根を取り替えるとすごい費用がか借りそうだしね。台風で壊れてしまった屋根の修理費はどれぐらいするの?

←台風で壊れてしまった屋根の修理費用の相場を教えます。

保険適用はスタートダッシュ

結論からいうと、保険の適用は初動対応が重要です。

2018年の大阪台風ではほとんどの保険適用がされ、前例がありますが、工事があまりにもおそい。9月の被害が、2月・3月に終わったケースもあり、初動対応がどれだけ重要かがわかります。

>>今すぐ屋根を保険で直すために見積もり相談をする

保険を適用するためには、1.被害状況がわかる写真を取っておくことと、その被害を2.補修するための見積書が必要です

被害状況がわかる写真は今、このページを見てもらっているスマホでパシャっと取ればOKです。

見積もりについては業者さんに相談が必要ですが、どんどん補修の相談があります。

特に台風の場合、2〜3県またがり広範囲におよぶため超殺到します。

工事業者さんのスケジュールがどんどん埋まっていくので見積もりも・工事もおそくなります。できれば、業者さんにほうもんしてもらう日程を最優先にし、次に保険の担当者さんへ連絡でも十分間に合います

↓今すぐ相談しないと、スケジュールが埋まります

>>今すぐ屋根を保険で直すために見積もり相談をする

普段は、エクステリア専門商社の営業マンをしています

申し遅れました。

普段の私はテラス屋根やブロック、カーポートなどの外構工事にかかわる資材やエクステリア商品を卸している商社マンをしています。

このエクステリア業界に入って早10年。異常気象と呼ばれる台風・災害が頻発している昨今でよく話があるのが補修にかかる費用・保険適用についての相談。

「骨組みはまだ大丈夫そうなので屋根材だけ修理」というよくあるパターンで、台風で飛んでしまった屋根材を補修するにはどれぐらいの費用が掛かるのか。

概算の相場と保険適用についての一般論をご紹介します。

正攻法で台風損害を費用負担ゼロで補修する方法【屋根が飛んだ→保険修理】
正攻法で台風損害を費用負担ゼロで補修する方法【屋根が飛んだ→保険修理】台風被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます 一刻もはやく、普段の生活に戻れるように私からも費用負担が少なく、保険適用にて修理がで...

>>見積相談・資料請求する

台風で壊れた屋根は修理でなくて、全部取り替えがおすすめ

台風の強風を耐えるには、風を受け流す必要がある

カーポートやサイクルポート、テラスなどの屋根材に利用されているのは、ポリカーボネートと呼ばれる素材です。

  • 一般的な屋根材の使用
  • 厚み:1.8mm~2.0mm
  • 幅:750mm~900mm
  • 長さ:2.5m~3.0m (カーポートの場合)

長さは商品やサイズによって異なりますが1台用のカーポートであれば、7枚~9枚あります。(ぜひ家のカーポートの枚数を数えてみてください)

このポリカーボネートがまた高いんです。

それプラス、工事する職人さんの工事費用が加算と使わなくなったポリカーボネートの処分費用が必要です。

台風で飛んだ屋根修理に使うポリカ7,500円~10,000円/㎡ぐらいです

2.4m幅のカーポートの屋根材が3枚飛んだとして補修費用の概算は

  • W:750mm×L:2400mm×@7,500円/平米×3枚=40,500円(材料費)
  • 職人さん1日作業費用 30,000円(人件費)
  • 残材の処分費 10,000円(諸経費)

ざっと計算して、屋根材3枚張替えで8万円の工事になります。

エリアによっては金額が異なったり、残材の処分を自分でするなど多少のコストカットは可能です。(ポリカ廃棄するの硬くて大変ですよ。。。)

さらに詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

台風で飛んだ屋根修理に使うポリカは7,500円~10,000円/㎡ぐらい【保険参考】
台風で飛んだ屋根修理に使うポリカは7,500円~10,000円/㎡ぐらい【保険参考】駐輪場・駐車場の屋根材が飛んでしまって、修理費用が心配な人 台風で飛んで行ったカーポートの屋根材の修理ってどれぐらいお金がかかるん...

特約として建物破損の台風修理費用が火災保険のから出るケース

特約として建物破損の台風修理費用が火災保険のから出るケース

多くの火災保険では、台風や突風・雹被害などの自然災害に対しての補償制度が併設されていることがあります。

保険の内容によっては、自然災害が補償対象ではない場合もありますので、今一度保険証券を確認いただくことをお勧めします。

修理する場合も、全部新設する場合も免責金額(保険適用をするときの定額負担金)は同じであることが多いです。

保険を適用できなかったことを想定し修理と全取り替えの2パターン見積を取る

台風被害で骨組みが大丈夫でも、修理部品が手配できないケースもあります。

メーカーさんで販売終了・生産終了となり部品が供給されないことも。

そういうときは、全取り替えしか対応ができませんので、全取り替えでの見積もりを保険屋さんに提出せざるを得ないです。

「焼け太り」とは

火事に遭って、かえって以前よりも生活が豊かに(事業が大きく)なること。転じて、台風などの自然災害の時に保険を適用して既存のものよりも良いもの、グレードの高いものへの便乗して修繕・交換工事を行うこと。

火災保険から見て、駐輪場やサイクルポートは建物扱い

駐車場のカーポートサポート柱を取り付ける

柱があって屋根がある構造物は、火災保険からの見れば建物と同じ扱いの事が多いです。

こちらの認識は保険会社さんによって異なるケースがあります。

建物が破損したと同義でカーポート・サイクルポートの台風修理費も保険適用を受けられることが多いです。

>>見積相談・資料請求する

修理費の適用について、保険会社さんによっては対応の可否が分かれる

エクステリアを取り替えリフォームをしたいのですがどれぐらい予算が必要ですか?

保険会社さんにより判断が異なるため、適用できるかできないかは判断は難しいです。

ケースバイケースでダメもとでも相談してみることに価値があります。

行動すれば10万円そこそこの費用負担が減りますが、知らずに工事してしまうともったいないことになるかもしれません。

正規に火災保険料をお支払いしているのであれば、補償されるものは補償してもらうよう申請は全力でやりましょう!

台風で破損した屋根の修理費を保険適用するには見積が必要

保険の申請するには当たり前ですが、専門業者による見積書が必要です。

知り合いにそんな屋根の補修ができる業者さんなんて居ないよっというひとがほとんどかと思います。

よければ下記の業者さんが探せるサイトで検索が可能です。

>>見積相談・資料請求する

お住まいの市区町村を入力するだけで、屋根やポリカ・波板など修理が必要なエクステリア商品相談も可能です。

火災保険適用は業界では常にある案件なので業者さんは申請などや対応に慣れていることが多いです。

保険適用するためにエクステリア見積もりは、早め早めに専門業者さんにアドバイスを受けることが必要と思います。

特に、台風や地震などの広範囲の被害発生する事案については先手必勝です。動いた者勝ちなので、お早めに。

「参考になった」と好評の記事

「この記事に出会えてよかった、無事保険申請ができました」「工務店に頼むと2か月待ちと言われ…順番を待ってられなかったとき、参考になった・助かった」という声を頂いています。火災保険に入っているだけでは意味がありません。火災保険の給付金を受け取るには、被害の調査を行ったうえで申請する必要があります。

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...

家調(イエチョウ)公式サイト

台風・雪・雨・落雷・ヒョウこういった自然災害は突発性の事故と同じで、交通事故と同じで保険料が適用できます。

「屋根・外壁の損傷で火災保険が下りるわけがない」と意識もしない方がほとんどです。

一般の方は知らないだけなんです!

そういったこともいろいろと申請のコツや補修の相談など、御用聞きの推奨先として「家調(イエチョウ)」というサービスを私は推奨します。

>>ホームサポートの家調【いえちょう】火災・地震保険申請のプロサポート

さまざまな損害保険適用・保険適用・保険相談を専門に行っているプロチームです。

保険金の受取完了まで徹底的にサポートしてもらえます。

築年数が古いから、経年劣化とあきらめないでください。

「突発性の事故」か「経年劣化」の判断が難しい部分で、プロの力が発揮される部分になります。

調査することで約8割の家で保険がおり、保険金額は被害箇所の合計で平均100万円~200万円おります。

クリック・タップで公式サイトへ

>>家調(イエチョウ)公式サイトへ

 

申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】
申請のプロに台風被害の保険適用をサポートしてもらう【調査無料・火災保険】台風被害に遭ってしまって呆然としている人 「前回の台風15号と今回の19号でまた家に被害が出てしまった。。。生活に困るから補修をす...